« 東北の夏祭り | トップページ | ジョンダホールではありません!(笑) »

2009.08.08

「ブランデンブルク協奏曲」

Photo(写真は、希望ホールのトップページからDLしたpdfの写真)
8月15日(土)、16日(日)に、酒田市の「市交流広場」(本間病院向かい)と中町の「さかた街なかキャンパス」で開催される「2009酒田希望音楽祭『街かどコンサート』」(「街なかキャンパスの」の方は8/16の午後のみ)。

Photo_38/16の13:30から「市交流広場」の方に、酒フィルメンバーによるアンサンブルで出演します。
プログラムの2番目「弦楽アンサンブル」の『ブランデンブルク協奏曲第6番』には家内がチェンバロで出演。
プログラム5番目(オオトリ)「弦楽アンサンブル」の『ブランデンブルク協奏曲第4番』には私がフルート、家内がチェンバロで出演致します。

これを機に「ブランデンブルク協奏曲」についてちょっと調べてみました。

〜〜〜〜〜

「ブランデンブルク」といえば、おそらく一番有名なのはベルリンに今も残る「ブランデンブルク門」だと思います。大バッハが作曲した6曲の合奏協奏曲に「ブランデンブルク」の名前がついているのは、この「門」と無関係ではありません。

当時はまだ「ドイツ」という国はなく、神聖ローマ帝国の時代。現在のドイツ国首都ベルリンを含むブランデンブルク州とポーランドの一部はかつてブランデンブルク辺境伯領と呼ばれていました。そのブランデンブルク辺境伯領の西隣に当たる現在のザクセン=アンハルト州にある「ケーテン」という街で大バッハは仕事をしていたのです。ケーテン侯レーオポルトの宮廷楽長として、1717年から1723年までここに暮らしていた訳です。
ケーテン候は音楽好きで自らも演奏を好むため、バッハはケーテン侯も交えて演奏できる曲などを作っていました。ところがケーテン侯のお妃となった女性がなぜか音楽嫌いで、そのため侯の音楽熱も冷め楽団も縮小解散の憂き目に合うのです。そこで就職活動の一環として、「いくつもの楽器による協奏曲集」(Concerts avec plusieurs instruments)と記されていた6つの楽曲をブランデンブルク=シュヴェート辺境伯クリスチャン・ルートヴィヒに献呈したものとされています(1721年5月24日に献呈されたという記録あり)。
後の世になってこの6つの楽曲に「ブランデンブルク協奏曲」(Brandenburgische Konzerte)という曲名が付けられたのですが、番号は後から付けられたものであり、作曲された順番は第6番、第3番、第1番、第2番、第4番、第5番とされています。第3番と第6番はケーテン時代の前のヴァイマル時代にさかのぼると推測され、第1番以降については楽器編成や高い演奏技術が求められることなどから、ケーテンの宮廷楽長に就任してからの創作と考えられています。

最も有名で、6曲の中では最後に作曲されたと見られる第5番については、大バッハがベルリンに注文しておいたチェンバロを受け取りにいったと言う記録があり、新しいチェンバロを前にバッハが作曲の腕をふるい、有名な第1楽章のチェンバロ独奏部はチェンバロのお披露目を意図して後に改変されたものと考えられています。これがチェンバロ協奏曲の端緒となり後の世の「ピアノ協奏曲」に繋がったものと考えることができる、貴重な楽曲なのです。

今回「街かどコンサート」で披露する曲は、6曲の中で最も早く作曲された2本のビオラを独奏楽器とする協奏的合奏曲の6番と、1本のソロ・ヴァイオリンに2本のフルート(本来はリコーダー)の二重奏ソロが絡みある4番です。
6番は、ケーテン侯にビオラ・ダ・ガンバを演奏してもらって一緒に演奏したらしく、チェンバロもそれほどの技巧を要さない通奏低音楽器として他の楽団員が弾いていたのだと思います。
4番は、バッハがビオラを弾きながら指揮をしたという記録があるそうです。凄い技巧を要するソロ・バイオリンを弾きこなせる宮廷音楽家が仲間にいたということになります。

大バッハの時代が再現できるとは思いませんが、今回の「街かどコンサート」ではいつも「ジョンダーノ・ホール」に置いてある家内のチェンバロを運んで、それを家内が演奏します。チェンバロが入ると単なる弦楽器アンサンブルの雰囲気がガラリと変わるのもお楽しみ頂けるのではないかと思います。

酒田周辺の方で、8/16(日)の午後、時間に余裕のある方は是非「酒田市交流広場」にお越し下さい。お待ちしております!

|

« 東北の夏祭り | トップページ | ジョンダホールではありません!(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/45865258

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブランデンブルク協奏曲」:

« 東北の夏祭り | トップページ | ジョンダホールではありません!(笑) »