« 第2回指揮者練習 | トップページ | 山形弦楽四重奏団第37回定期演奏会を聴く »

2010.10.10

にわか庭師の畑

Photo_3庭の大半はプロがやってくれた訳ですが、自分でも何かを育てたい、作りたいという気持ちは前々から持っていました。
先日のブログ記事にも書いたように、ハイブッシュ系のブルーベリーは鉢の植え替えをして今のところ順調に成長中。朝晩冷えて来たので葉もだいぶ紅葉してきました。

Photo_5赤玉土系の土壌をまず十分に耕します。最初はスコップで掘り返していたのですがそれでは駄目だという事がわかったので「鍬」を購入。
土を耕すには万能鍬という道具はよく出来たものだと思います。結構石がゴロゴロあり、「ガチン!」という音と衝撃が走ります。また石のように固まった土もあり、汗が噴き出す程十分に耕しました。

Photo_4今の時期に育てられる野菜は数少なく、ちょうど大好きなニンニクの植え付け時期が9~10月だったので、青森産六片ホワイトを選択。
土壌改良のために写真の様なものを買い揃え、耕した土に堆積培養土と苦土石灰を適量混ぜて、再度良く耕します。分量は、、、適当です。一応社団法人農山漁村文化協会出版の「新特産シリーズ ニンニク 球・茎・葉ニンニクの栽培から加工まで」という本を参考に、施肥や除草剤散布なども行いました。

Photo_6先週の土曜日に、一個一個のりん片の外皮を剥がして、本の記載に従い5~7cmかややそれより深い小穴を掘ってそこに一個ずつ、2カ所に分けて約30個植え付けました。
毎日見ていたのですが、なかなか芽が出てきません。
ちょっと心配になっていましたが、今日の朝、写真のように2カ所で芽がで出ているのを発見!

Photoしかし、30個のうち、この2カ所しか芽が出ていません。何か問題が起きているのかもしれないと、そ〜っと土をほじくり返します。なかなか出てきません。
あった!
別に腐ったり、枯れたりもしておらず大丈夫そう。ちょっと深すぎたのかな?

Photo_2慎重に回りの土をほじくって行くと、写真では分かりにくいですが根っこもしっかり延びていました。
これから芽が出てくるのだと思います。7日も経ってこの状況はどうなんだろう?

Photo_3こうなったら全部チェックしようと、ほじくり返してみると写真のように芽が出始めているりん片をたくさん見つけました。
う〜ん、どうやら7cmでは少し深すぎたようです。上の土を削ってりん片の上端から3cmくらいに手直し。

Photo_4Photo_6軽く整地して、もういちど全体を見ると現時点で芽が出ているのは4枚目の写真の様に2カ所だけでした。
これを記録のためにアップで撮っておきます。

小学生の研究日誌みたいですね。(笑)

さらに残っていた2個の種用の青森県産六片ホワイトにんにくを、追加で植え付けました。今度は浅めに3~5cm程度としました。
これから時折、「にんにく栽培日記」を書いて行こうと思っています。
来年、ちゃんと収穫できるのかどうか?、ですが、穫れたらパスタを始めとする各種ニンニク料理を楽しむ予定。
その頃(来年の春〜夏)には、ハーブも植え、その他季節の野菜(トマト、茄子)なども加えて、お庭の農産物だけで食事が出来るようにしたいというのが一つの夢なのです。

肉は育てられませんけれど、、、(苦笑)
豚バラ肉でパンチェッタは何度か作ったことがあり、その他に元々持っているBBQセットなども来年には活かしたいと思っています。

|

« 第2回指揮者練習 | トップページ | 山形弦楽四重奏団第37回定期演奏会を聴く »

コメント

とうとう、園芸に手を出してしまいましたね。ぐふ。。
ようこそ、よき素人園芸家の世界にお出で下さいました。

最初は土づくりが肝心ですからね。と、いうか、園芸は常に土づくりをしているかんじです。自分で手をかけた庭、畑、植木鉢の土の感触を確かめながら、「いい土だ。」と、いい土が出来上がった時点で満足するようになったら、この世界から出られなくなる予感。。
カレル チャペックの「園芸家の12ヶ月」を読むと、園芸家の生態がよくわかりますよ。同じことを考え。おんなじ事をしでかしている。その共通点は驚異的ですsign03

投稿: ふなゆすり | 2010.10.11 19:50

おお、我が青森のにんにくを!!
balaineさんはきっとおいしく育ててくださると思いますo(^o^)o
おいしいにんにく料理を楽しんでくださいね(^-^)(ちなみに私はペペロンチーノが好きです♪)

投稿: えがお | 2010.10.11 19:51

ふなゆすりさん、ありがとうございます。
「園芸」もはまれば禁断の世界かもしれませんが、私が手を出さないようにしているのは「株」と「釣り」です。園芸は元々嫌いではないのですが、準備が面倒というか、よくわからなかったのです。ホームセンターに足繁く通っているうちに、どこに何があるのか、今は何をすればいいのか、少しずつわかって来たのでゆっくりやっています。
生来凝り性なので、はまると大変。仕事と音楽で十分に忙しいので、「適度」ということを考えながら楽しんでやっています。のんびりと老後を過ごす頃までに一人前になっていればいいかな、、、位の考えです。
その、カレル・チャペックの本、知ってはいますがまだ読んでいませんので、これもそのうちに。

投稿: balaine | 2010.10.12 16:52

えがおさん、青森県産にんにく君達、頑張っていますよ。今朝見たら10カ所近く芽が出ていました。
これから冬までの間にどれだけ成長してくれるのか楽しみ。
そして収穫は来年の初夏だと思います。
楽しむのはそれまでお預け。

アリオ・オリオ・エ・ペペロンチーノは、私の得意の一つですよ!ニンニクへの火の通し加減、オリーブオイルを焦がさないようにジックリ火を通し、塩をたっぷり入れた茹で汁をミセル形成するように油と混ぜて、いかに短時間でササッと仕上げるか、、、固めに茹でた麺を決して炒めないこと、そして出来る限りパルミジャーノ・レッジャーノを食べる直前に削って振りかけることです。
あ〜、唾が出て来ました。。。(笑)

投稿: balaine | 2010.10.12 18:35

クライスのかみさか先生のブログからやって参りました。
木管フルートにご関心がおありとのことで、ぜひお話させていただきたいです。
庭の話とは関係なくてすみません。

投稿: IWARIN | 2010.10.12 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/49699596

この記事へのトラックバック一覧です: にわか庭師の畑:

« 第2回指揮者練習 | トップページ | 山形弦楽四重奏団第37回定期演奏会を聴く »