« 昨夜の月と今日の鳥海 | トップページ | 「ハレ」の日;新しいチェンバロ来る! »

2010.10.24

お庭で牛タンを焼く

この記事のカテゴリーは一応「グルメ・クッキング」です(笑)。

土曜は何かと忙しく(普段平日の日中に出来ない事をやろうとするので)、診療終了後昼食を摂って自宅で少しのんびりした後、ム◯シにいろいろと買い物。

夜は市民オケの定時の練習。本番まであと4週と迫って来ました。団内指揮者TS氏による練習は昨日をいれて2回。まだまだ問題の多いサン=サーンスのシンフォニーを2時間みっちり練習。

練習終了後、自宅が直ぐ近くのbalaineは急いで帰ってやりたいことがありました。
Photo 庭にBBQセットを出して、牛タンを炭で焼いて食べるという「遊び」。
実は以前は結構アウトドア派だったbalaine。コールマンのガスバーナーやホワイトガソリンのランタンなども持っています。引越し後倉庫にしまい込んでおいたアウトドアグッズを出してチェックしていたら、炭などで焼くBBQセットだけで小中大と3セットも持っていました。うち「大」は未使用です。
写真は「中」をコールマンのアルミ製足台(ツーバーナーなど大きくて重いものもしっかり載ります)の上にセッティングして、着火用人口炭とキャンプ用の炭で火を起したところ。

Photo_2久しぶりに使う道具。炭の火を起すのも久しぶりで、最初なかなか炭まで火が回らず手間取りました。外は満月の夜で明るいのですが、どんどん冷えて来ました。
ようやく炭も快調に火が回り、以前買って冷凍庫に保存してあった仙台は「利休」の牛タンの中でも高級品の「芯タン」の部分と、先日貰い物してとっておいたこれまた「利休」の牛タン(部位は普通の部分ですが、身厚)を焼き始めました。

Photo_3ずっと外に居ても火の傍で動いていたbalaineと違い、家の中から呼び出されたkanonは「なんでこんな夜中に寒空の下で牛タン食べなくちゃならないの?」とやや不満顔。
美味しく焼けてご満悦のbalaineは、「ささ、喰いねぇ、喰いねぇ」と熱々の旨い牛タンを喜々として勧めるもkanonは困惑の呈で「おいしいね、、、」と小声で反応(苦笑)。


海、山、川、陸の四季折々豊富な食材に恵まれ、旨い物を喰わせる店が人口の割に非常に多い庄内地方で、balaineが唯一不満に思っているのは、仙台風の牛タン屋さんが一軒もない事。仙台で中学高校浪人時代を過ごし、麦飯にテールスープがついた牛タン定食に親しんでいるbalaineにとっては、焼き肉屋のタン焼き、タン塩などは「別の食べ物」なんです。
これで「利休」からお取り寄せさえすれば、仙台のお店でお客の目の前で炭で焼かれて熱々で出て来る牛タンと同じものが自宅でも食べられるという訳です。ワ〜〜イ!!!

〜〜〜〜〜
ついでにプチグルメ。

Photo_4土曜のお昼のラーメンは、kanonのリクエストで駅東の「麺屋新三」へ。
私は写真の「あっさりゆず塩極細麺」を注文。魚介系の出汁が効いた旨い塩味のスープ。この店で一押しの「こってり塩」(kanonはこれを注文、今までなんども写真を掲載しています)ほど濁ったスープではないものの、「あっさり」で「ゆず塩」なのにわずかに動物の脂と野菜などの旨味が出たかすかな濁りが特徴。美味しい!

今日、日曜日は殊にkanonにとって、そしてbalaineにとっても、拙クリニックにとっても「ハレ」の日(その訳は、明日のブログで紹介します)。
Photo_6ということで、夜は「鈴政」を予約してあり、午後いろいろあるため自宅で昼食。
これも以前頂物していた「アル・ケッチャーノ」特製の紅ズワイガニの缶詰付き「紅花入りパスタ」。
オリーブオイルも100%ピュアオイルがついているので、レシビの書かれた「紅ズワイガニとブロッコリーのビーゴリーニ(紅花入り押出しパスタ)」を作ってみました。
あ!出来上がった写真撮るの、わすってしまったのぉ。

さあ、明日の記事をお楽しみに!


|

« 昨夜の月と今日の鳥海 | トップページ | 「ハレ」の日;新しいチェンバロ来る! »

コメント

あらら、どこかで聞いたような…

我が家の物置にもテントが幾張りか、コールマンのツーバーナー、ガソリンランタン、テーブル、ガスのバーナーとかランタンがひっそりと眠っております。激甚災害でもなければ陽の目はみないかも…

寒くなったときは冷めやすいBBQよりは保温性のたかい汁物でしょう。芋煮は実に理にかなっていますね。

投稿: Teddy | 2010.10.25 12:38

Teddyさん、コメントありがとうございます。
芋煮は大きな鍋で大量に作らないと美味しくないですね。鍋料理の場合、山形では河原で大きめの石を組んで即席の釜をその場で作って煮炊きするというのが王道です。

さて、本当はコメントを頂くのは「今日」の記事のほうでしたね。

投稿: balaine | 2010.10.25 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/49831448

この記事へのトラックバック一覧です: お庭で牛タンを焼く:

« 昨夜の月と今日の鳥海 | トップページ | 「ハレ」の日;新しいチェンバロ来る! »