« いよいよ明日! | トップページ | 「酒田場所Vol.4」報告〜その2<試奏会&Q & A> »

2011.06.20

「酒田場所Vol.4」報告〜その1<コンサート>

2011年6月18日(土)午後4時から、サロン・コンサート第14回「フルートを楽しもう! in 酒田 Vol.4」を行いました。
当日は幸い気温も23℃程度に留まり、湿度は高かったのですが、それ以上に暑くならなくて幸いでした。
それでも開演直前まで、Giondano Hallにはエアコンをかけて冷房&除湿。

午後4時少し過ぎに開演です。
Photo上坂学氏から今日の演奏について簡単に説明。1曲目は、JS Bachの元々はリュートのための組曲。2曲目はその子CPE Bachの有名なトリオソナタ。父親を使えていた殿様に紹介し、その結果「音楽の捧げもの」という曲を大バッハ(父)が書くきっかけになった事など、親孝行な息子エマニュエルの話なども出ました。

練習の時から、このトリオソナタを「ホントにいい曲だな〜」と言っていた「てんしさま」(=上坂氏)。私のカメラでは、最初の2曲(kanonがチェンバロを演奏)の写真がありませんが、後ほどフルート・クライス写真部&山形支部長のC氏や上坂氏のカメラで撮影された写真が届いたら載せます。

チェンバロと2曲やったところで10分弱の休憩。お客様は当日も含めて50名弱いらしてくださったので、湿度の高い部屋の空気を一回変えるため、天井のファンを回してエアコンを付けます。

Photo_2後半は、まずフルートソロ。
リヴィエの「優しい鳥」。タイトルに反して?、途中にffffとフォルテが4つ付いていて、しかもmolto marcatoという指示があるというこの楽譜(こちらの→記事を参照)。どこが「優しい」のでしょうね。

続いて、日本の歌から「浜辺の歌」と「宵待草」。
編曲が凝っていて、フルートもそうですが、伴奏のピアノが難しい。ダイナミックに、優しく、フルートの音量を超えないように抑制しつつ、S嬢の美しいタッチが響きます。

Photo_3プログラムの最後は、ドニゼッティのソナタ。
オペラ作曲家らしく、歌い回しが劇的で耳に残る旋律。単一楽章ですが序曲にあたるような4/4拍子の遅い部分から速い3拍子にガラッと替わります。
大きな拍手。
たくさんの拍手。
花束贈呈。

そしてアンコール(笑)。
Photo_41曲目は、kanonのチェンバロとバッハのC-dur Sonateからメヌエット。
本プログラムでは久保田彰氏作の緑色のチェンバロ「白さん」を使いましたが、アンコールでは今日のコンサートの為にチェンバロの調整に仙台からいらして頂いた久保田さんの弟子である林裕希氏作のkanonの第1号機「チェンバロちゃん」(by kanon)を使いました。

チェンバロの場合は、「大は小を兼ねない」もので、この2台のチェンバロは両方ともフレーミッシュなのですが音色から雰囲気がずいぶん違います。可愛らしい、綺麗な音の鳴る「チェンバロちゃん」です。

Photo_5最後の最後は、大震災の後、いろんなコンサートなどで歌われ、演奏されている中村八大作曲の「上を向いて歩こう」フルート2本+ピアノ用に編曲されたもの。
なかなか凝った作りになっていて、balaineが一番を吹かせて頂きました。

チェンバロが聞きたくていらして頂いた方、フルートのイベントを楽しみにされていた方、毎回の様にサロン・コンサートを楽しみにしてくださっている方、そして初めていらしてくださった何名かの方々。
おかげさまで温かい拍手に多少(ではないか、、、)のミスも救われた気分になりました。

〜〜〜〜〜〜〜

今夜は19時から、地区医師会の仕事として日本海総合病院時間外(救急)外来の1次〜1.5次外来担当。22時までお仕事なので、コンサートに続く「楽器試奏会」「フルートQ & A」、その後の「打ち上げ懇親会」、さらに翌19日(日)の個人レッスン、グルメ、小観光旅行などは、明日以降に続きます。
その間に撮影した写真は180枚を越えていて、厳選してブログに載せても2、3回は必要なヴォリュームです。

|

« いよいよ明日! | トップページ | 「酒田場所Vol.4」報告〜その2<試奏会&Q & A> »

コメント

写真から雰囲気が伝わってきました。
いい演奏会だったようですね。おめでとうございます。
適度な広さのサロンに、ピアノ1台、チェンバロ2台(フレーミッシュ1段鍵盤、2段鍵盤)とはなんと贅沢な空間でしょうか。
酒田市のホールは全く知りませんが、おそらく酒田市で最も室内楽に適したサロンではないかと思います。その意味で市の財産のひとつとも言えます。
サロンコンサートを長く続けられること、心から期待しています。時間があるときは、私も新潟から駆けつけますので。

取り急ぎ、お祝いまで。

投稿: MrBach1954 | 2011.06.21 09:51

MrBach1954さま、そうですね、たしかに100mx2の空間にC7サイズのグランドピアノにチェンバロ2台は恵まれています。これにあとはグランドハープを、、、などという目論みもありますが(笑)。
酒田周辺では、500席の小中規模ホールである庄内町響ホールというのが、なかなかいいんです。ピアノリサイタルや室内楽に最適なサイズと残響1.9秒のホールで、私のブログでは「庄内国際ギターフェスティバル」などで紹介しています。
またタイミングが合う時には是非お越し下さい。秀美さんの次回は来年の1月になりそうです。

投稿: balaine | 2011.06.22 02:08

色々、本当にたくさんありがとうございました。
あっという間の1週間でした。
(超)遅くなりましたが、やっと更新始めました(TBさせて頂きます)。

投稿: てんし | 2011.06.27 03:18

てんしさま、お疲れさまです!
当方のブログで紹介が終わり、さてこれからどのように紹介されるのか楽しみです。特にグルメ&観光(そっちかい!)。
来年はどこにお連れしようかな〜、鳥海山山頂か?!

投稿: balaine | 2011.06.27 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/51994835

この記事へのトラックバック一覧です: 「酒田場所Vol.4」報告〜その1<コンサート>:

» [イベント] フルートを楽しもう! in 酒田 Vol.4:その1、コンサート編 [「つれづれに」... by. Kreis-Angel]
◆くろき脳神経クリニック サロン・コンサートVol.14 フルートクライス・上坂 学「フルートを楽しもう! in 酒田Vol.4」◆公演日:2011.6月18日(土) 16:00 開演◆出 演:Fl.上坂 学、黒木 亮 Cemb.黒木 香乃 Pf.白澤 美知子◆会 場:くろき脳神経クリニック・リハビリ室「ジョンダーノホール」今年で4回目の開催となる酒田場所、プロムナードコンサートもQamp;Aも濃い内容で皆さんにはお楽しみ頂きました。いよいよ酒田場所Vol.4の開催当日です。庄内空港に着く... [続きを読む]

受信: 2011.06.27 03:18

« いよいよ明日! | トップページ | 「酒田場所Vol.4」報告〜その2<試奏会&Q & A> »