« 「フルートを楽しもう」から「酒田を楽しもう」へ | トップページ | 高木綾子コンサート(三枝成彰の時間)、ほか »

2009.06.17

これから楽しみな演奏会

すべてに行ける訳ではありませんが、この6,7月に気になる、楽しみな演奏会を列記してみます。

まずは、今週末、6/20(土)には山形交響楽団の東京公演。
「夢づくり」さくらんぼコンサートが、東京オペラシティで開かれます。詳細は「こちら」をご覧下さい。
先日、NHK教育で放送された「オーケストラの森」の時と同じプログラムで、カリンニコフの2番という滅多に聴けないプログラムです(ただ、山響に合っているかどうかは?ですが)。

続く6/21(日)は、宮城県の白石市で高木綾子さんのフルートリサイタル。
今年の9月には「ママ」になる予定の高木さん。妊娠6ヶ月を過ぎたところでしょうか。ちょっと心配ですが、そこはプロですからね。
会場は、白石市の「ホワイトキューブ」で、なぜか司会進行に三枝成彰さんが見える予定です。こういうことのようですね。

平日なので厳しいのですが、こちらも魅力的。山形市内の方は是非どうぞ!
Photo山響首席フルート奏者の足達祥治さんのコンサート;フルートとハープの夕べという魅力的なもの。
ハープを演奏するのは、山響モーツァルト定期で足達さんがモーツァルトの「フルートとハープのための協奏曲」を演奏した時にハープを弾かれた内田奈織さんです(こちらの記事を参照)。写真のチラシは足達先生が送って来てくださいましたので折り目がついております。チラシの下は先日試奏会を行ったムラマツフルート達。。。
「十一屋のスイート・コンサート」は6/23(火)、18:30開演です(酒田からは行けません、、、泣)

7/5(日)は、我らが山響が今度は新潟に登場。
素晴らしいコンサートホールである「りゅーとぴあ」大ホールで「ブル4」。ブルックナーの4番は飯森&山響でCDも好評発売中ですが、2007年1月の第178回定期、山形テルサでのコンサートでの鮮烈な山響のブルックナー・デビューが今も鮮明に蘇ります。
空席時2.23秒という長い残響時間を持つホール(「りゅーとぴあ/コンサートホールの特徴」参照)で、山響の「ブル4」がどのような美しい響きを聴かせてくれるのか、楽しみです。

その山響の第198回定期と第9回庄内定期酒田公演は7/24(金)に山形テルサ、7/25(土)に希望ホールです。プログラムはバルトークのヴィオラ協奏曲とブルックナーの3番です。
同じ月に、違うホールで、「ブル4」と「ブル3」を聴ける訳です。これは山響のファンで時間の合う方なら、金、土と響きの美しいテルサと希望ホールの両方で聴き比べてみるという手もあるでしょう。

そのわずか1週後、7/31(金)には山形テルサで山響モーツァルトシンフォニーサイクル3年目の第1回、通算第7回のモーツァルト定期。
交響曲へ長調K.75と交響曲変ロ長調K.An h.214という、普段あまり聴けない交響曲に「戴冠式ミサ」ハ長調K.317です。金曜の夜では、、、

上記のような魅力的な演奏会、すべてに行ける訳ではありませんが、いろいろ夢想してみるのも楽しいものです。(^^;;;

|

« 「フルートを楽しもう」から「酒田を楽しもう」へ | トップページ | 高木綾子コンサート(三枝成彰の時間)、ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/45368163

この記事へのトラックバック一覧です: これから楽しみな演奏会:

« 「フルートを楽しもう」から「酒田を楽しもう」へ | トップページ | 高木綾子コンサート(三枝成彰の時間)、ほか »