« 第9回新潟古楽フェスティバルのこと<前半> | トップページ | 酒田フィルハーモニー管弦楽団第41回定期演奏会 »

2013.09.18

第9回新潟古楽フェスティバルのこと<後半>

さて、続いて後半のお話。

第2部は趣をガラリと変え、前半は「古楽器 in 近現代」。
フォルテピアノ〜現代ピアノの登場、音楽の大衆化、特に大ホールでの演奏会開催などによって音量の小さなチェンバロを演奏する人も、チェンバロのための作曲をする人も少なくなり、1800年頃から100年程クラシック音楽の表舞台から姿を消したチェンバロでしたが、19世紀末から20世紀にかけて少しずつ復活してきます。
 その一つのきっかけは有名なランドフスカ。彼女がファリャやプーランクにチェンバロの作品を委嘱しています。第2部前半は、まずトーメのリゴドン op.97 (1889)のチェンバロ演奏で始まり、続いてイベールの二つの間奏曲 (1946)をトラベルソ&ヴァイオリン&チェンバロで。この曲は、確か現代フルートとハープ(ピアノだったか?)でベルフィル首席のパユも録音していたと思う。
(後記;うっかりしていました。フルーティスト高木綾子さんとギタリスト福田進一氏のデュオでCD「海へ」へ収録されています。敬愛する音楽家の演奏をわすれてました!)

Photo_2Photo_3Photo_4演奏中の写真はないので、当日使用された4つのチェンバロのうち、ジャーマンスタイルを除くフレーミッシュとフレンチのローズ孔の写真です。

第2次世界大戦後、チェンバロはより「本来の当時の姿」に戻って行きます。
ペダルが7つも付いていて、グランドピアノのような巨大で頑丈な苣体を持っていたランドフスカモデルから、18世紀前半を中心にルッカース一族が活躍したフレーミッシュ、それを引き継ぎより華やかになったフレンチスタイル、その他にもドイツ、イタリアンなどヨーロッパの中でそれぞれの地域の特徴にあった(要するに使用される木材の違い、目指す音楽性の違い、ピッチの違い、演奏される環境の違いなど)楽器が作られ個々に発展しました。
 第二次世界大戦後に徐々に「古楽ブーム」(?)が沸き起こり、現在ではオリジナル楽器、オリジナル楽器のレプリカを使用し、当時のピッチ(392~415Hz)でルネッサンス、バロックの音楽が盛んに演奏される様になりました。この「新潟古楽フェスティバル」そのものがその一つです。

演奏中の写真はないのですが、資料を一つ。
Photo日本人作曲家もチェンバロの曲を書いています。
当日配布されたこの資料によれば、仙台在住の作曲家門脇治氏が小池真理子著「無伴奏」という小説を読んで作曲するきっかけとなった「無伴奏チェンバロ組曲」(2012)がおそらく最も新しいチェンバロのための曲であろうと書かれている。この小説の舞台である仙台にかつて実在した喫茶店「無伴奏」の元マスターは、今宮城県側の蔵王にチェンバロ工房を構えている木村雅雄氏で、balaine&kanonも訪ねた事がある方なのです(こちら→参照 「チェンバロの世界」)。

第2部前半の圧巻は、「チェンバロを含む編成のヘヴィメタル曲」でした。
Opus Atlanticaというバンドの"Holy Graal"(2002)と、J.D.K.bandの「バレスタイン城」(1989)という2曲が、チェンバロ2台を並べて演奏されましたが、まさに「ヘビメタ」でした。
「へ〜〜、こういう世界もあるんだ、、、」と驚くというか感心する演奏でした。


第2部後半は「ヴェルサイユ宮殿の音楽〜ルイ王朝 神秘の響き〜」のサブタイトル。
新潟市内で皮膚科医院を開業する通称「まるちゃん」ご夫妻(奥様は新潟古楽祭実行委員会会長でチェンバロ奏者)の担当で、フランソワ・クープラン、フォルクレ、マラン・マレ、レゾン、シャルパンティエといった17世紀後半から18世紀前半の作曲家の曲が、クラブサン、ヴィオール、フルート・トラヴェルシェール、オルガン、ソプラノ独唱、合唱などで演奏されました。
ヴェルサイユ・ピッチは本来A=396Hzですが、チェンバロの鍵盤機構上、二度(一音分)鍵盤を横にずらして演奏するとA=440Hzが392Hzになります。当日は使用するトラベルソ(トラヴァルシェール)の特製に合わせたらしくA=394Hzで演奏されました。

Photo_6Photo_5「脚フェチ」写真を。
左はクラヴィコードの脚。可愛い♡型。
右はジャーマンスタイルチェンバロの脚。
この他のチェンバロもそれぞれに持ち主と製作者の意向に従って個性的です。

Photo_7Photo_8展示されていた楽器の中で、ハーディガーディ以外にも目を引くものがたくさんありました。その一例が写真左の可愛らしいヴィオラ・ダ・ガンバレベック(Rebec)と右のプサルテリー。

最後に出演者全員合奏を八百板正己氏の指揮で。シャルパンティエの「クリスマスのための深夜のミサ」よりキリエが奏され、開演から5時間(途中休憩を除いても実質3時間半弱)にわたる長丁場のコンサートでしたが、興味深い解説、楽しい話、初めて聴く曲、初めてみる楽器、時代を鮮明に蘇らせる見事な演奏でまったく飽きる事なく、むしろあっという間でした。


Photo_9良い音楽を聴いた後はその余韻に浸りたいと、新潟から酒田行きの特急「いなほ」の時間までまだ2時間以上あったので、新潟駅から徒歩数分のところにある「ラ・ポルチェリーノ」というトラットリアへ。
選んだワイン(グラスでカンパニア州の赤)がスパイシーで爽やかな苦みと香りがあって、すごく満足。


Photo_10「ワンデー新潟パス」という、酒田から新潟へ日帰りの割引料金のJRチケットですが、おまけに一人あたり1050円まで新潟駅構内のコンビニで買い物が出来る特典あり。二人分で2100円ギリギリのお買い物をして持って帰りました。

良い音楽を聴いて、美味しいものを食べて、楽しい「鉄」の旅。
画竜点睛を欠く事なき素晴らしい一日でした(台風18号が近づいていたものの、列車は遅延なしでこれも良かった)。

新潟古楽フェスティバルは、来年10周年。
記念して、さらに何か凄い事が行われそうです。スケジュールさえ合えば、万難を排して駆けつけたいものです。


|

« 第9回新潟古楽フェスティバルのこと<前半> | トップページ | 酒田フィルハーモニー管弦楽団第41回定期演奏会 »

コメント

2回に渡って詳しい報告ありがとうございました。
十分に楽しんでいただけたようですね。それにしても主催者の意図を完璧に理解して、音楽も雰囲気も楽しんでもらえるとは、さすがbalaine先生です。いつか酒田でも一緒に何かしましょう。
取り急ぎ、お礼まで。

追伸:ひとつだけ間違いがありました。プサルテリーの左隣の写真はヴィオラ・ダ・ガンバではなく、レベック(Rebec)です。

投稿: Mrbach1954 | 2013.09.18 07:48

MrBach1954さん、リスボン(?)からコメントありがとうございます。書き直しました。
来年の10周年、記念して2時間短縮バージョン(いいとこ取り抜粋)の「新潟古楽フェスティバル in Giondano Hall」なんて如何でしょうかねぇ。

投稿: balaine | 2013.09.18 09:25

第二部前半を担当しましたチェンバロの笠原です。遠路はるばるご来場の上、こうして詳細にまとめてくださいまして、本当にありがとうございます。

重箱の隅で大変恐縮なのですが、イベールには「間奏曲」と訳されている作品が2組ありまして、それは1935年の Entr'acte(フルート+[ギターまたはハープ])と、1946年の Deux interludes(フルート+ヴァイオリン+[クラヴサンまたはハープ])です。
パユや高木さんの当該CDを持っていないのですが、編成からすると前者の方かもしれないですね。

それにしても、製作家の木村さんにbalaineさんもつながっていたとは驚きました。私自身はまだお目にかかったことがないのです。
余談ながら、私の楽器は高橋辰郎さんの作なのですが、昨年キース・ジャレットのチェンバロ曲を弾いたときに調べたら、彼の楽器も高橋さんが近い時期に製作したものでした。縁というのは不思議なものです。

投稿: T.K. | 2013.09.19 10:33

TK(笠原)さま、
ありがとうございます。今回聴いたイベールの間奏曲の後半が耳なじみのある方でした。
Facebookでも木村氏とは繋がっておりまして、今回の笠原さんの演奏の事などお伝えしたところ、木村さんは門脇さんの作品を知らなかったそうで、本人に聴いてみようかな、ということでした。
私は、今回のコンサートがきっかけで小池真理子の「無伴奏」を買い、これから読もうと思っています。高校〜浪人時代は仙台に住んでおり、多分「無伴奏」には一回は行った事があったはずなのです。

投稿: balaine | 2013.09.20 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/58214339

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回新潟古楽フェスティバルのこと<後半>:

« 第9回新潟古楽フェスティバルのこと<前半> | トップページ | 酒田フィルハーモニー管弦楽団第41回定期演奏会 »