« 日曜日、はたらく | トップページ | コンサート目白押しです »

2010.05.24

サロン・コンサート第9回の告知;第1弾

「ジョンダーノ・ホール」で開催する次回のサロン・コンサートは、7月3日(土)です。

Photo_2ご登場頂くのは今年で3年連続3回目となる、国立市在住のフルート奏者、上坂学氏。
(写真は昨年のコンサートから)
1997年から「フルート・クライス」という日本最大級のインターネットサイトを主宰して14年。総アクセス数は113万を超えるお化けサイトです。

フリーのフルート奏者として数々の演奏会をこなし、同時にフルート教室主催者として多くの弟子を抱え、時には国立音大の同級生である札響の首席フルート奏者森圭吾氏に呼ばれて札響の演奏会に出没したりと、まさに八面六臂の活躍をされています。

Photoそんな多忙な上坂学氏に酒田に来て頂けるのは本当に幸せ。
私が弟子の末席に加えて頂いていることも一つの理由だが、東京、大阪では各10回以上、金沢でも3回開催している『フルートを楽しもう!』シリーズを酒田でも開きたい、と思ったことが一番の理由。

勝手に「酒田場所」と銘打って、大相撲の巡業のように(東京場所、大阪場所、金沢場所、そして酒田場所)御大上坂氏に来て頂くという趣向。

今年のプログラムが決まったので、そろそろチラシ作りを始める予定。
1)フルート2本+Pfで、古典の定番、チマローザの協奏曲ト長調(私も出演します)。
2)ヘンデルのe-moll HWV.359b(旧作品番号Op.1,Nr.1b)、家内がチェンバロで参加。
3)名曲シリーズ:「アルルの女」、ゴセックの「ガボット」、「歌の翼」、フォーレの「シチリアーノ」(例年通り白澤美知子さんのPf伴奏)
4)+アンコール(秘密)
ということで、2曲+小品4曲で、7/3の16時から一時間強の「プロムナード・コンサート」を予定しています。

090613_sakata2_008bコンサートの前から、または平行して、酒田市出身のムラマツ新宿店修理室長を務める伊藤史安氏による「楽器診断&無料調整会(予約を推奨)」を行います。伊藤さんは、海外のフルーティストが日本に来た時にその楽器調整を担当する程、世界中のフルーティストから信頼されている方なのです。

090613_sakata2_011コンサートが終わったら、休憩時間を兼ねて、世界に冠たるムラマツフルートの試奏会です。14金、18金という憧れの楽器に触って自由に吹くことが出来ます。
(写真は上坂氏のブログより)

その後は、これぞ「酒田場所」たる所以のフルート奏法講習会です。
クライスのサイトで「フルートなんでも質問箱」というコーナーを地道に続けて来られた上坂氏。自身の教室の生徒さんはもちろんですが、ネット世界の見ず知らずの人々の、時には首を傾げる様な質問にも懇切丁寧に答えて来られました。そのノウハウ、経験を生かした『フルート基礎奏法概論』も公開されていますが、これを直接「伝授」頂くのが「酒田場所」の主目的なのです。

フルートを持ったばかりの初心者から、ある程度腕に覚えのある初級中級者、そしてソロ・リサイタルやオケでの演奏会出演経験のある中上級者など、あらゆるレベルのフルート吹きに対応して丁寧に教えて下さいます。

H16年だったと思いますが、私が「東京場所」に初参加した際に、「音階は音楽だ」と教えて頂き、普段の練習から「音楽」を心がけることの意味と大切さを教えて頂き、奏法と含めてまさに「目から鱗100枚!」状態。ある意味ショックを受けました。
これを山形の笛吹にも、庄内の笛吹にも体験してもらいたい、そしてフルートってこんなに簡単で楽しい楽器なんだということを広めたい、というのが上坂先生とともに『フルートを楽しもう! in 酒田』(通称「酒田場所」)を始めた私の願いでもあります。

ですから、中学、高校の吹奏楽部の生徒さんや、素人で独学でフルートを始めた様な方々は大大大歓迎!!!なのです。どうぞ楽しみにして下さいね。

|

« 日曜日、はたらく | トップページ | コンサート目白押しです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/48448162

この記事へのトラックバック一覧です: サロン・コンサート第9回の告知;第1弾:

« 日曜日、はたらく | トップページ | コンサート目白押しです »