« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014.05.20

2014年の酒田まつり

H19年の5月に山形市から酒田に転居しのは5月20日でした。
なんだか静かな日でしたが、後からその日が「酒田まつり」本祭りで、中心街は盛り上がっている事を知りました。
H20年3月に開業し、その年から毎年本祭りの20日午後は休診(休みの日もあった)にして祭りに参加(見物だけですが)しています。

2014a2014b酒田青年会議所がその創立30周年の1996年に、巨大な立て山鉾を復活させたそうです。1906年に、電線が市街地に張られたため山鉾の移動ができなくなり、90年間途絶えていたものです。
そして、創始400年のH21年(2009年)には20mを超える、巨大な山鉾を電飾も付けて、19日の宵祭りでも美しく目を引くものを作り、以来、毎年素晴らしい立て山鉾が作製されています。
今年は、金土に強い風が吹いて製作中の一部が壊れてしまい、月曜夜の宵祭りまでJCの家族も駆出されて製作されたものだそうです。
立て山鉾の上の方に龍がグルリと周り、左前脚で玉を掴んでいる、大変すぐれたデザインで素晴らしいものだと思います。

Photo5月19日(月)、18時まで診療し、アポイント一件を済ませ、帰宅して速攻で着物に着替え、夫婦で着物で出かけました。
宵祭りのイベントをやっている日和山公園に到着したときは1920頃になっていて、前半の出し物は終わってしまっていました(酒田舞娘の踊りなども観れませんでした)。
友人が出演する酒田北前太鼓の勇壮な演奏を聴きながら、屋台で買い求めた粉ものとビールを楽しんでいたら、八波会の神輿が日枝神社から日和山公園に入ってきました。
そして、立て山鉾を神社に見立てて、神輿の神社への還御(おかえり)のシミュレーションをしました。公演に集まった大勢の市民(観光客や明らかに外国籍の人も居ました)で三本締めで盛り上がりました。

続きを読む "2014年の酒田まつり"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014.05.12

サロン・コンサート第35回「Spring Jazz Concert in Sakata」、終了しました!

ジョンダーノ・ホールを含む拙クリニックが出来て6年2ヶ月。
2008年5月に、第1回のサロン・コンサートを行ってちょうど6年。7年目の活動に入りました。

Sc352014/5/11(日)、第35回のサロン・コンサートはジョンダーノ・ホール「初」のジャズでした。
balaineもkanonもフルートやチェンバロという楽器で主にクラシック音楽を愛好し、その関係でこれまで6年間つごう34回のサロン・コンサートはクラシック音楽の演奏会でした。しかし、二人とも実はジャズが大好き。kanonは秋田時代、よくジャズのライブハウスに通っていたようで、一緒にジャズライブを聞くと、「Yeah!」とか「ヒュゥ〜!」とか、私よりノリ良く演奏を楽しんでいます。balaineは、ピアノをやっていた事もあり、ビル・エヴァンスとかオスカー・ピーターソンとかキース・ジャレットなどのレコード、CDも結構たくさん持っています。

そして、今回のサロン・コンサートは、初めてのジャズという以外にも思い入れがありました。
Sc35_2ピアノの岩崎佳子氏は、仙台の中学校の同学年。balaineは中3の時に、「こども音楽コンクール」仙台予選か何かに吹奏楽部顧問のS先生からの命令で出場したのですが、その時ピアノの伴奏をしてくれたのが岩崎佳子さんだったのです。彼女は、仙台の名門女子高(今は男女共学ですが)の宮城一女から国立音大に進み、もちろんクラシックピアノの勉強をしていたのですが、卒後はジャズピアニストとしてのキャリアを積み重ねてきました。
ベースの稲葉國光氏は、日本ジャズ界の重鎮。御年80才!
若い頃からのキャリアの中で、日野皓正、山下洋輔、渡辺貞夫らのビッグネームとの共演や、モントルー・ジャズフェスティバルへの参加など、60年以上に及ぶジャズミュージシャンとしての活躍はまさにジャズベースの生き字引、重鎮という呼び名にふさわしい方です。

続きを読む "サロン・コンサート第35回「Spring Jazz Concert in Sakata」、終了しました!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »