« 恭賀新年 | トップページ | ブログ開設7年目を迎えます!&千代丸 »

2011.01.04

正月三が日+1日

あっというまに1月4日になりました。
官公庁や公的機関は仕事始めでしょうか。
今年は少し長く正月休みをとりました(明日1/5まで休診)。訳はいろいろあります。

年末12/30に仕事納め、年賀状の残りを書いたり、クリニックの片付け、本題や書類の整理(完了していない!)、大晦日までやりました。大晦日の夜はのんびり過ごし、久しぶりに「紅白」なんか見てしまいました。
Photoここ数年は、高級コンビニお節なんか頼んでいたのですが、今年は簡素に。
お雑煮はアゴ出汁で。美味しかった。お椀はアンコ餅です。ハタハタ寿司が付くところが秋田出身のkanon流。


Photo_2元日は天気予報が外れて晴天。お天気に誘われて午前中から初詣。
まずは、クリニックの地鎮祭などお願いした八雲神社さんへ。この神社に行列ができたのは酒田に暮らすようになって4回目の正月で初めて見ました。1年の御加護をお願いして、続いて日和山の日枝神社(下日枝)。
立派な鳥居にかかる額は西郷隆盛の書と言われています(以前に何度か書きました)。1年の御加護をお願いし、いったん帰宅。kanonはここまでは着物姿で。

今回、長めに正月休みをとった理由の一つは年末にある病気で手術を受けたばかりの老母(84才です)を横浜の実家に見舞うためです。

Photo_3Photo_4腹ごしらえをし出かける準備をして、向かったのは飯森山の南洲神社です。酒田に暮らすようになってこれで4年連続「三社詣り」をしています。毎年決まって、八雲神社、日枝神社、南洲神社の順にお参りしております。
今年も横浜に向かう直前に南洲神社にお参りし、久しぶりに「敬天愛人」の碑の横に立ち記念撮影など致しました。
西郷南洲翁を敬慕し学ぶ団体である「荘内南洲会」のHPが変わったようです。こちら→「荘内南洲会ホームページ」をご覧ください。

さて、酒田を午後2時半過ぎに出発し、新年早々事故に合わないように慎重に高速を飛ばして、途中休憩を挟んで横浜は戸塚の実家に到着したのは午後9時ちょうど。
SS_2東北縦貫道では国見SAと佐野SAで休憩。特に佐野SAでは夕食に佐野ラーメンと餃子、、、と思ったら「餃子は売り切れ」とのことで、写真の佐野ラーメンとニラ牛スジラーメンなるものを注文。
全国御当地ラーメンでも有名な佐野ラーメンだが、SAなんかで期待しては行けなかったのか。たいしたものではなかった。
酒田のラーメンの方がずっとずっと質が高い。トビウオや店によっては鯛干しなども使った魚介系の酒田のラーメン。店によって違いはあるがどこもまずまず。特に「川柳」と「麺工房さらしな」は誰にでも推薦できるし、友人を連れて行きたい店。その他にもいろいろ美味しい店はある。
佐野ラーメンも本当の「当地」に行けばこんなものではないのかもしれないが、今やSAでも旨い店には行列のできる時代。これでいいのかな。。。
佐野SAを出ると、横浜の戸塚まではあと2時間かからないとのカーナビの指示。指示通りに首都高を通ると、建設中で話題の「東京スカイツリー」を眺め、銀座からは「東京タワー」を眺め、首都高横羽線からは横浜のランドマークタワーと、都会の象徴の様な3大高層建造物を拝む事が出来た。
元日からこのようなシーンに出くわすと、「今年は何かいいことがあるのかな?」と考えるが、健康で無事に過ごす事こそ幸せと思う事にしよう。

Photo_5さて、病気の母を見舞うと言っても、すでに自宅に退院しており、年明けに紹介病院を受診して追加の治療が始まる前。いくらbalaineが医師でも特になんのアドヴォイスもない。ただ担当の医師を信頼しお願いするしかない。母も二度目の手術だったので慣れているのか、特に痛みや苦しみもない様子。3年8ヶ月前にも同じ病気で同じ手術を受けているので多少は慣れもあったでしょうか。
父も同じく年を取り、病気を抱え80才を超えた老夫婦では日常の生活も昔とは違う様子。加えて世田谷に住む妹も、この正月は上海へ単身赴任中の夫の元へ3人の子供引き連れて行っており、なんとも侘しく寂しい正月を二人で迎えた様子。我々夫婦が、まして医師である息子が行ったとて母の病気に大きな変わりがある訳もないのですが、少しでも慰めになったでしょうか。
写真は実家の正月料理。
病み上がりのため、その上、両親とも糖尿病で、手抜きの砂糖抜き。昔は「アゴ出汁」で作っていたお雑煮も「だしの素」で作る有様ながら、それでも手製の料理を出してもらえるだけ有り難い。


Photo_6「もう帰るとか?!」という母の言葉に、「猫が居るから2日はうちを空けられないので」と説明し、箱根駅伝でも「花の2区」として有名な戸塚中継所近くから横浜新道に乗る。そういえば、午前中、ちょうど2区の激しい戦いが行われていた時間帯、実家上空を空からレポートするテレビ局のヘリコプターがバタバタと音を立てながら飛んでおり、臨場感一杯だった。

元日の夜9時に実家に到着して、16時間も経たない昼の12時半頃に出発。往復1100kmも写真のDOHC V6 231PS/rpmエンジンと快適な居住性のおかげで、あまり疲れを感じずに一人ですべてドライブ。
帰路は、往路に通った首都高が、やはり日中という事もあり「子安ー羽田間断続渋滞9km」と出たため、急遽第3京浜に変更し、渋滞の環八を避けて等々力から深沢(なんと妹家族の住む近く!)を通り、駒沢オリンピック公園横から自由通りに抜け、東名に繋がる首都高3号線に三軒茶屋でようやく乗りました。
S_3これまでならば「首都高3号渋谷線」から皇居脇を抜けて行くところなのだが、2009年版データのカーナビに現れない「東北道→」という看板に従うと、ず〜っと地下を走る「首都高中央環状線」なる初めての道を通ることになった。
東北縦貫道にはいると、往路で食べられなかった宇都宮餃子を目指し今度は上河内SAへ。そして写真の様な3皿(知らない店ばかりだったが、玉ちゃん、華ちゃん、飯城園の3店)に挑戦。どれも個性があり美味しかった。個人的に皮がパリッとした部分とモッチリした部分の差が楽しめる上に具にニラが利いている飯城園が好み。
kanonから移されかけた風邪も、正月に出かける直前に作ったニンニクたっぷりパスタとこの餃子のおかげでなんとかこじらす事なく、その後一気に酒田まで。

到着は夜7時過ぎ。都内で一般道を通ったり、首都高の渋滞に巻き込まれた割には6時間半程(実質は5時間45分程)で着いたことになります。

〜〜〜〜〜〜
0103_3さて一気に1月3日の話。
午前中は、届いていた年賀状のチェック。新たに年賀状を書き、クリニックの片付け少しであっという間に終わり。午後遅めの昼食を再び「丸亀製麺」の「まる得釜揚げうどん1.5玉たまご付」で取り、kanonの車で秋田へゴ〜!!!

01032日(実質28時間)で1100km往復の運転をこなしたbalaineを気遣ってもらい、kanonの運転で今度はkanonの実家の秋田を目指します。
箱根駅伝中継でお分かりのように、関東地方は爽やかな晴れ。ところが東北地方は曇り、特に日本海側は冷たい雨や雪まじりのどんよりとした写真の様な空。これが今は使われない「裏日本」と呼ばれる所以か。

秋田でも歓待を受け、kanonの母上の手料理をたんとご馳走になり、確実に体重が増えた様子。
先日酒田市美術館で開催された「ちばてつや原画展」に触発されて、kanon蔵書である「愛蔵版『あしたのジョー』」に手をつけてしまい、この正月の残りはマンガを読んで終わってしまいそうな気配。


Photo_7Photo_8これまた正月のTV番組に刺激されて無性に食べたくなった長崎チャンポン。
秋田市内の一心亭という有名なお店。やや高めのお値段ですが量が多い!少食の人なら並を二人で十分。大盛りなら一皿で二人満腹になるでしょう。
チャンポンと共に皿うどん(揚げ細麺)も注文。秋田風というのか、味付けがややしょっぱく濃い印象。具材や作り方はほぼ長崎風なれど、何かが違う感じ。麺も少し軟らかい。
「チャンポンにソースをかけると美味しく召し上がれます」
との紙が店内に何カ所か貼ってありますが、私はソースはかけません。コショウをかけて半分程食べたあと、紅ショウガをたっぷり入れてスープの色が変わるくらいにして残りを食べると印象が変わって飽きません。

横浜2日で往復の疲れを引きずりながらも、帰路もkanonの運転のため、私は少々まどろみながら酒田に到着。あっというまに正月が終わる感じ。しかも食食食の三が日+1日となってしまいました。
あしたまで休みにしていて良かった。
明後日、1/6から今年は診療開始です。

|

« 恭賀新年 | トップページ | ブログ開設7年目を迎えます!&千代丸 »

コメント

東奔西走といいますが、balaineさんのは南奔北走でしょうか?全部車で移動ですから相当な距離になったでしょうね。
今日までお休みにして正解でしょうね。

私のほうは、今年は2日の家内の実家のお年始が、仕事と重なったので、家内と子供たちだけでいってもらいました。家内は渋滞にはまって大変だったようです。往復5時間のドライブになったとか。

今日は通常業務に加えて会議、そのあと、新年会第1弾があります。 面倒だなぁ…。

投稿: Teddy | 2011.01.05 12:41

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
ご両親が糖尿病、しかも八十代、上手く血糖コントロール
されているからこそと。。。見習わなくてはと思ってます。

club高級なマフラーの下の黄緑色に惹かれます!
本日OPENの紅花クリニックさん〔脳外科さん〕の前を
通りかかりました。S先生でしょうか?

投稿: ボリジ | 2011.01.05 15:59

Teddy様、昨年はりり子さんのコンサートを始めいろいろお世話になりました。今年もよろしくお願い致します。
って元旦のブログ記事コメントに書くべきでした。(^^;;;
新年早々お仕事関係の新年会でしょうか。お疲れさまです。
私は今日はのんびりしました。クリニックのたまった書類や片付けていない雑誌(医学月刊誌など)の整理もしましたが、マッサージをたっぷり受けて車移動で疲れた腰などもようやくスッキリ致しました。
明日からの診療、頑張ろうと思います。

投稿: balaine | 2011.01.05 22:16

ボリジさん、今年も宜しくお願いします。
「上手く血糖コントロール」、、、確かにそうかもしれませんが、父は「何を食べても味が薄くて美味しくない、、、」と愚痴っていました。ほとんどの料理に砂糖も塩も醤油も使わないという徹底ぶりなんですよ。それもどうかと思います。(苦笑)
MS先生、紅花クリニックなんて名前付けたんですか。HPもあるようですね。頑張って欲しいと思います。うちのと同じMRI(OSが新しい)ですよ。

投稿: balaine | 2011.01.05 22:29

あけましておめでとうございます。
ことよろでございます~sun

ドライブ三昧のお正月だったのですね。
スゴイ車ですね♪

お母様は息子さんご夫妻がいらしたので
例え少しの時間でも安心されたでしょうね。
ウチの母は一緒に箱根で年越しをしたのですが、認知症の被害妄想と正気が混在してワタシ達は散々なお正月でした。。
親の変貌を見るのは辛いものです。

すみません。。

妹さんは我が家の近くにお住みなのですね。なんだか、ウレシイ☆

今年もbalaine様ご一家が健やかで楽しく音楽をされることを心よりお祈りいたします。

投稿: ゼラニウム | 2011.01.06 02:19

ゼラニウム様、こちらこそよろしくお願い致します。
Z様は柿の木坂でしたっけ?妹家族はあの「深沢ハウス」です。何回か泊まった事がありますが、新宿や六本木の夜景が綺麗に見えます。

お母様、、、大変ですね。でも「そういう状態」として受け入れてあげるしかありません。間違っている事を指摘しても改善はありませんので、心穏やかに笑顔で過ごせる様な周囲な配慮が必要です。周りは大変ですけどね。

Z様ご一家も音楽に溢れたステキなご家族。今年も幸せで健康であります様に!そして今年こそ?庄内へお運びの程を。。。

投稿: balaine | 2011.01.06 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/50492507

この記事へのトラックバック一覧です: 正月三が日+1日:

« 恭賀新年 | トップページ | ブログ開設7年目を迎えます!&千代丸 »