« 秋の午後 | トップページ | 「清水和音ピアノ・リサイタル」を聴く »

2010.10.17

冬の使者、来る!

昨日土曜日は、診療終了後昼食にラーメンを食べ、kanonの車購入検討会のため7号線沿いの車屋さんへ。好感触あり。

夜は市民オケの練習。
あと1ヶ月ちょっとになったのに「大丈夫かな?」というところばかり。社会人の寄せ集めの市民オケの辛いところで、仕事なのでしょう、この期に及んでも集合は悪く、最初にアンコールの練習を始めた段階ではセカンドヴァイオリンなどたったの3人、ファゴット0、フルートもトップが来ていないという有様。久しぶりにCbが2本になり、やはり音の厚みが違うと感心するも弦5部のアンサンブルが出来ていない。いやパートの中ですら揃っていないのだから。

でも「あと1ヶ月、あと1週間」になってから化けるのがいつもの酒フィル(それまでの練習が足らないとも言えるが)。これからの盛り上がりに期待するところ大の大です。

===

Photoさて、日曜の午前中、お天気がいいので庭にテーブルとパラソルを出して、「無線LAN」の恩恵を享受して庭のテーブルの上でインターネット。リビングに置いたAirMac Base Stationまでは直線距離で15mないのだから楽勝。(この記事も庭で書いています)
紅葉して来たブルーベリーや、長いものでは8cmくらいも芽が伸びたニンニクを眺めながら、涼しい風に吹かれながらお気に入りのカップでいれたてのコーヒーを味わいながら、気が向いたら水を撒いたり木々の根元にマルチングを追加したり。

庭にいるのが気持ちいい良い季節だからということもあるのですが、2時間以上庭に居たその理由は。

Photo_2やってきました!
冬の使者、白鳥さん達。
朝方、「コーコー」「クォ〜クォ〜」という鳴き声が確かに聞こえました。すぐに庭に出て見ましたがその時は姿は見えず。遠くに20羽程の編隊飛行が見えました。

Photo_3天気もいいし「今日ならこれからもっと飛んで来るはずだ」と予測して、庭仕事をしながら、インターネットをやりながら待っていたのです。
待つ事しばし、果たせるかな、かなり大群と思われる鳴き声が頭上で聞こえました。

Photo_6見上げてもどこにも姿はありません。自宅前の道路に出て四方を見渡すと、北の方からたくさんの鳴き声が近づいてきます。
あ!来た来た!
と撮影したのが上の2枚。構図を考える余裕もなかったので、ちょうど電信柱が重なってしまいました。我が家の上をかすめる様に大編隊が飛んで行くのを構図を考えながら撮ったのがこれ。

Photo_5白鳥の飛ぶ速度は思いのほか速く、連写にはしていなかったので構図そっちのけで次々にシャッターを切ります。最上川は南にあるので太陽に向かって飛んで行きます。自宅の上を通り過ぎると、広げた羽に陽の光が透けて見えます。

Photo_710/3に白鳥の第1陣が最上川にやって来たというニュースに、デジイチの望遠ズームで白鳥の美しい姿をおさめようと先週の週末早朝(6時頃)に最上川スワンパークに行ってみたりしたのですが、すでに朝食の落ち穂拾いに出かけたのか一羽もいませんでした。まだ飛来した絶対数が少ないのか、周辺の稲刈りが終わったあとの田圃でも今年はまだ白鳥さんの姿を見かけていなかったのです。

Photo_8カメラを構えてみるとあっという間の出来事でしたが、ようやく今年の白鳥さん達をデジイチで捉える事が出来ました。
これから冬に向けて、どんどん増えて行く事でしょう。

Photo_9広げたパラソルの下で、撮影した白鳥の写真を確認しながら一人悦に入っていました。
風は心地よく、パラソルのお陰で直射日光は遮りつつ明るい庭の中でコーヒーを頂く。贅沢な時間です。

Photo_11白鳥達が飛び去った後の空を、庭の真ん中で椅子に腰掛け、しばしぼーっと眺めていました。
お陰様で庭のある生活を満喫しております。

〜〜〜〜〜
さて、今日はこれから午後は希望ホールで「清水和音ピアノリサイタル」。
酒田に工場がある「花王」の主催なのでたったの1000円で聴けるのです。

夜は響ホールで「文楽」。
本物の人形浄瑠璃を観るのは生まれて初めてなので大変楽しみです。

|

« 秋の午後 | トップページ | 「清水和音ピアノ・リサイタル」を聴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/49765730

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の使者、来る!:

« 秋の午後 | トップページ | 「清水和音ピアノ・リサイタル」を聴く »