« 酒田フィル第39回定期演奏会〜第1報〜 | トップページ | サロン・コンサート第15回の宣伝 »

2011.09.08

9月も2週目

まだまだ日中は暑いようですが、朝夕はかなり涼しい風が吹くようになりました。ここしばらくはまったくエアコンも使っていませんね。
0908今朝家を出ると、自宅西側の葦簀のところの朝顔が結構開いていました。
朝日の直接当たらない西側で、涼しい朝にこれだけ開いているのは軽い驚きでしたが、最近新しく総理になった方が言っていた言葉を思い出させました。
「朝顔の花が開くためには日の光や暖かさよりも 夜の闇と気温の低さが必要なのだ」

0908_24種類の朝顔を植えているのですが、日本の品種「曙」と「恋しぐれ」はだいぶしおれているのですが、洋物はまだまだ元気な様で気候にあう品種なのでしょうか。


Photo夕食の前にゴクゴクといくビールは旨い。
いろんな種類のビールがありますが、基本的には黒い星一つの「サッポロ」が好きです。ビール好きで有名な、というよりビールを命の水と呼んでいるチェコの友人が日本のビールで一番美味しかったのは「星のマークのビール」と言っていたくらいです。
その限定品、五つ星、ファイブスターです!
「サッポロビール園限定の生」が旨いのは当たり前ですね。いつものサッポロよりやや苦みが強く、香りが深い感じでした。

Photo_2夜も深まり、スズムシやコオロギなど、秋の虫の声を聞きながら傾けるのは酒田の銘酒「上喜元」の本醸原酒『蔵酒』。
決して「重い」お酒ではないのですが、ただサラリと淡麗でもありません。スルッと喉を通り抜けた後にほのかな甘みと爽やか香りが残ります。
秋田の酒と新潟の酒の中間という言葉が適切なのかどうかは自信ありませんが、最初に浮かんだのはそういうことです。ちょうど地理上も庄内は秋田と新潟の中間であり、そういう味を目指しているのかなぁと勝手に考えました。
でも、お酒は考えて飲むものじゃあないですね。
気持ちよく楽しい気分になればそれでいいのでしょう。

今週末は、仕事(講演会&勉強会)で東京。
Photo_5土曜に一泊して日曜は白寿ホールで鈴木秀美さんを中心に展開しているガットサロン。モーツァルトとハイドンのフルート四重奏、三重奏を古楽器で演奏するコンサートです。
「とつくにの よこぶえの ねぞきよらなる
   あきのひにきく おとのことのは」
実在しそうな和歌のようですが、、、?

Photo_6バッハ・コレギウム・ジャパンやオーケストラ・リベラ・クラシカでコンサートミストレスをつとめるバロックVn(というくくりはないのでしょうが)の名手、若松夏美さんに会うのが楽しみ。何とbalaineとは仙台の中学で同窓(クラスの違う同級生)なのです。
もちろん演奏がとても楽しみ!

|

« 酒田フィル第39回定期演奏会〜第1報〜 | トップページ | サロン・コンサート第15回の宣伝 »

コメント

ヘブンリー・ブルーは和物の朝顔に比べて花期がちょっと遅れるようですよ。日が高くなってもけっこう萎まずにのこっていますしね。

ピリオド楽器でのモーツァルト/ハイドンはいいですね。
白寿ホールは椅子もゆったりしていますし。いい響きのホールです。
さすがに一列とばしのフル・リクライニングにはしないでしょうけれど。

投稿: Teddy | 2011.09.09 12:38

Teddyさん、花を見ただけで品種がお分かりですか?!さすがですね。今朝も綺麗な青い朝顔が上の写真よりたくさん開いていました。
昨日の白寿ホール、9割以上入ってました。良かったですよ。今日以降記事にする予定です。

投稿: balaine | 2011.09.12 08:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/52679167

この記事へのトラックバック一覧です: 9月も2週目:

« 酒田フィル第39回定期演奏会〜第1報〜 | トップページ | サロン・コンサート第15回の宣伝 »