« 「観るな!危険!」 | トップページ | 「ブランデンブルク協奏曲」 »

2009.08.07

東北の夏祭り

本日は暦の上では「立秋」です。
東北は「梅雨明け」宣言もないままに、「残暑」の季節を迎えました。

8/1から弘前のねぷた、8/2から青森のねぶた祭が始まり、8/3からは秋田の竿燈、8/5からは山形の花笠まつり、今日8/7からは仙台の七夕まつり、、、と各地で夏祭り真っ盛りである。
県庁所在地で行われる大規模な、歴史と伝統のある祭りを取り上げて「東北三大夏祭り」とか「四大祭り」と呼び習わす。この中で、山形の花笠まつりは歴史も浅く、伝統も今ひとつはっきりしない。
尾花沢市の笠回しは動きが激しく有名だが、この尾花沢の土木作業の時の「土突き歌」が花笠音頭の起源と言われている。

この花笠音頭は、覚えやすい節回しのせいか、全国的に良く知られていて、小学生のbalaine少年も福岡時代か倉敷時代には耳にした覚えがある。プロ野球のヤクルト・スワローズが試合に勝った後に勝利を祝う歌として歌われていたので、てっきり東京地方のお祭りの歌だと思っていた。昭和53年、山形に暮らし始めて、夏には「花笠音頭」で「花笠祭り」というのがあると知って初めて「花笠音頭」が山形の歌なのだと認識した。
歴史も浅く、観光客誘致数の面でも他の東北◯大祭りに比べると少々劣る感のある「花笠祭り」だが、8/5〜7の3日間、山形市の中心部は花笠祭り一色と言って良いノリになり、夕方から夜9時頃までは、ず〜〜〜っと「花笠音頭」が鳴りっぱなしとなる。

東北の他の県、他の県庁所在地に夏祭りがない訳ではない。
岩手盛岡には「さんさ踊り」というのがある。東北の祭りの先陣を切ると言う意味で8/1からやっているらしい。その他に、県庁所在地ではないが福島県の郡山には「うねめ祭り」というのが結構な規模である。
あとは「夏祭り」(要するに7月末からお盆までの間の規模の大きなお祭り)という範疇としては、季節の先駆けということで福島県の「相馬野馬追」も含められるようだ。

夏の祭りではないので今ひとつ注目もされないし、規模も決して大きいと言えず、人出も「ねぶた」のような300万人はもちろん「花笠」の90万人にも遠く及ばないが、酒田の山王まつり、現在の「酒田まつり」はその歴史において、東北でも最も古く現在まで続いている祭りといえる。(「ねぶた」の起源を紐解いてみると、もっと古い起こりがあるが恐ろしい話でもある)
慶長14年=西暦1609年から今年まで400年間、大飢饉があろうが、戦争があろうが、大火があろうが、1回も休まずに続けられて来たと言う事が凄いと思う。
「酒田まつりウィーク始まる」
今年も5月頃は「新型インフルエンザ騒ぎ」があったがまったく問題なく開催された。

祭りというのは、本来、神に祈り神に感謝する行事、己や家族の穢れを払い健康と五穀豊穣を祈る儀式の一つであったはずであるが、今ではそういう宗教的な側面は重要視されない。皆で力を合わせて弾けて夏を謳歌する、という趣がある。
力を合わせるにも資金が必要なので、自治体や観光協会の援助と参加者や住民の募金などで成り立つ訳であるが、夏の風物詩「花火大会」が不況のあおりを受けて「規模縮小」や「中止」となったという話も聞く。

人口減少に歯止めがかからず不況の波から浮上できずにいる、酒田を含む庄内地域であるが、先日8/1の酒田大花火大会は「酒田まつり創始400年」を記念して昨年よりも規模を拡大した。
「酒田花火ショー2009」HPをご覧下さい(そのうち、消滅するページかもしれませんが)。

今年の花火は先日のブログ記事に書いたように屋形船から楽しんだわけだが、特に途中の「2尺玉大博覧会」が見物だった。全国の花火会社8社による各職人の趣向を凝らした20号玉が連続で打ち上げられるというユニークなショーだった。

不況にも人口減少にもめげずに祭りを「続ける」事。これは非常なエネルギーが必要である。ここが「湊酒田の心意気」の面目躍如と頑張った方々に賞賛の気持ちを送りたい。
神に感謝して、人の努力を思う。

「継続は力なり」は古代からの真理。
努力を続ける事を厭わない人、これも才能の一つ。天才とはその神から与えられた才能を磨き続ける事を持続継続出来る人の事だと言える。凡人でも、神から与えられた才能が乏しくても、努力を継続すれば素晴らしい事は起こる。
そういう事を目撃できるものの一つが甲子園の高校野球。

山形県代表は「酒田南」。映画『おくりびと』米国アカデミー受賞以来、乗っている酒田。何か奇跡を起こしてくれないだろうか。
高校野球甲子園大会、これも「夏祭り」の一つであろう。

さて、明日は午後から「ジョンダーノ・ホール」で、ブランデンブルグ協奏曲の6番と4番の合わせ練習に、夜は7/18以来となる久しぶりの市民オケの定時練習。
8/16(日)の「街かど音楽祭」も近づいて来たし、練習もさらに頑張らなければ!

「継続は力なり」

|

« 「観るな!危険!」 | トップページ | 「ブランデンブルク協奏曲」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/45859768

この記事へのトラックバック一覧です: 東北の夏祭り:

« 「観るな!危険!」 | トップページ | 「ブランデンブルク協奏曲」 »