« これからの演奏会の予定 | トップページ | 今夜は「カルメン」 »

2011.09.25

シルバーウィークだったの?

世の中の人、特に土曜がお休みのサラリーマンなどは、先週末から9/17,18,19の土日月(敬老の日)と3連休のあと、火水木の平日を挟んで、9/23,24,25の金(秋分の日)土日と3連休だった分けですね。
大震災後、安近短の旅行が好まれている傾向から、この9日間に3連休2回で出かけられた方も少なくなかったでしょうね。

私は、9/18のサロン・コンサート、昨日今日(9/24,25)の市民オケのトレーナー練習で2回の3連休はどこにも出かけずに終わってしまった。2年前は軽井沢ー浜松の旅、4年前は函館ー岩手の旅と2年ごとに車で長距離の旅行をしていました。来年はどこか行こうかな。。。

2012_2さて、一昨日の山形新聞に発表された来年の山響のスケジュール。
来年2012年は、創立40周年にあたります。創立名誉指揮者の村川千秋氏(というよりは千秋せんせぇと呼びたいですね)が出身地の山形に戻って、身銭を切って楽器を買ったり、楽器運搬用のトラックを自ら運転して演奏旅行をしながら山形交響楽団を立ち上げたのが1972年、昭和47年、山形大学医学部ができる1年前のことです。

山響HPにはまだ来年の予定は乗っていませんが、そのうち掲載される事でしょう。
目玉の一つは、今年のチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門の優勝者ダニール・トリフォノフ氏が5月の第221回定期の登場します。
7月の第222回定期は、山形市民会館と仙台のイズミティで仙台フィルと合同でマーラーの交響曲第2番「復活」を演奏するとのこと。定期演奏会を山形市以外で開催するのは初めてではないでしょうか。
第224回(11月)には創立40周年記念と銘打って「さまよえるオランダ人」。
第225回(12月)では、千秋せんせぇが指揮して、チェロの大御所堤剛氏を迎え、ドヴォコンとシベ2という濃いプログラム。
その他にも、庄内定期酒田公演の一つが「モーツァルト定期」と同じプログラムであるなど、これまでにない組み合わせが楽しみ。


0924これは一昨日の朝の自宅西側の朝顔。
急に朝晩は冷え込むようになり、昨日の置賜地方の最低気温は10℃を下回るほど。酒田も11℃ぐらいと、ちょっとこの間の夏までとは10℃以上の差。
今日の日中は爽やかでやや汗ばむ程度の心地よい天気だったが、10時から16時(より前に終わりましたが)は分奏トレーナー練習。特に今日はブラームスだけ。
なかなか大変な第1楽章はもちろんのこと、管楽器には2楽章、3楽章とp、ppでバランスの良い響き、美しい和音が要求されるので、追求すればいくらでも追求出来るところがある。
本番まであと2ヶ月。前回7月の第1回トレーナー練習よりも大分改善よくなっていると、トレーナーのT氏のお褒めの言葉を頂き、まだまだと思いながらも気を浴して練習は進んだが、終わってみるとかなりの疲労感が残った。もの凄く気を使う部分が多い曲。

Photo_2結局この土日、どこにも出かけず、2日間の分奏トレーナー練習だけで終わってしまった。
来週は9月最終週。あと6日で10月。
9月30日から10月2日の金土日3日間は仙台で第6回の「せんくら」。
しかし、今回は新潟に行くことになるでしょう。kanonが師事していて、昨日の記事で12月のサロン・コンサートへの出演決定のことを書いた八百板正己氏の教室の発表会が新潟であるのです。
(写真は先日妻鹿の「神泉の水」を組んで来た20リットル入りのタンク。お茶、コーヒーを淹れる時、ご飯を炊く時に使っていますが、やはり美味しいと思います。
胴腹滝で汲んで来た水と合わせて1週間で10リットルは使っているので計算上はあと1週間と少しで亡くなってしまいそうです。次にお水を頂きに行くのはいつにしようかな。。。


|

« これからの演奏会の予定 | トップページ | 今夜は「カルメン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/52829609

この記事へのトラックバック一覧です: シルバーウィークだったの?:

« これからの演奏会の予定 | トップページ | 今夜は「カルメン」 »