« 久しぶりの「寝て曜日」? | トップページ | これからの演奏会 »

2009.11.03

文化の日「市民音楽祭」

酒田市の市民音楽祭は今年で第52回目とのこと。
私と同じ年ということになる(途中で中止などがなければ)。

今回、酒田フィルの出番は最後の最後、全合唱団と酒吹との合同でワーグナー作曲 歌劇『タンホイザー』から「大行進曲」。実は昨年もやった演目。「タンホイザー『大行進曲』」をご覧下さい。

午後2時開演で、前半10団体(合唱が中心だが、ギターや弦楽合奏もあり)、後半8団体の出演。
Photo休憩時間には、ホワイエで酒フィルのチェロから5人でロビーコンサート。チェロだけ5本の渋い、柔らかな演奏を市民は楽しんでいました。

いよいよ最後の最後、18番目が酒田フィルハーモニー管弦楽団と酒田飽海地区合唱団による演奏。
昨年は、バンダをステージ下手に立たせて演奏しましたが、今年はできれば2階席、バルコニーから演奏したいと考え、酒吹のトランペット奏者6名が参加して下さいました。

Photo_2Photo_3写真は家内が2階席前の方から撮ってくれたのですが、左右のバルコニーのバンダが一緒に収まる角度ではなかったため、2枚に分けて撮影。

最初にバンダのファンファーレが始まった時、1階席の観客達は「え?!何事?」と言う感じで、左右のバルコニーを見上げていました。ファンファーレが頭上から降り注ぎ、残響の長い「希望ホール」の中をコダマして見上げるとそこにはラッパを吹く人たちが。
これだけでかなりドラマティックな視覚・聴覚効果があったのではないかと想像します。

Photo_4メインは大合唱による「大行進曲」。
合唱団の女性の衣装から数えて少なくとも10団体以上の混成合唱。
酒田フィルは、つい9日前に定期演奏会で燃えた後でもあり、やや参加が悪く、酒吹さんからチューバはもちろん、トロンボーン、ファゴット、そして打楽器に出演頂きました。
弦はすべて自前のトラなしというのは珍しい感じ。

演奏がどうだったのかは、お客様の感想を聞いていないので分かりませんが、酒田市民による音楽団体が18も出演して3時間弱に及ぶ「第52回市民音楽祭」は楽しく幕を下ろしたのでありました。

〜〜〜〜〜
今日のオマケ
先日初めて行った「ぷちぽあ」に先の土曜日にランチに行きました。
Photo_5家内は土曜日のランチセット。
鶏肉のソテー、赤ワインソース。お肉の火加減が絶妙で赤ワインの香りと酸味が食欲をそそります。

Photo_6私はハンバーグランチ。
そういえば、外食でハンバーグなんて久しぶり。ミンチのお肉は、ステーキや豚カツなどより格が落ちる感じがしますが、こういう「手を加えた」料理こそそこの料理人の腕が分かるのではないでしょうか。
お昼ご飯らしくやや小さめのヴォリュームですが、実にオーソドックスなハンバーグでした。ソースも何も奇抜な所のない、いわゆる普通に美味しいソース。食べていてホッとする様な味です。ランチとしてはこの二人分(食後にコーヒーがついて)で1600円というのはお得感もあります。
一昨日のブログ記事に載せたラーメンが2つで「ぷちぽあ」のランチ2人分よりも高いのですから。


さて、次は11/15(日)のコーロ・プリモの演奏会への出演に向けて、ピッコロの特訓をしなくては!

|

« 久しぶりの「寝て曜日」? | トップページ | これからの演奏会 »

コメント

欠席組です。申し訳ありませんm(_ _)m
昨日浜松から帰って来ました。マエストロにも会えました。

本番前日の交流会の指揮者挨拶の時、井崎さんから黒岩さんにバトンタッチする際、何やら二人で言葉を交わしていたのですが…。
黒岩さんがステージに上がって内容がわかりました。「先週、東北の小さい街でコンサートがあって井崎さんが指揮なさったんですが、息子が勉強のため行きまして。すごくいい演奏会だったと言ってたので、今お礼を言ってたところなんです。」
思いがけないところで酒フィルの話題が出たのでした。その後のパート別懇親会で、あれはうちのオケのことなんです~と思わず宣伝してしまいました。

投稿: librarian | 2009.11.03 22:14

オケと吹奏楽と一緒にタンホイザーの大行進曲・・・合唱畑の人間としては憧れますねえ〜(^^)いいなあ。

チェロ5本のアンサンブルもいいですね。低弦楽器好きなので、ベルリン・フィルの12人のチェリストたちも聴きに行ったことありますが(盛岡に)、あの響きには癒されます。

定演が終わってもお忙しいbalaineさん、どうぞ無理されませんように。

投稿: えがお | 2009.11.03 23:21

librarianさん、お疲れさま。
やっぱり、黒岩さんと井崎さんの間で、会話がありましたか。予想していました。
ピアニストの息子さん、イケメンでしたね〜。
山響の第200回記念定期でお会い出来るかも。

投稿: balaine | 2009.11.03 23:57

えがおさん、コメントありがとうございます!
全然「無理」してませんよ。(笑)
病院勤務医で当直、急患、緊急手術していた頃に比べれば、体力的には楽なものです。
自分の好きな事、やりたい事をやって忙しいのは幸せな事だと思っています。

投稿: balaine | 2009.11.03 23:59

うふふ、[壁]‥) チラッ

バンダに思わず反応してしまいました!初めて見た・・・ヽ(*≧ε≦*)φ
希望ホールのバルコニーの響きを想像するだけでうっとりです。

12月の山響定期は希望ホールで聴きたいものです♪

投稿: まーちゃん♪ | 2009.11.05 01:13

まーちゃん♪さん、コメントありがとうございます。
ブダペストのオペラハウスで「タンホイザー」を観た時には、舞台に一番近い3階のバルコニーからバンダが鳴っていました。オペラハウスですと、希望ホールの写真で言えば下手上手のステージ袖の真上にバルコニーがある感じなのですよ。
金管大好きのまーちゃん♪さんには、先日の酒フィルのドヴォ7を聴いて頂きたかったです。4楽章のフィナーレなどはきっと大興奮です。H23年3月の山響第211回定期まで待つしかありませんねぇ。
12月の「シベ2」も日曜日ですから是非希望ホールでもお聴きください。時間に余裕があれば「ジョンダーノ・ホール」でG7でも弾いて行ってください!
せばの。

投稿: balaine | 2009.11.05 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/46663386

この記事へのトラックバック一覧です: 文化の日「市民音楽祭」:

« 久しぶりの「寝て曜日」? | トップページ | これからの演奏会 »