« 「山の向こうのもう一つの日本」 | トップページ | 44年振りの広島 »

2012.06.18

このところのことども

6月も半分を過ぎましたが、今月このブログは6/5と6/8の2日しか記事を書いていません。
以前にも書いた様にFacebookの方に情報をアップすることが多くなって、ブログとなるべくだぶらない様に考えると、ブログに書くことがなくなってしまいます。

しかし、Facebookの情報はやや刹那的で、その瞬間は「友達」になっている人や、「友達」になっていなくても「公開」した情報は広く世間に見てもらう事ができるものの、時間とともにドンドン流れて行く情報なので、数日から1週間もするとアップした本人もその情報を載せたことを忘れてしまうことすらあるくらいです。
非常にたくさんの溢れる情報の中から、「気になる人」の情報は「フィードを購読」によってフォローすることも出来ますが、見ないでいるとそのままです。

その点、ブログは日記帳みたいな物なので、後から何月何日頃とか、3年前の5月等という風に振り返る事ができます。検索をかけて、たとえば「酒田まつり」について自分が書いた記事を振り返りそこから情報を再活用することも出来ます。

よって短期的な情報交換にはFacebookは有用ですが、長期的な情報のストレージと考えた場合はブログに軍配が上がりそうです(つまりブログは消えてなくならないでしょう)。

ということで、最近ブログをさぼっていた理由とこの間のイベントなどに付き少し書いておきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて6/2(土)の山形Q藤島演奏会後の話。

6/15の学会発表の準備などで毎日の様に夜遅くまで仕事してました。
そんな合間に、6/9(土)、10(日)と所属市民オケの弦・管分奏トレーナー練習があり、弦は山響コンミスの犬伏さん、管は元山響Ob奏者の竹谷さんの指導のもと、2日間特訓を受けました。

6/12(火)は、7/7(土)の山響庄内定期酒田公演の実行委員会の集まり。初めて「モーツァルト定期」のプログラムで酒田公演が行われます。

引き続き6/13(水)までは学会発表の準備が大変でした。
そして6/14〜17は、広島と横浜に行ってきました。
6/15,16と広島で第21回日本脳ドック学会が開催され、演題発表(未破裂脳動脈瘤ワークショップという特別セッションで)もあったので、前日6/14(木)から広島入りするため、木曜の診療終了後、すぐに羽田へ飛び、品川から新幹線で広島へ。
点いたら20時過ぎで、ホテルにチェックイン後、すぐにお好み焼きへ。初日は「みっちゃん総本店」の本店に行きました。
6/15は一日学会と発表有り。夜、会員懇親会にちょっとだけ出席し、大学時代の友人と日中何十年振りかに会っていた家内とまたお好み焼きへ。2日目は「お好み村」という仙台のラーメン道場の様なビル一棟丸々お好み焼き屋(2〜4階に20軒ぐらいお好み焼き屋さんだけある)の中から、行ってみたかった「八昌」は売り切れごめんで閉店していたので「将ちゃん」というお店へ。
6/16は午後2時半まで学会に出て、その後、原爆ドーム近くの船発着場から出る「世界遺産航路」という小型の船で原爆ドーム、平和記念公園を横目に見ながら川を下し外洋に(瀬戸内海)に出て安芸の宮島へ。
厳島神社を見学お参りし、今度は宮島口に渡るJR西日本のフェリーで本州へ。そこで有名な穴子飯の「うえの」で食事をして、JRで広島駅に戻り、さらに駅前のビル6階にある「お好み駅前広場」の人気店「電光石火」へ。

6/17は病気入院中の母と、一人暮らしが出来ないためグループホームに入所した父を見舞いに横浜へ。新横浜駅で降り、世田谷から車で毎日の様に両親の世話に行っている妹の車で、まずは父のいるグループホームSへ。
そこから父を連れ出して二俣川の神奈川県立がんセンターへ。入院治療中の母を見舞って、二俣川からバスで羽田へ。そして庄内へ3日振りに戻りました。

なかなかに忙しい昨日まで17日間の6月を振り返りました。
写真などの情報はまたあらためて整理してブログ記事にする予定です。

|

« 「山の向こうのもう一つの日本」 | トップページ | 44年振りの広島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/54995983

この記事へのトラックバック一覧です: このところのことども:

« 「山の向こうのもう一つの日本」 | トップページ | 44年振りの広島 »