カテゴリー「音楽」の記事

2016.07.20

サロン・コンサート第51回「フルートを楽しもう! in 酒田 Vol.9」のご案内。

(ブログを書くのはいつ以来でしょうか)

こちら久しぶりに次回のサロン・コンサートのご案内です。
Sc51次は、2016/7/30(土)、通称「酒田場所」の9回目、フルート・クライス上坂学氏の9回目の登場です。個人では最多の登場回数となります。
2008年月に開院、同年5月に第1回のサロン・コンサートを主催して、8年2ヶ月、今度で51回目のコンサートとなります。


Sc51_2上坂学氏は毎年酒田に来られ、またムラマツフルート新宿店から毎年18金、14金からプラチナメッキなどの試奏用の楽器を6〜7本送っていただき、さらに同店修理室からはるばる来ていただき、楽器無料診断調整を行っていただいています。

上坂氏が作られているサイトは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.20

酒田フィルハーモニー管弦楽団 第43回定期演奏会のご案内

直前のご案内になりすみません。

43酒田フィルの第43回定期演奏会です。酒田市民会館希望ホールで、2015/11/22(日)14時開演。
プログラムは、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」と、リムスキー=コルサコフの「シェヘラザード」の2曲です。
どちらも物語性のある映像音楽的な作品です。


43_2指揮は、中橋健太郎左衛門氏。
定期演奏会は今年で3年連続3回目ですが、春のファミリーコンサートやオペラ「ラ・ボエーム」、「蝶々夫人」の指揮指導もしていただきました。
シェヘラザードのゲストコンサートマスターに、東京室内合奏団のコンマスなどを務めるヴァイオリンの物集女純子さん。物集女さんは、上記「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」公演の際にもゲストコンサートマスターをお務めいただきました。
このお二人とこれら素晴らしい作品を演奏することは大変楽しみです。

まだお席に余裕があると思いますので、どうぞおいでください!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.20

さろん・コンサート第48回「酒フィル客演奏者の競演」、物集女純子・中橋健太郎左衛門デュオ・コンサートのご案内。

今年、最後のサロン・コンサートになります。
Sc482015/10/24(土)、15時開演です。
物集女純子さんはジュリアード音楽院卒のヴァイオリニスト。フリーのヴァイオリン奏者、複数のオケでゲストコンマスとして活躍しておられます。
酒田フィルが2012年に希望ホールで『蝶々夫人』のTCC公演を行った際のゲストコンマスというご縁で、11/22の酒田フィル定期演奏会でもゲストコンマスとして、「シェヘラザード」でソロコンサートマスターとして共演いただく予定です。

Sc48_2ピアノの中橋健太郎左衛門氏は、2008年のオペラ『ラ・ボエーム』、2012年のオペラ『蝶々夫人』と、希望ホールでの酒田フィルのオペラ公演を2回指導指揮されており、2013年秋から酒田フィル定期演奏会の客演指揮者を今年で3年連続務めておられます。2013年春のファミリーコンサートではモーツァルトのピアノ協奏曲第23番を弾き振りされました。


続きを読む "さろん・コンサート第48回「酒フィル客演奏者の競演」、物集女純子・中橋健太郎左衛門デュオ・コンサートのご案内。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.12

サロン・コンサート第46回「鈴木秀美のガット・ストリーム2 Italian!」のご案内。

(9/20まではトップに置きます)

Sc46pdf次回は、2015年9月20日(日)。
サロン・コンサート第46回は、鈴木秀美さん「ジョンダーノ・ホール」へ5回目の登場。
題して「鈴木秀美のガット・ストリーム」第2回。
ガット・ストリームの第1回は、昨年1月鈴木秀美さんとチェンバロの上尾直毅さんで「ボローニャ」という副題のもと、魅力的なコンサートを開催し、詰めかけた観客を魅了しました。

Sc46cヴィオロンチェロの発祥に関係する「ボローニャ」だけで、このガット・ストリームを他所に移すにはあまりにも勿体無いということで、オーケストラ・リベラ・クラシカやバッハ・コレギウム・ジャパンで共に演奏しているチェロの山本徹さんを加えて、18世紀のイタリアを中心のプログラムをお届けします。

チケットは「くろき脳神経クリニック」にて販売を開始しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.01

サロン・コンサート第45回「フルートを楽しもう! in 酒田 Vol.8」(酒田場所8)のご案内

Sc45bScbサロン・コンサート第45回。
「フルートを楽しもう! in 酒田 Vol.8」。
7/11(土)16時、第1部「プロムナード・コンサート」開演。
18:30頃から第2部「フルートQ&A」(東京や大阪のイベントと同じ充実した内容です)。

1部と2部の間に「ムラマツフルート」試奏会(14金SRなど9本の吹き比べが自由にできます)があり、また「予約者」にはムラマツフルート新宿店修理室の技術者から楽器の無料点検・調整を行って頂けます。ご自分の楽器を診てもらいたい方は、あらかじめ電話などでご予約ください。

フルート・クライス上坂学さんは、これで2008年のVol.1から7年連続8回目の登場です!
上坂さんが作られた<「酒田場所8」のサイト>に詳細があります。楽器点検や翌日7/12の個人レッスンの予約もできますのでごらんください。
また、FBのイベントサイトは<こちら>です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.10

これからのサロン・コンサートの予定

まずは今週末。
Sc444thサロン・コンサート第4回は、「トリフォーリオ 4th」。
ピアノ三重奏(Vn駒込綾、Pf大野木はるか、Vc渡邊研多郎)。
6/13(土)16時開演です。


続いて。
Sc45bScbサロン・コンサート第45回。
「フルートを楽しもう! in 酒田 Vol.8」。
7/11(土)16時開演。
上坂学さんは、これで2008年のVol.1から7年連続8回目の登場です!

そしてそして!


続きを読む "これからのサロン・コンサートの予定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.03

サロン・コンサート第44回「トリフォーリオ 4th」のご案内。

(終了するまでトップに置きます)

Sc444th次のサロン・コンサートは、6/13(土)、「トリフォーリオ 4th」です。
「トリオフォーリオ」は、ヴァイオリンの駒込綾、ピアノの大野木はるか、チェロの渡邊研多郎のピアノトリオの名前(三つ葉のクローバーのイタリア語ということです)。
"4th"というのは、2012年結成以来毎年コンサートを自主開催して4年め(4回め)になるということですが、ジョンダーノ・ホールでは、結成後初のコンサートと翌年2013年のコンサートは開催したものの、昨年2014年はお互いのスケジュールが合わずに酒田では開催できず、山形公演と米沢公演だけでした。

2年ぶりのトリフォーリオにご期待ください!


続きを読む "サロン・コンサート第44回「トリフォーリオ 4th」のご案内。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.20

 ブランデンブルク協奏曲第5番、演奏しました!

2015/2/11(水・祝)、酒田市の酒田キリスト教会礼拝堂で開催された酒田光陵高校音楽部管弦楽班の第3回アンサンブルコンサートが開催されました。

Photo昨年夏の定期演奏会で3年生が引退して、1、2年生わずか9名で頑張っています。
高校に入って初めて弦楽器に触れた学生ばかりなので、1年生はまだ9〜10ヶ月の経験しかない初心者です。それが、バッハを始め様々な曲を演奏するのです。
県立高校3、市立高校1が統廃合されて県立酒田光陵高校になる前の、2011年、大震災の後、旧名の酒田市立中央高校時代にも、指導指揮をする教官M先生の酒田フィルの仲間として賛助出演させていただいていました。

Photo_22011年は1楽章だけでしたが、今回はブランデンブルク協奏曲第5番の全楽章、約23分の演奏です。
kanonのチェンバロとbalaineのフルートの合わせ練習を数回、それにVn principalを務める酒田フィル仲間でヴァイオリンのMT嬢との合わせを数回、さらにジョンダーノ・ホールに学生にも集合してもらっての全体合わせ練習を計3回と準備してきました。

続きを読む " ブランデンブルク協奏曲第5番、演奏しました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.18

山響モーツァルト定期、最終回!

山形交響楽団が飯盛音楽監督の発案で、2007年8月に第1回を開催して足掛け8年、モーツァルトの交響曲全曲演奏(一般に知られている41曲以外にも文献的にアマデウスの作と認められた曲を含む)を演奏してきた、いわゆるモーツァルト定期。
Photo_4その第24回目の「アマデウスへの道」最終回を2015/2/14(土)、山形テルサで聴いてきました。
テルサは満席800の中規模音楽専用ホールですが、この日はチケット完売、当日券は出るかどうかわかりませんという状況。
演目は、交響曲の第1番と第47番、そして「レクイエム」です。

Photo酒田光陵高校の学生さんとブランデンブルク協奏曲第5番を演奏した日、月山道路で雪崩が発生して山形自動車道鶴岡〜山形間(正確には、湯殿山〜西川間)は通行止めとなってしまい、この日は47号線から新庄周りで山形へ。
酒田市内から庄内町の清川までは最上川北岸の県道を通り(ここはず〜っと信号がない)、あとは車の流れに従い安全運転で、2時間30分かからずに到着。

Photo_2Photo_3帰りが夜になるのを避け、また終演後山響FCとの霊会(例会ではない)に出席するため、テルサのすぐ近くのホテルを確保。まずチェックインして、雪の積もる空き地(ここに、近い将来?新しい県民会館ができるはず)を横目に山形テルサへ。

続きを読む "山響モーツァルト定期、最終回!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.17

サロン・コンサート第40回、「山形弦楽四重奏団第10回庄内定期演奏会」、終了しました!

2015/2/15、前日に山響が8年かけて取り組んできたモーツァルト・チクルス「アマデウスへの道」の最終回を終えた山形Qのメンバーは、雪崩のため通行止になっている月山道が通れないため、新庄周りで酒田入りされました。

Sc40Sc40_2プログラムの表(左)と中(右)です。
今回は、同じ山響団員で首席クラリネット奏者の川上一道さんをゲストに、モーツァルトのクラリネット五重奏曲がメイン。
山Q庄内定期で目指している、ベートーヴェンの弦楽カルテット全曲演奏としては、第5番イ長調。
山Qが積極的にプログラムに取り上げている邦人作曲家作品としては、高田三郎の「山形民謡によるバラード」から幻想曲。
この3曲でした。

Sc40_3庄内に弦楽カルテットファンが増えてきている実感があります。サロン・コンサートの中でも、山Qのコンサートを楽しみにしてくださっている常連さんもいます。
さらに、今回は、昨年8月に山響鶴岡公演でウェーバーのクラリネット協奏曲、12月に白鷹あゆーむでモーツァルトのクラリネット協奏曲、今年1月に山響テルサ定期でニールセンのクラリネット協奏曲を見事に演奏し、最近乗りに乗っているクラリネット奏者川上一道さんを迎えてのモーツァルトということで、より多くのお客さんにいらしていただけたようで、ジョンダーノ・ホールはほぼ満席!

続きを読む "サロン・コンサート第40回、「山形弦楽四重奏団第10回庄内定期演奏会」、終了しました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧