« サロン・コンサート第9回の告知;第1弾 | トップページ | サロン・コンサート第9回の準備 »

2010.05.25

コンサート目白押しです

庄内でのコンサートの情報。

まずは明後日5/27(木)は「横山幸雄ピアノリサイタル」。
希望ホール大ホール19時開演です。
横山さんはピアニストとしてはもちろん、上野学園大学の教授として後進の指導にも意欲的で、最近ではヴァン・クライバーン・コンクールで優勝した辻井伸行氏を指導した事でも有名になりました。
ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」や「熱情」もあるそうで、楽しみです。

Photo来週6/2(水)は、「漆原啓子ヴァイオリン・リサイタル」。
遊佐町の遊佐町生涯学習センターホール(旧遊佐町中央公民館)で、19時開演です。
H16年の酒フィル定期で、ラロのスペイン交響曲のソリストでいらした時に共演した漆原さん。?億円というストラドを携え、世界的な活躍をなさりながら、とてもフレンドリーな音楽家です。

6/6(日)は、山形交響楽団庄内定期の第15回鶴岡公演
前日の山形テルサ公演「モーツァルト定期」第10回と同じプログラム。
鶴岡市文化会館ホールで16時開演。
目玉は2曲目のクラリネット協奏曲。ソリストは団員の牧慎一さん。鶴岡在住と聞きます。
先日お亡くなりになられた特別首席チューバ奏者の松下晃一さんが病室でよく聴かれていたというクラリネット協奏曲の第2楽章。天上の音楽、です。
響きがデッド過ぎで椅子の座り心地が最悪の鶴岡の文化会館というのがちょっと残念です。


コンサートを聴くにはチケットを買わなければなりません。
プロが演奏するコンサートですからチケット代相応の価値があるのは当然ですが、あまり高いチケットは売れない庄内地方ですので、各コンサートともかなりお得な値段設定です。

5/27の横山さんのピアノリサイタルは、一般3,000円の全自由席。
6/2の漆原さんのヴァイオリンリサイタルは、一般2,000円の全自由席(なんと小中高校生は無料!です)。
6/6の山響鶴岡公演はA席(指定)で4,500円、学生席で2,000円。

響きの素晴らしい希望ホール大ホールで、横山さんが鳴らすシュタインウェイ、漆原さんが奏でるストラディヴァリウス、そして今充実している山響のモーツァルト定期がこのお値段で聴けるのは大変幸せです。しかしながらわずか10日あまりの日程に集中しているため、すべてのコンサートに行くと9,500円、夫婦で18,000円かかってしまいます。庄内定期は会員チケットなので二人で4,000円(会員でなければ二人で9,000円!)で聴けるので、実際は夫婦で13,000円ですみますが、なかなかの出費です。

遊佐の会場は250席程度と小さいので大丈夫でしょうが、酒田市民会館希望ホールと鶴岡市文化会館ホールはまず満席になる事はないでしょう。総人口30万人程度の庄内地方でクラシックのコンサートで1000名以上入る事は、残念ながらよほどの有名人でも来られない限りはまずありません(H16年の小沢征爾指揮新日本フィルの時は、約10倍の競争率のハガキ抽選でしたが)。実行委員会が頑張っても7,800名入ればいい方だと思います(山形テルサで800入ればほぼ満席)。山響鶴岡公演は日曜日の午後なので少しは期待できますが。。。

しかし東京周辺でこの顔ぶれのコンサートを聴こうと思ったらこんなチケット代では済まないでしょう。その幸せを感じながらしっかり楽しみたいと思います。

|

« サロン・コンサート第9回の告知;第1弾 | トップページ | サロン・コンサート第9回の準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/48459739

この記事へのトラックバック一覧です: コンサート目白押しです:

« サロン・コンサート第9回の告知;第1弾 | トップページ | サロン・コンサート第9回の準備 »