« 1年前 | トップページ | 今、自分に出来る事を考える »

2011.03.20

いくつかのコンサートの中止について

何も予定のない連休を迎えました。

11_39明日3/21(月・祝)は、東北公益大学敷地内にある公益ホールで、酒田中央高校音楽部のコンサートの予定でした。一旦4/10に延期となったのですが、残念ながら中止となりました。

山響首席ホルン奏者の八木健史さんを迎えてモーツァルトのホルン協奏曲第2番が目玉でしたが、他にbalaineも参加する曲が3曲。特にkanonが参加してバッハの「ブランデンブルク協奏曲第5番」第1楽章はこれまでジョンダーノ・ホールで学生さんと合わせを2回、ホールでチェンバロなしでの合わせを1回やっていましたし、balaineもkanonも演奏会で演奏するのは初めてだっただけに非常に残念です。
こういう非常事態ですので仕方ありません。

さらに、被災地である仙台のオケ、仙台フィルは6月末まで演奏活動を自粛するということで、4/16(土)に予定されていた希望ホールでの酒田公演も中止になりました。仙台市内は電気は復旧したものの、水道の復旧までまだ10日程かかり、ガスの全面復旧は6月一杯かかる予定だとの事。
Photoということで残念ながら、その翌日に予定していたサロン・コンサート第13回「原田哲男チェロリサイタル」も中止ということになりました。ジョンダーノ・ホールはコンサートを出来る条件は整っておりますが、仙台フィルの首席奏者である原田さんの苦渋の決断ですので、受け入れざるを得ません。
またいつかジョンダーノ・ホールで演奏して頂く機会がある事でしょう。

ブログトップに掲載している4/2(土)の鈴木秀美リサイタルは中止も延期もしません。市の施設である希望ホールが少なくとも3月一杯は使用停止(燃料問題)ということですので、4月になってすぐに使用できるのかどうかは不透明です。
使えないという事が決定した場合は、ジョンダーノ・ホールに会場を変更して予定の開園時間16時はそのままで開催するつもりでおりますので、よろしくお願い致します。

〜〜〜〜〜
balaineの車はハイオクガソリンなのですが、3/13(日)に満タンにしたので、まだ60リットルは入っているようで、市内をとろとろ走っていても、ドライブコンピュータ上はまだ500〜600km走れるようです。しかし、次にいつ給油できるかわからないので、今日は自転車でいろいろ回ってきました。

自宅からすぐのツ○ハドラッグさん(クリニックの向かい)は、室内の電気を消して営業していました。乾物や飲み物はそこそこにありますが、食品類はかなり底をついていて、電池、懐中電灯の部分だけがガランとしていました。お客さんは結構いました。

昨日行った駅東のラーメン屋「麺屋新三」の隣りにあるお弁当惣菜などを売っている三吉には、卵も牛乳もカップ麺もパン(ヤマザキ)も惣菜もお菓子もありました。お弁当は売り切れていましたが、この店は穴場だと思います。
お彼岸なので「オハギ」と大好きな「道明寺」、さらに隣りにあった草だんごまで買ってしまいました。

自宅から5~600mの距離にある7号線沿いの2件のガソリンスタンド。2件ともロープで閉鎖して休業していました。昨日は交通渋滞を引き起こす様な長い車の行列が出来ていましたので、在庫が無くなったのでしょう。3/23に販売再開予定との張り紙がありました。

警察署となりのパチンコ屋。営業はしているようですが、電気は暗く、駐車場の車もいつもの10分の1くらいでしょうか、がらんとしていました。
その向かいのうどん屋「丸○製麺」。10時半過ぎに通ったためお客さんはほとんどいませんでしたが中には電気が点いていて営業するようでした。

そこから更に走って羽越線陸橋の下の地下道(初めて知りました)を通って、ゆたか町へ。目的はよく通っていたホームセンター「ム○シ」。自転車のチェーンの鍵が壊れてしまったのでこれを買い求めに来たのですが、試しにキャンプ用品売り場を覗いてみたら3/13には売り切れて棚がガランとしていた、ホワイトガソリンが1l缶も4l缶もたくさん置いてありました。プロパン/ブタンガスのヒーターの燃料もたくさんありました。

Photo_2この折りたたみ式マウンテンバイク(片山右京モデル)は買って6年目。冬の間戸外に置きっぱなしだったので、けっこう錆びています。
少しお手入れしてお出かけ。
自宅から「ム○シ」まで片道4〜4.5kmなので往復で8〜9kmほど。町の状況を眺めながら買い物しながらゆっくり小一時間の自転車の旅は、閉じこもりがちの休日の良い運動になりました。これから暖かくなればドンドン自転車で出かけたいと思います。

自転車コーナーには自転車を買い求めるお客さんが多く、皆ガソリンに困っているんだなと感じます。
この際、普段から節電、節ガソリン、なるべく歩くか自転車で出かけるなど今までのエネルギーの無駄使いを考え直すいい機会です。

=====
最後にもう一度。
会場の使用停止や破損、電力供給不足、エネルギー不足などで関東〜東北ではいろいろなコンサートの中止や延期が決定されていますが、4/2の「鈴木秀美リサイタル」は延期も中止もしません。
「こういう時こそ音楽は必要です」との力強い言葉を鈴木秀美さんからも頂いています。
どうぞ宜しくお願いします!


|

« 1年前 | トップページ | 今、自分に出来る事を考える »

コメント

高校生の方々、先生ご夫妻、演奏会が延期から中止となり、
さぞ残念だったことかと思います。同じメンバーで
いつか同じ内容での演奏会が実現されますように。。。
コチラは異常なほどスタンドの渋滞です。
朝7時に並んでも売り切れ、買えずに帰宅する車も多いそうです。
前夜から並ぶ車もいるとか、また春休みなので
家族でドライブがてら新潟へ、そして満タン給油と
いろいろと知恵を凝らしている方も!
音楽は薬、まさに実感しました。
時折ラジオから流れる音楽は疲れた心の万能薬ですね!
電気復旧しても手回し手回ししてラジオに耳を傾けてます。

投稿: ボリジ | 2011.03.20 16:40

酒田中央高校音楽部のコンサートの中止は、ほんとうに残念でしたね。でも、無駄な努力などこの世にはありませんから、仮にこのまま中止になったとしても、違う形で芽が出ると信じています。
無伴奏チェロの演奏会は開催されるようですね。新潟からも、電車が動けば日帰りできそうなのですが・・・教室の発表会も近いので悩ましいところです。

投稿: MrBach1954 | 2011.03.20 21:52

ボリジさん、どこも大変ですね。でも燃料の供給が改善するまであと1週間はかからないのではないでしょうか。
仙台の友人は、電気だけ復旧して、まだ水道もガスも戻っていない不自由、不便な生活を送っています。
うちのすぐ近所にも家族を頼って仙台から一時避難している人もいます。まだまだ頑張らなくては、ですね。

投稿: balaine | 2011.03.20 22:00

MrBach1954さん、ブランデンブルク協奏曲に限らずバッハの音楽は「ここまでやったから十分」とか「これだけやったので大丈夫」というのがない(他の作曲家だって同様ではありますが)、底なし沼の様な曲ばかり。
今日本番を迎えていても、balaineもkanonも満足のいく演奏は出来なかったと思いますが、今の自分を写しだす鏡として本番は経験したかったと思っています。
多分上手く行けば今年中に演奏できる機会も生まれるでしょう。将来的には拙クリニック10周年記念コンサートなどで、もっと大胆な事も考えていますよ。あと7年ありますから、準備を積み重ねたいと思います。
新潟ー酒田は車で片道3時間〜3時間半。近くはありませんが日帰りは十分可能ですよ!(笑)

投稿: balaine | 2011.03.21 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/51169741

この記事へのトラックバック一覧です: いくつかのコンサートの中止について:

« 1年前 | トップページ | 今、自分に出来る事を考える »