« ライヴァル? | トップページ | 久しぶりの青空と鳥海山 »

2011.02.20

あと3週間

酒田フィルの春のファミリーコンサート(3/13(日)庄内町響ホール)まで、あと3週と迫ってきました。
Photoポスターの写真です。
昨年の企画「音楽室の作曲家たち」がアンケート結果では好評だったので(昨年のファミリーコンサートの記事参照)、今年はその第2弾です。
『音楽室の作曲家たち』2時限目という企画で皆様を”名曲への旅”にご招待致します。

昨年取り上げた作曲家は、モーツァルト、ベートーヴェン、ドヴァルジャーク、J・シュトラウス、グリーグ、ホルスト、ムソルグスキーという超有名どころの超有名な曲達。
今年も、モーツァルト、チャイコフスキー、ビゼー、シベリウスといった超有名どころに加えて、アメリカの現代の作曲家で吹奏楽などでもよく扱われるルロイ・アンダーソン、そして日本が世界に誇る作曲家で酒フィルも関与した(エキストラ出演)映画「おくりびと」も手がけた久石譲氏+指揮者コーナーでブラームスといった作曲家たちを取り上げます。


酒吹(酒田吹奏楽団)さんの演奏会が1月末に行われたばかりで、昨晩の練習で初めて打楽器奏者が全員揃いました。またエキストラを含めてコントラバスも3本、昨晩初登場。
昨年11月の定期演奏会が終わって、間に年末年始や酒フィル・ニューイヤーコンサート」「などを挟みつつ、これまで8回の練習をしてきました。でも昨晩を入れて本番まで4回しか練習がありません。

いままで8回練習して来たの?というような部分や、発言もありつつ、なんとかまとめあげるために団内指揮者も奮闘。来週から2回は希望ホール「小ホール」を使って仕上げにかかります。そして本番3/13の前日3/12(土)からは、全エキストラも参加して本番会場の「響ホール」のリハーサル。
そう、あと3週、日数にして4日しか練習期間がありません。
というわけで、インペクbalaineの強権(?)を発動し、来週の練習は30分拡大して18:30〜21:00とし、再来週3/5は、14:30〜21:00と更に拡大して行います。

個人的にはビゼーの「アルルの女」第2組曲でトップを吹くので、生まれて初めて人前であのフルートの名曲「メヌエット」のソロを演奏します。団内練習で何回か吹いて来たので、演奏中の焦りは少々改善してきました。後はホールでどう響かせるか、ハープとどう合わせるか、、、これは前日にならないと出来ない訳ですが、精一杯(力まずに)頑張りたいと思います。

そんな状況なので、昨晩山形テルサで行われた「山響モーツァルト定期」第12回も聴きに行けず、narkejpさんのブログ記事でその一端を伺い知るのが精一杯。

昨日は、3人の歌手に山形オペラ協会を加えて『魔笛』演奏会形式でハイライトが演奏された由。きっと楽しかったはずでしょう。


そうそう!
オペラといえば、大ニュースです!!!

H20年に酒フィルが音楽監督三枝成彰氏、演出大島尚志氏、そして二期会の歌手や酒田の有志合唱団たちと一緒にやったプッチーニの名作『ラ・ボエーム』に続き、なんと!たったの4年後にまた酒田で本格的オペラ(オケはピット、舞台も歌手もプロの全幕)をやる事が内定したそうです。

今度は『蝶々夫人』!!!(のはず、、、)
来年、平成24年の3月、希望ホールで、ということだけ決まっています。

11月の定期(ブラ3ほか)もある上に、その4ヶ月にオペラですから、またH19〜20年に奮闘したように、土日土日土日の「定期演奏会用」と「オペラ用」の同時進行という練習の日々が待ち受けている訳で、練習計画を練るインスペクターとしては嬉しい悲鳴というべきか、すでにアタマが痛いという感じです。

|

« ライヴァル? | トップページ | 久しぶりの青空と鳥海山 »

コメント

記事のご紹介ありがとうございます。第12回目のモーツァルト定期、良かったですよ~。でも、インペク自ら休みというわけにもいきませんしね。残念ですが、仕方がありませんね~(^o^)/
酒フィルの演奏会の成功をお祈りいたします。

投稿: narkejp | 2011.02.20 20:43

narkejpさん、モーツァルト定期、このところ行けない事の方が多く、残念です。
ブログ記事で演奏会に行った気分を味わわせて頂いています。

投稿: balaine | 2011.02.20 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/50919695

この記事へのトラックバック一覧です: あと3週間:

« ライヴァル? | トップページ | 久しぶりの青空と鳥海山 »