« 明日は市民芸術祭開幕式典 | トップページ | 明日は遊佐でソルノク響、ほか »

2010.09.13

酒田市民芸術祭開幕式典に出演

平成22年度の市民芸術祭の開幕を祝う式典が9月12日(日)、希望ホールで開催されました。
市長を始めとするお歴々のご挨拶や表彰の後、「音の輪 人の和 はぐくむ心」とのサブタイトルのもと、まずは1部「ピーターとおおかみ」です。

Photo_2「語り」は酒田市出身の女流活動弁士である佐々木亜希子さん。
昨年の春のファミリーコンサートでも「ピーターとおおかみ」でご一緒させて頂きました。

まずこの曲の簡単な紹介の後、音楽劇の中で役を演じる楽器の紹介。
初っ端は、「ピーターの友達の小鳥」。balaineは写真のように小鳥のお面をかぶってたってフルート=小鳥をアピールします。

Photo_4 管楽器は、ホルンが3本である以外は、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、トランペット、トロンボーンの6本だけです。
ソリストの位置に佐々木亜希子さんが座り、ナレーションを入れます。
前回やった時は、ピーターのお爺さんだけが「庄内弁」でしたが、今回は一部分ピーターまで庄内弁を喋っていました。これは佐々木さんのアドリブです。PAを使っているとはいえ、ステージ上で演奏している我々にもその言葉はキレイに聞こえます。さすが元NHK山形放送局のアナウンサーで現活動弁士です。

Photo_8全景はこんな感じ。管楽器が非常に少ないのが分かると思います。ステージの下手側は全部が写っていませんが、打楽器奏者が4名います。後ろの山台は、後半の合唱団のためのものです。

GPの録音を一部公開しました。
狼を捕まえて、動物園に向かって皆で行進を始めた部分。最後まで約4分だけです。
佐々木亜希子さんのナレーションも入っています(ご本人にお断りしていないので、後で消去するかもしれません)。
こちら→「273. Peter & the wolf, GP2」をお聞きになってみて下さい。

〜〜〜〜〜

Photo_6式典の後半は、酒田飽海地区で活動している12、3の合唱団による祝祭合唱団総勢約180名による合唱です。酒フィルは伴奏ですが、ワーグナーのタンホイザーから「歌の殿堂を讃えよ」をはじめ、酒田市主審の歌手岸洋子の名曲「夜明けのうた」「希望」のメドレー、中学生の愛唱歌となった「大地讚頌」、合唱団お休みで「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲、「美しく青きドナウ」合唱版、そして最後に会場のお客様を含めて全員で「ふるさと」の大合唱をしました。

Photo_12いわゆる臨時の寄せ集めの合唱団ですし、酒フィルの方も練習を綿密に行ったとは言えず(なにせ今週末は、定期演奏会のための井崎正浩氏による第1回指揮者練習もあるのです)、ごまかしごまかしの演奏ではありましたが、お客さんには大変好評だったようです。
 家内の横に居た男性などは、式典関係者でもなく、音楽関係者でもないようなのに「ブラボー」を3回ぐらい叫んで下さったそうです。

おまけに、「ふるさと」の全員合唱の後、家内の方を向いて、「おめ、歌、うめの」とおっしゃったのだそうです。(笑)

GPのバヤバヤした雰囲気丸出しですが、タンホイザーの大行進曲だけ動画を公開してみます。関係者から「消せ!」という批判、ご指示がなければ載せておきます。

(@nifty動画は、画像と映像がずれる、音が飛ぶ、速度が変化するなどの不安定な面が多いため、YouTubeにもアップしました。こちら↓をご覧頂いた方がいいように思います)
「YouTubeに公開した『式典タンホイザー』演奏」をご覧ください。


会場の希望ホールホワイエでは、その他の芸術文化団体の展示が行われていました。
Photo_9Photo_10Photo_11

鵜土河原人形を作成したグループ、くみひもの展示、切り絵、生け花、などなど素人の作品とは思えない力作が並んでいましたが、個人的にもっとも興味を持ったのはFさんとSさんによるガラス工芸作品でした。ジョンダーノ・ホールのチェンバロの脇に置きたくなる様な魅力的なランプなどもありました。

〜〜〜〜〜

式典終了後、某所にて、芸術文化協会関係者、市関係者、式典準備関係者、出演者などなど120名を超える参加者で祝賀会が盛大に催されました。ここでもまた「夜明けのうた」や「ふるさと」の大合唱。すべてが合唱側のペースで華やかに進み、オケ関係者はややあっけにとられていました。

まずは一つクリアし、次は11/21の定期演奏会に向けての準備が中心になります。

|

« 明日は市民芸術祭開幕式典 | トップページ | 明日は遊佐でソルノク響、ほか »

コメント

芸術祭開幕、御目出度うございます!

小鳥のお面、似合ってますのぅ(^_^)
ピーターのお爺さん、確かに標準語より庄内弁のほうが味わい深い気がします。
佐々木亜希子さんとは、9/10鶴岡まちなかキネマでの「牛の鈴音」バリアフリー上映の際にお会いできました。

タンホイザーのみならず、美しく青きドナウまで!
重量級の曲が多くて、合唱団もタイヘンだったでしょうね〜
ブラボーが飛ぶのもわかりますのぅ♪

投稿: 田中宏 | 2010.09.15 20:21

田中宏様、コメントありがとうございます!
そうでしたね。鶴岡のまちなかキネマで「牛の鈴音」上映に出演するとおっしゃっていました。まちなかキネマは、三川町のIシネマよりも雰囲気が良くて好きです。

合唱団は個々に練習を積まれ、合同練習も数回、そしてオケとの合わせ練習はつごう3回やりました。もちろん寄せ集めの問題点はたくさんありますし、練習も十分とはいえない面がありましたが、やはり200名近い大合唱団の発する「人の声」という楽器はヘタなオケの演奏を超越するものがございましたのぅ。

鶴岡の合唱とも一緒にやれる機会があるといいですのぉ。

投稿: balaine | 2010.09.16 04:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/49432193

この記事へのトラックバック一覧です: 酒田市民芸術祭開幕式典に出演:

« 明日は市民芸術祭開幕式典 | トップページ | 明日は遊佐でソルノク響、ほか »