« ブランデンブルグ協奏曲に挑む! | トップページ | 7/25と7/26の演奏会の事(2日分も書けるか?) »

2009.07.24

今後の演奏会、ほか

今週は月曜日が休日だったこともあって火曜、水曜とクリニックはいつもより患者さんが多くて慌ただしく過ぎてしまった。考えてみれば、その月曜日、酒田中央高校のコンサートに出演させてもらったのだったが、たった4日前の事とは思えない位、昔の様に感じるのはどうしてだろう。。。

ブログにでも載せようと思って撮っていた写真を少し並べてみようかな。
Pピアニスト永田美穂さんが、故郷の上山でコンサートを行う。
永田美穂さんは高校から桐朋学園に進み、同大学を卒業後、パリのエコール・ノルマル、イタリアのイモラ国際ピアノアカデミーで学び、数々のコンクール入賞歴、オケとの協奏曲、室内合奏団との共演、ソロ・リサイタルを経験し、まだ若いけれど活躍中。今後も更なる大活躍が期待される。

何年か前に、山響のコンサートの後、音楽監督の飯森さんや特別客演首席コンマスの高木さん達と山響FCメンバーを交えて一緒に写真を撮ったことがあった。
Fc写真は小さめにしました。
飯森さんの奥に座っている可愛らしい美人さんが永田美穂さん。私は後ろに立っています。
話をすると愛らしい女の子だが、演奏になると凄い。
今、日本にはこういう有能、優秀な若手ピアニスト、若手音楽家が唸る程いますね。

パリなど海外で活躍中の彼女の演奏を山形で聴ける機会は少ないので、8/30(日)、頑張って行ってみようかな。

そういえば、山響は今日が山形テルサで第198回定期演奏会。
明日は、酒田希望ホールで庄内定期酒田公演です。私は酒田定期の実行委員(つまり裏方手伝い)なので、プログラムへのチラシ折り込みとかチケットもぎりとかドア係とか終演後の片付けとかそういう仕事もあります。「酒田定期」の法人会員にもなっているので、招待券が全部で6枚あり、会員年会費相当の格安チケットとして配布しています。
プログラムは、
前半がバルトークのヴィオラ協奏曲(遺作)で、ベルフィルのビオラ奏者清水直子さんをソリストに迎えます。
後半は、ブルックナーの交響曲 第3番 ニ短調(第1版)です。

飯森&山響で、今年の1月にブルックナーの「5番」を山形テルサで聴き、先日7/6には新潟「リュートピア」で「4番」を聴き、そして明日は希望ホールで「3番」です。
同じ作曲家の交響曲を半年の間に、同じ指揮者&オケで3曲も聴けるなんて、そんなにある事ではないでしょう。明日の酒田公演も本当に楽しみです。

清水直子さんは、昨年バボちゃんと一緒に遊佐公演に来たベルフィルビオラの超ベテラン、シュトレーレ様(「のだめ」のシュトレーゼマンみたい)の同僚ですから、チャンスがあればそんなお話もしてみたいものです。

そして、明後日、7/26(日)は、山Q(山形弦楽四重奏団)の第32回定期演奏会。いつもの文翔館議場ホール。
今年は、ハイドン没後200年、メンデルスゾーン生誕200年なのでその二人の作品の予定。
(今年の酒フィル定期のプログラムを決める際に、メンデルスゾーンの生誕200年を記念して、私はメンデルスゾーン作曲交響曲第3番「スコットランド」を推していたのですが、選曲委員会の意向で「ドボ7」になった訳です。でもフルートの出番が多くて大変だけどいい曲です。)

「山Q庄内定期」in 《ジョンダーノ・ホール》の打ち合わせもしなくっちゃ。

〜〜〜〜〜
(余談)
もうすぐ7月が終わります。
今、庄内地方は庄内メロンの収穫期。メロン農家の方は多忙を極める時期でしょう。
Photo秋田でもメロン栽培は盛ん。家内がかつて奉職した地域の八竜砂丘メロンは有名です。先日家内の両親から送られて来たメロン。甘くて旨いです!
マンゴーがなくなってもメロンがあります。朝ご飯にメロンが出てくる日もあります。糖尿病にならないように気をつけなくちゃ。

最近、あまりパッとしない天気が多く、自転車通勤が出来ません。
朝方から雨が降っていたり、日中は雨との天気予報のため車での通勤になってしまいます。
でも季節は確実に夏で、うちの近くをうろつく、「外」ネコの白サンズ二匹は時に家の庭やベランダでくつろいでいます。
Photo_2ある朝、出かけようとしたら二匹ともだらしなく伸び切って寝ていたのでカメラを構えた所、気配を察し「ちいさいさん」(と家内が勝手に名前を付けた)が起き上がってあまり可愛いとは言えないその面相で見送ってくれました。(^^
 最近、夜遅く帰っても、車のエンジン音などで分かるのでしょう。どこからともなく現れて、玄関の真ん前にちょこんと座って、まるで「ハチー約束の犬」の如く御主人(?)の帰りを「お帰りなさいまし。お待ち申しておりました。」とばかりに出迎えてくれるのです。
写真で伸び切っている「おおきいさん」は、図体と顔はデカイのにとってもちっちゃなハートの持ち主で、ちょっと脅かすとピュ〜っと逃げて行ってしまいます。


|

« ブランデンブルグ協奏曲に挑む! | トップページ | 7/25と7/26の演奏会の事(2日分も書けるか?) »

コメント

balaine様

今日は希望ホールの裏方と打ち上げで
遅くまで走り回ってるでしょうね。

ベルリンフィルの日本人といえば、
先日コンマスに内定した(とはいえ、1,2年の試用期間あり)樫本大進氏。
昨日、帰国会見の模様がニュースで伝えられ、BSではN響演奏会のレーピンがスペイン交響曲で妙技を披露、この二人実はロシアの名伯楽の同門、
ベルリンフィル前コンマス安永さんのお父上のお弟子さんが井崎さん、といったように
音楽業界、芋づる式?に人のネットワークが
出来上がっています。

かたや田舎(失礼!)の人間関係も似たようなもので、私の職場に永田さんと同郷の女性が
いますが(上山は美人の産地?!)、
実は永田さんの中学校の1年後輩で弟さんとは同級生。世間は狭いものです。

今日の土曜出勤のおやつは彼女の
帰省土産の加茂水族館のくらげ入りまんじゅうでした。

投稿: 潤 | 2009.07.25 19:41

潤さん、清水直子さんのヴィオラ、しなやかで軽やかでその上、渋い。ヴィオラにたいする先入観が変わります。
そして山響のブルックナー。
今回の3番もその長大さ(一部しつこすぎ?)にもかかわらず、山響の集中力は最後の一音まで途切れる事なく指揮の飯森さんのパワーも素晴らしかった!
終演後、その晩酒田に泊まる団員と酒田の人間だけでなく、東京、仙台、山形から来た人たちと打ち上げ。そこにマエストロも参加され、、、楽しかったです!
うまく記事にできるかな〜〜〜。

投稿: balaine | 2009.07.26 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/45727169

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の演奏会、ほか:

« ブランデンブルグ協奏曲に挑む! | トップページ | 7/25と7/26の演奏会の事(2日分も書けるか?) »