« 冬来たりなば、、、 | トップページ | あと4日です! »

2011.12.12

オペラ第2回指揮者練習

昨日12/11(日)は、来春のオペラ「蝶々夫人」の練習。
土曜の夜と2日続けてはやはりきつい。しかも今回は本番指揮のマエストロ、中橋健太郎佐衛門さんの2回目の指揮者練習。

Photo11/20の定期演奏会の練習のため、オペラの練習はどうしても制限され、指揮者練習はなんと8/27,28の第1回以来、3ヶ月半振り。
全然できない(一応弾いてはいる)我々を怒ることもなく、むしろ「うん、なかなか、、、」「いいですよ〜」とおだててくださり、今回は「細部は目をつぶって」「全体の把握」を目指して、懇切丁寧に指導してくださいました。

もっとも印象的だったのは、1幕の終わりや2幕2部最後のもっとも盛り上がり、感動的な部分で、歌いながら唸りながら棒を振りながら、「あ〜、なんか僕ひとりで盛り上がっちゃって、、、」「ここはもっと感情を出していただきたいのですが、、、皆さん、いまひとつおとなしいというか、、、」。
というようなことをおっしゃいました。

要するに、楽譜に書いてあることを音にするのに必死で、場面や歌を考えて感情表現をするレベルになっていないのですね、我々が。
マエストロ、ごめんなさい!
つぎはもっといい演奏をしたいと思います。。。

Photo_2昨日の練習は、午後1時スタートでしたので、お昼少し前に清水屋デパートでお歳暮を発注して、お昼ちょうどぐらいに「ヴィヨン」へ。
今日は、「鉄板」のナポリタン。喫茶店の正しいナポリタンが、熱々の鉄板の上の薄焼き卵の上に。いつまでも冷めないで美味しかったですね。

Photo_3コーロ・プリモのS先生から声をかけて頂き、「蝶々夫人」の結婚式シーンに出演(?)することになったkanonは、オケの練習が終わった後、18:30から同じ港南コミセンで「歌合わせ」「合唱指導」を、マエストロ中橋と演出の大島尚志さんから受けるため、一緒にヴィヨンで昼を摂った後、音合わせ練習のため、ジョンダーノ・ホールに戻りました。

18:00少し前に練習が終わって、脳ドックのレポート作成のためクリニックに戻ったbalaineと入れ替わりでkanonは合唱練習へ。
H20年の「ラ・ボエーム」に続いて「蝶々夫人」でも共演できるのは幸せなことです。

|

« 冬来たりなば、、、 | トップページ | あと4日です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/53469820

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ第2回指揮者練習:

« 冬来たりなば、、、 | トップページ | あと4日です! »