« ブログ活動10年目に入ります。 | トップページ | カレンダー »

2014.01.07

2014年仕事始め二日目。

平成26年も明けて7日目。
仕事始め二日目になります。
Photo今日の朝はcanonが七草粥を準備してくれました。ありがたく頂きました。
東北地方で正月には「七草」は採れないので、昔から雑煮や納豆汁などを食す様ですが、今は「七草粥セット」が売られているので全国どこでも、京都や関東と同じ様に食せます。

さて、今年はなるべくブログも書こうという事で、正月のこと等書いてみたいと思います。
2013Photo_2元日は、酒田に住んでから恒例の三社詣りです。
クリニックの地鎮祭をして頂いた八雲神社、酒田の鎮守で山王祭の下日枝神社、九州宮崎に深い縁を持つものとして深く敬愛している「せごどん」が祀られている南洲神社の3つ。平成19年に酒田に転居して、平成20年の元日から今回で7年連続の三社詣りです。
南洲神社は、元庄内藩士菅実秀(臥牛翁)と南洲翁の『徳の交わり』の像の前で。この二人の向き合った心からの深い交流を表現する座像は、鹿児島の西郷さん(せごどん)の生家にもあるそうです。

Photo_3Photo_4Photo_5結局完遂は出来ませんでしたが、自宅とクリニックの自分関連の場所、部屋の掃除、片付けを年末年始で行い、後はテレビを観たりしてノンビリ過ごしました。正月休み大詰めの4日5日と1泊2日で昨年正月と同じく銀山温泉で出かけました。
左から、宿泊した「能登屋旅館」をバックに香乃の着物姿。
真ん中は能登屋玄関前で二人。私はkanonが昨年のクリスマスプレゼントに買ってくれた和服に合うトンビコートを着ています。
右はbalaineが銀山温泉を歩くの図。

Photo_6Photo_11能登屋は数々のマスコミにも取り上げられて、銀山温泉を代表する宿になっていますが、そもそも斎藤茂吉も愛用し、「おしん」のドラマ撮影時、原作者の橋田壽賀子氏も宿泊した宿。人気が高いので予約一杯で「キャンセル待ち」をしていたのですが、茂吉も橋田氏も常用したと言われる本館3階の「清流」という10畳と6畳の二間という立派なお部屋に泊まることが出来ました。
以前から気になっていた、能登屋の真ん中上に見える塔は、4階の談話室の天井から上に突き出た灯り取りの部分。
大正浪漫の趣き溢れる建物の中で、アンティーク着物好きのkanonなので、セピア調にして撮ってみました。
折角なので、お風呂は大浴場と地下の洞窟風呂に合わせて4回入り、チェックアウトギリギリまで部屋に居て、銀山温泉名物になったハイカラさん通りのカリーパンを購入。
そして目指したのは、最上町赤倉の富山馬頭観音。

Photo_7Photo_9実は、4日朝、酒田から銀山に向かう前に何気なく観ていたテレビでちょうど紹介されていたのです。今年は午年ですし、名馬の産地最上町で古くから信仰されている馬頭観音様ということで拝見参拝しようと思いました。

Photo_8Photo_10本殿の正面には観世音が祀られているのですが、右の壁と左の壁には写真の様に、絵馬や最上町で生まれた名馬の絵や写真が飾られていました。古くは平安鎌倉の時代から、最近では日清・日露戦争、そして太平洋戦争などに軍馬として使われた、また競馬界で活躍した名馬なども祀られている様でした。

午年の今年、酒田で開業して3月で早くも7年目を迎えます。
軽快なギャロップで前進出来る様にと御参り致しました。


|

« ブログ活動10年目に入ります。 | トップページ | カレンダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/58902044

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年仕事始め二日目。:

« ブログ活動10年目に入ります。 | トップページ | カレンダー »