« 新潟で東響定期を聴く | トップページ | 新潟行き帰りのグルメ、ほか »

2010.09.07

新潟行きの写真と最近の鳥海山

08300905bいつも院長室北側の窓から見える鳥海山。
夏の間、猛暑酷暑の時は、雲がモクモクわいていて鳥海の姿はあまりよく見えませんでした。左は8/30、右は9/5の写真ですが、9月に入って雲のかかる日が明らかなに少なくなっています。

9/5,6は頂上まで雲一つない鳥海山がよく見えました。
そこで、、、

0905これは院長室のbalaineの机の位置から窓、そして遠くに広がる鳥海山を見たところです。
カーテンを開け放てば、一幅の絵のように眺める事が出来ます。
角度的にこういう風になるように設計して頂いたものです。

0905_2窓の傍に立つと、拙クリニックの北側の一部の屋根と、ご近所の家々の向こうに聳える美しい鳥海を眺める事が出来ます。

普段は、一番最初の写真の様な範囲でカットして載せる事が多いのですが、ズームレンズ 55-250mm 1:4-5.6 φ58mmを使ってよってみます。

0905c0905_3左は一杯にズームした鳥海山の山頂付近。白いところは夏の間も溶けなかった残雪です。昨年のこの時期は残雪はほとんどなかったと思うので、猛暑酷暑の中でも溶けなかったこの部分の雪は積雪量が多かったのでしょう。
右は、頂上付近を拡大カットしたものですが、木々の色はまだ青いようです。
もう少しすると頂上付近から秋の雰囲気になって来ると思います。

〜〜〜〜〜
さて、がらっと変わって。
Photo_4新潟に向かう途中、府屋をすぎて勝木(がつぎ)で国道7号線とわかれ、海沿いの345号線を進みます。いわゆる「笹川流れ」です。
そこからは道路の脇はずっと日本海です。そして写真のように粟島がよく見えます。
酒田沖の飛島よりずっと大きな島です。この写真は運転席から運転中にとったものですが、もちろん目は前を向いてカメラだけ海の方向を向け適当にシャッターを切った何枚かの一枚です。コンデジの時はこういう写真はまず撮れませんでしたが、さすがデジイチ。シャッタースピードも速く、stabilizerもついているので適当に撮ってもこういう感じになりました。

Photo_5Photo_6新潟中心部には16時前に到着。16:15の会場までまだ20分以上あったので、よく知っている新潟大学医学部方面からすぐの海沿いへ行ってみました。
マリンピア日本海の近くから見た佐渡島。大きいので一枚に入りきりません。左はくびれのある島の手前側。右はくびれの向こう側(本州から遠い方)です。

Photo_7雲はありましたが、空は青く高く、もう完全に秋の空ですね。
気温はまだまだ30℃を超え、海で遊んでいる人たちもいました。が、こういう空を見ると、ああもう秋だ、、、と思います。

Photo_8佐渡島より北の方を見たところ。太陽の反射がない分、海と空がよりクリアに青く見えます。
海は地球が丸いということを感じさせる水平線を見せているのですが、標準ズーム18-55mm 3.5-5.6の最も広角寄りで撮ると写真のように水平線の端が反対に上がっているように写っていました。構えた角度が水平でなかった事とレンズに寄るゆがみの結果でしょうか。

〜〜〜〜〜〜
千代丸のお気に入りのスポットの一つ。
Photo_2お風呂場前のマットの上。
やや湿気があってそれがひんやりするのでしょうか。
床にごろんと寝る事もありますが、このマットの上は結構お気に入りのようです。
ちょっとゴミ箱なんかも写って恥ずかしい写真ですけど。。。(苦笑)


|

« 新潟で東響定期を聴く | トップページ | 新潟行き帰りのグルメ、ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/49371793

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟行きの写真と最近の鳥海山:

« 新潟で東響定期を聴く | トップページ | 新潟行き帰りのグルメ、ほか »