« 終戦(?)記念日、その他のこと | トップページ | 夏の音楽の祭典目白押し、ほか »

2010.08.17

アフィニス夏の音楽祭2010山形レセプション

8/16まで休診にしたので、悪天候の中、山形まで行って来ました。
Photo会場の山形グランドホテルの2階「サンリヴァ」は、スタッフ、ヴォランティアも含めて200人を超える参加者で賑わっていました。
写真は、レセプションの開会時の挨拶。
吉村山形県知事、市川山形市長、アフィニス財団代表の挨拶、山形大学結城学長の乾杯の発声で楽しい宴となりました。

山形新聞の記事から抜粋
「 17日に開幕する「アフィニス夏の音楽祭2010山形」の交流レセプションが16日夜、山形市の山形グランドホテルで開かれ、国内外のオーケストラからの参加者を、地元関係者が歓迎した。
 約250人が出席。吉村美栄子知事、市川昭男山形市長のあいさつに続き、主催者・アフィニス文化財団の涌井洋治理事長が「海外の演奏家を講師に、目覚ましい充実ぶりを見せる山形交響楽団をホストオーケストラに迎えた」、音楽祭音楽監督で東京都交響楽団ソロコンサートマスターの四方恭子さんが「初心に帰ってもう一度勉強できる機会」と述べた。
 「山形おきたま【愛】の武将隊」のパフォーマンス、やまがた舞子の踊りもあり、ムードを盛り上げた。海外の講師たちがステージ上で一人一人紹介され「山形について知り、新しい友達と出会いたい」などと抱負を語っていた。
 国内のプロオーケストラ楽団員を対象にした音楽祭。1989年に長野県飯田市でスタート、昨年から広島、山形両市で交互開催している。今年は山響をはじめ24楽団の46人が、海外の一流オーケストラ首席奏者クラスの講師と文翔館(山形市)などで室内楽中心の課題曲を練り上げる。成果は演奏会で披露する。」

Photo_2上記記事にある「山形おきたま【愛】の武将隊」のパフォーマンス。
甲冑に身を包んだ「サムライ」はインパクトありそうなのだが、ワヤワヤした立食形式のため、それぞれに食べ物や飲み物を求めて動いたり、そこここで談笑しているため、ステージ真ん前の一部にしかあまり注目されていなかった様子。
写真を撮った私も、何が行われているのか理解出来ず。日本語でのパフォーマンスなので外人さんに通じたかどうかは疑問です。

Photo_3こちらは「やまがた舞子」6人による踊り。
つい先日、山形テルサで山響の演奏をバックにやまがた舞子が踊るという企画(「紅藍物語」の記事)をやってのけた仲なので、飯森音楽監督が挨拶され「今日は舞子さんを呼んでいます」と紹介後、ステージで2曲演舞を披露。

Photo_4この6人の舞子さん、6/17の夜に「日本脳ドック学会」の会長招宴が四山楼で開かれたおり、お会いして来ましたので、その写真などを胸に偲ばせ、踊りの後、各テーブルにお酌に回って来た彼女達と談笑。
蛍さんと音華(ののか)さんとはいろいろお話し、彼女達の可憐さ、美しさにテンションの上がったワイフはツーショット写真を撮っておりました(ここでは公開出来ません)。

Photo_5「アフィニス夏の音楽祭」の主役は、ホストの山響と全国のプロオケ団員達。そして世界中(と言っても主にドイツとアメリカ)から講師として参加している、著名オケのコンマスや首席クラスの方々達です。
挨拶はドイツ語が多かったのですが、ちゃんとドイツ語通訳も用意してありました。ただ、いかんせん立食パーティでごちゃごちゃわやわや感が消えず、何を言っているのかほとんど聞こえませんでした。

最初は、ワイフの軽自動車で行ってお酒を呑んで来るつもりだったのですが、悪天候(雨、風)の上、ワイフは着物なので、私の車で往復しました。よってアルコール禁なのでウーロン茶とジュースを飲んでいました。

ハンブルク北ドイツ放送交響楽団首席フルート奏者のヴォルフガング・リッターさんとお話もしました。舞子の演舞を見た後に、「こういう伝統的な音楽と、クラシック音楽のどちらを聴く機会が多いのか?」と質問され、特殊なoccasionでのみこういう演舞を観ること、クラシック音楽はその愛好家にとっては日常のものであることなどお話しました。
山響フルートの足達先生の弟子だと説明したら、「じゃ、君はニコレの孫弟子なんだね」と言われてしまいました。。。ははは


今日から音楽祭が開幕。
山形市内を中心に、アンサンブルの練習を公開。セミナーや小さなコンサートも行われます。
音楽祭参加者46名、講師、そして山響が合同オケとして8/21(土)に山形県民会館で、そして8/22(日)には酒田市民会館「希望ホール」でコンサートが開かれます。

山形新聞の本日の記事に練習風景のレポートが載っていました。
こちらをご参照ください。

|

« 終戦(?)記念日、その他のこと | トップページ | 夏の音楽の祭典目白押し、ほか »

コメント

balaine先生、昨日はお世話様でした!
とても楽しかったですね!!

昨日、あの後もサンリバを出たホールで初見セッションがあり、皆で飲みながら飛び入りで演奏してらっしゃいました。
世界のプロの演奏を、こんなに間近で・・・ビールを飲みながら聴けるなんて贅沢・・・☆
午前様ですっかり今日は二日酔いの仕事始めでございました。(^^;
こういう音楽祭、もっともっと市民に周知して街全体がお祭りになればいいんですけど・・・第一回だからしょうがないですかね。
希望ホールでのひでおも楽しみにしております!!

投稿: まーちゃん♪ | 2010.08.17 21:19

まーちゃんさん、飛び入り演奏!私も参加したかったです。聴く方ではなく演奏する方でね。(^^)
今後もJTがしっかりしていれば、2年に1回続くのでしょうから、10年位かけて定着するものではないでしょうか。
8/22、よろしくお願いしますね。
私も楽しみです。

投稿: balaine | 2010.08.18 13:36

こんにちは。
昨日アフィニスに1日はりついてました。
レセプションにいらしていたのですね。娘もそこにいたのです。わかっていたらご挨拶できたのに残念でした。
昨日はセミナーの他、リッター氏のワークショップを聴講していました。
とてもおもしろいレッスンで、さすがの音でした。
みなさんもプロですからすごくお上手でしたが、さらに上をいく音なので驚きました。
時間をオーバーしての白熱したレッスンでしたよ。
24日かな?娘も酒田まで行くといっていました。みかけたら頭に異常がないか調べてみてください(笑)

投稿: かおる | 2010.08.19 17:01

かおる亭様、お久しぶりです。ようこそいらっしゃいました。今、貴ブログにお邪魔して来ました。
酒田なので残念ながらアフィニスのセミナーやミニコンサートが観に行けないのですが、少し雰囲気が分かりました。
スタッフ以外、観客一人って、、、
酒田での合同オケは8/22です。私もこちらの実行委員なので、探してもらえば分かると思います。家内ももちろん聴きに行きますよ!
ではでは。

投稿: balaine | 2010.08.19 18:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/49169988

この記事へのトラックバック一覧です: アフィニス夏の音楽祭2010山形レセプション:

» 兼続・義光・慶次が手を取り愛の武将隊 [ローカルニュースの旅]
上杉家重臣の直江兼続、初代山形藩主最上義光ら山形県ゆかりの戦国武将ら5人による「山形おきたま愛の武将隊」が活動を開始し、米沢市を拠点に観光PRを続けている。愛の武将隊は「歴史上は敵同士の上杉と最上が手を組み、東北の雄を目指す」と、仙台市に登場した「伊達武将隊」にも対抗心を燃やす。... [続きを読む]

受信: 2010.09.02 14:10

« 終戦(?)記念日、その他のこと | トップページ | 夏の音楽の祭典目白押し、ほか »