« 冬の気配すら感じるこの頃 | トップページ | 工藤重典フルート・リサイタル〜バロック音楽の楽しみ〜を愉しむ »

2010.09.26

サロン・コンサート第10回、終了しました!

平成22年9月25日(土)午後3時半、拙クリニック「ジョンダーノ・ホール」は開場を待ちかねた方がぞくぞくと、、、とまでは言えないものの、開演時間の4時前には空席はわずかとなりました。

Q_2まずは今回のプレトーク担当、セカンド・ヴァイオリン駒込嬢が本日のプログラムの解説。
服部公一さんご本人から曲について直接説明を受けたエピソードを披露。「文楽」などを意識して書いた部分などについて、「ここはさ〜、もっとカブイてよ〜」などと指示されたりしたそうです。
ベートーヴェンの「挨拶」については、後の人がこういうタイトルをつけるに際し、上流階級の挨拶、そのポージングなどに対してやや斜に構えるように「ふふん、、、」と感じていたことが曲想に現れているのでは?という話には曲を聴く前に納得。

Qまずは、ハイドンの有名な「ひばり」から。
ファーストヴァイオリンの中島さんの美しく艶やかな音がホールに響きます。セカンドヴァイオリンは内声やユニゾンを担当するだけでなく時に主張します。ヴィオラといえば「鼻の詰まった様な」と評されたりするのですが、倉田さんの音は柔らかくでも時に主張し時に「ヴァイオリンの音?」と思う様な
輝きのある音が現れます。茂木さんのチェロはカルテットの芯、ベースを支えつつ時にリズミカルに弾みます。

Q_3この季節、室内楽演奏には向いています。開場までエアコンはドライにしていましたが、本番中はオフにしていても暑くも寒くもなくちょうど良い感じ。

Q_5心弾むハイドンの後、「服部公一の弦楽四重奏のための二楽章」。プレトークで聞いた通りの日本的な要素がふんだんで、難解さも奇抜さも少なく楽しい演奏でした。


Q_4ベートーヴェンの「2番」は、確かに優雅な印象を持ちながら、プレトークで言われたようにどこかで冷ややかに「ふふん?」と冷静に上流階級の人のうわべだけの挨拶を見ている様な感じがします。プレトークの説明を聞かなければまた印象が違ったかもしれませんが、いずれにしろ、ラズモフスキーや後期の弦楽四重奏曲に比べると、ベートーヴェンにしては簡潔な印象がありますが、「さすがベー様!」と思わせるところが随所に出て来て楽しめました。

Q_6主催側のbalaine&kanonを除いて41名のお客さんから盛んな拍手。土曜の遅い午後、心躍る様な演奏に元気を頂いたと思います。
たくさんの拍手に応えてアンコール。
1曲目は、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第3番の第3楽章。来年の春?になると思いますが、山形Q庄内(定期)演奏会の第3回で演奏する予定の曲からの抜粋という事でした。
もう1曲。過去の演奏会でも取り上げている日本民謡編曲版。
最後に、年齢や音楽的背景に無関係にみんなに取っ付きやすい曲でしめて頂きました。

お帰りになるお客さんを演奏直後全員でお見送りするのは、文翔館での定期演奏会と同じスタイル。また来年、『ジョンダーノ・ホール」でお会いしましょう、という感じです。

市民オケの定時の練習があるため、我々夫婦とカルテットの4人の6人だけでこじんまりと打ち上げ。
近くの「めだか」は、お酒持ち込み自由との許可を得て、楯野川や鯉川やお客さんからプレゼントされた上喜元など地元のお酒で、おいしい料理に舌鼓を打ち、いろんな会話で盛り上がり。
〆の「メダカ」自慢の美味しい蕎麦を頂いた時には午後9時半を回っていました。
4人は、お酒を飲まずに我慢したチェロの茂木さんの運転でお帰りになりました。

今回もやってよかったサロン・コンサート。主催者特権でヴィデオや写真もたくさん撮らせて頂きました。次回は来年の2月に、、、という計画案なども話し合いましたので、それへ向けて準備をして行きたいと思います。

山形弦楽四重奏の皆さん、素晴らしい演奏をありがとうございました!
またよろしくお願いしま〜す!!!

メンバーのブログ記事を紹介させて頂きます。
「らびおがゆく Vol.3」山形弦楽四重奏団庄内演奏会Vol.2終了。
「★だちゅのにっき★」庄内演奏会vol.2終了!
(他のお二人は記事がアップされたらここにリンクさせて頂きます)
「中爺通信」第2回庄内演奏会。
「茂木日誌」庄内演奏会終了。

|

« 冬の気配すら感じるこの頃 | トップページ | 工藤重典フルート・リサイタル〜バロック音楽の楽しみ〜を愉しむ »

コメント

良い演奏会になったようですね。診療の合間をぬっての準備、お疲れ様でした。庄内演奏会が定着すると、室内楽ファンが増えそうですね(^o^)v

投稿: narkejp | 2010.09.26 19:43

未来から愛の文化芸術をお伝えしたくてご挨拶に参りました。

本来の芸術には愛の源が表現されています。

あなた自身が表現された神(源)なのですから

それを顕してゆくには、本物の舞台が必要です。

神の舞台にはひとつという愛が満ち溢れ

その愛は世界をひとつにして行く流れとなり

日本から新たな都を誕生させ

温かな未来を感じて頂けることになるでしょう。

10月1日 名古屋にて舞台イベントを開催します。

それでは、皆様とお会いできる日を楽しみにしています。

※詳しいお問い合わせ等はこちのURLをご覧下さい。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~god/nagoya_ibento.html

スタッフのTORUよりお知らせでした。

投稿: TORU | 2010.09.26 19:56

narkejpさん、コメントありがとうございます。
言い古された言葉ですが「継続は力なり」を実践するのみです。そのために最も大切なのは健康と平和ですね。あとは「愛」でしょうか。(笑)

投稿: balaine | 2010.09.27 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/49564545

この記事へのトラックバック一覧です: サロン・コンサート第10回、終了しました!:

« 冬の気配すら感じるこの頃 | トップページ | 工藤重典フルート・リサイタル〜バロック音楽の楽しみ〜を愉しむ »