« 夏の音楽の祭典目白押し、ほか | トップページ | 明日はアフィニス酒田公演、そしてチラシ作り »

2010.08.20

山形弦楽四重奏団庄内演奏会Vol.2〜第1報〜

山形市を中心に、弦楽四重奏の活動を続けて10年を迎えた「山形弦楽四重奏団」

山形市の文翔館議場ホールを「定期演奏会」の会場として年4回の活動を「継続」しています。途中のメンバーの交代などありながら、ハイドンの弦楽四重奏曲全曲演奏という目標を掲げて演奏を続けている、貴重な存在です。

Qその活動を庄内にも広げて頂きたいと考え、今年の2月20日に「サロン・コンサート第7回」として「ジョンダーノ・ホール」に初登場頂きました。
(写真は終演時。今度は演奏中の写真も撮ろうと思います)

大勢のお客さんの熱気で一杯となりました。
勝手な印象ですが、庄内の聴衆が弦楽四重奏というジャンルに飢えていたように感じました。終わったあとのお客さんの満足げでやや興奮した様な表情が心に残っています。


ということで、「山形弦楽四重奏団庄内演奏会Vol.2」の告知第1弾です。

日時:平成22年9月25日(土)、開場15:30 開演16:00
会場:くろき脳神経クリニック「ジョンダーノ・ホール」

プログラム(予定)
・L.v.ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第2番 ト長調 op.18-2「挨拶」
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ニ長調 op.64-5「ひばり」
・服部公一 弦楽四重奏のための二楽章(1974)

入場料:一般1,500円、学生800円(当日それぞれ2,000円、1,000円)(予定)

です。

これからチラシを作って8/22のアフィニスに間に合わせなくては。。。

〜〜〜〜〜
Photo今日の夜は金星と火星が大接近するのだそうです。というかこの時間にはすでに西の空に没しはじめと思われ。。。
これは昨晩の写真。うちの庭から見た西の空に、金星と火星が肉眼で観測出来ました。
土星も一緒に見えるらしいですが、隣家が邪魔で見えなかったようです。


Photo_2こちらは昨晩の夜遅く、天上には「夏の大三角」が。
こと座の「ヴェガ」、わし座の「アルタイル」、そしてはくちょう座の「デネブ」。
お隣り仙台のJ1チーム「ベガルタ仙台」は、仙台七夕にちなんで「ヴェガ(ベガ)」と「アルタイル」をくっつけて作ったチーム名。

ちなみに、J1リーグ2年目で大健闘中(現在9位、なんと浦和レッズより上!)の「モンテディオ山形」は山という意味のイタリア(ラテン?)語の「モンテ」と、「神」という意味の「ディオ」をくっつけたものです。

昨晩、天体観測、写真撮影を行っていて思ったこと。
住宅街では明かりが邪魔になる、それ以上に雲が邪魔になるので、雲一つない、月の出ていない夜空が観測の最低条件だということ。当たり前か。。。


|

« 夏の音楽の祭典目白押し、ほか | トップページ | 明日はアフィニス酒田公演、そしてチラシ作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/49200850

この記事へのトラックバック一覧です: 山形弦楽四重奏団庄内演奏会Vol.2〜第1報〜:

« 夏の音楽の祭典目白押し、ほか | トップページ | 明日はアフィニス酒田公演、そしてチラシ作り »