« 県アマオケ連事業「木管クリニック」 | トップページ | 緊急告知!山響のコンサートがインタネットで。 »

2012.06.27

あと3日を切りました!

Photoサロン・コンサート第20回はあと3日、土曜日の6/30、迫ってきました。
いろいろあって、十分な練習が出来ていないので、「泥縄」ですがちょっと焦って練習しています。
これは何の曲でしょうか?
後半にbalaineも参加する曲の1stのパート譜です。
ピアノの伴奏との音量バランス、テンポ、そして最後のアッチェラレンド&クレッシェンドがひとつのポイントです。優雅なワルツから最後盛り上がってバン!とカッコ良く決めたいものです。


Photo_2こちらは、アンコールに予定している一曲。
上坂せんせが2ndになって、balaineは1stを吹かせて頂く予定。
こちらは、可憐に、可愛らしく、2本の笛で美しい響きを作りたいですね。

いずれも、チャイコフスキーの名曲『くるみ割り人形』から有名な2曲、「花のワルツ」と「葦笛の踊り」です。原曲フルオケのこの素敵な曲を、フルート2本&ピアノでどう表現するか、3人のアンサンブル力が問われます。


この他に、前半はクープランの「王宮のコンセール」第4番は、上坂氏のフルートにkanonのチェンバロ、そしてなんと贅沢なことに通奏低音でVcに山本純さん(藤島出身の仙台フィルチェロ奏者)に加わって頂きます。

2曲目はマラン=マレの「スペインのラ・フォリア」(フルート独奏)。

3曲目はコレッリのトリオソナタ。これまたフルート2本&チェンバロ+Vcでやるのでbalaineは2ndで参加します。譜面面は優しいのですが奥の深い音楽です。この曲も通奏低音で山本純さんにご参加頂きます。プロのチェロ奏者(しかも通奏低音ラブと断言されている方)をお招きして演奏出来るなんて、なんと贅沢なことでしょう。
しかし、kanonは幸せなことと思う反面、山本純さんをお迎えすることもありやや苦手意識のある通奏低音を眉間にしわを寄せて準備練習中です。

プログラムの後半は、一番上の楽譜のチャイコの「花のワルツ」の他に、ラヴェルの『クープランの墓』から「メヌエット」と「リゴードン」、そして有名な「亡き王女のためのパヴァーヌ」を上坂氏のフルートと毎年伴奏をお願いしている市民オケの仲間S氏の奥様M嬢のピアノでお届けします。

わぁ〜、あと、たったの2日か、と思うと少し緊張してきました(遅!)。

|

« 県アマオケ連事業「木管クリニック」 | トップページ | 緊急告知!山響のコンサートがインタネットで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/55067952

この記事へのトラックバック一覧です: あと3日を切りました!:

« 県アマオケ連事業「木管クリニック」 | トップページ | 緊急告知!山響のコンサートがインタネットで。 »