« 「アンダンテとロンド」(サロンコンサート準備) | トップページ | 石井理恵ピアノリサイタル in 鶴岡を聴く »

2009.03.26

月刊「SPOON」休刊(廃刊?)へ

K印刷会社が制作し、毎月「無料」で酒田市および周辺地区に約5万部を配布していた月刊『SPOON』。
来月の4月号をもって「休刊」となるそうです。
1991年4月に創刊され、18年間「無料」で継続配布して来られた情報誌。

最近、似たような情報誌が増えて来ていますが、その中身の質の高さにおいて庄内地区で群を抜いていたと思います。300円くらいならお金を払ってでも読みたいと思うような内容が多く、地元の情報を中心にきれいな写真とためになる文章が魅力的なものでした。
庄内を中心に山形の歴史、芸術、食文化、祭りなどを幅広く掘り下げた取材が評価されて2005年には酒田市教育委員会制定の「庄内文化賞」を受賞しています。
旧酒田市の全戸に無料で配布し、昨年から庄内全域に配布地域を広げたばかりで、まだまだ続くものと思っていただけに大変残念です。
各方面から「廃刊」を惜しむ声が上がっているようですが、K社内ではいずれ「再刊行」の声もあるやに聞き及びます。いろいろな理由があるでしょうが、やはり最近の経済情勢が大きく影を落としているのでしょうか?全国的な雑誌でも廃刊になるものもあるようですし、今朝のニュースでは東京都内でも比較的大きなホテルの廃業や転売が起こっているそうです。

廃部、廃業と言えば、天童市にある「パイオニア」。プラズマテレビはその画像の美しさが売りなのですが、液晶テレビに負けてしまったのか、パイオニアがテレビ事業から完全撤退するそうです。バレーボールのVリーグに所属する(プリンセスめぐこと日本のエース、栗原恵もいる)「パイオニア・レッドウィングス」が廃部になったりする事のないよう、頑張ってほしいものです。

今は「SPOON」以外に、酒田に有料の月刊情報誌が1種類、無料の月刊情報誌が1種類、無料の週刊情報誌が1種類あり、鶴岡にSPOONと似た様な無料の情報誌が1種類、その他にも私の知らない情報誌は出ていると思います。以外と新聞では取り上げない様な特集記事、特にお祭り関係や食文化・グルメ情報が豊富で重宝していました。
月刊「SPOON」(HPはこちら)、また戻って来てほしいですね。


さて、今日は鶴岡市文化会館で石井理恵さんのピアノリサイタル。
昨年秋の酒田フィル定期で、チャイコフスキーのPコンを見事に弾いてくださった素晴らしいピアニスト。山形市出身で現在は東京で活躍中。郷土の誇る若手ピアニストです。
19時開演です。楽しみです。

|

« 「アンダンテとロンド」(サロンコンサート準備) | トップページ | 石井理恵ピアノリサイタル in 鶴岡を聴く »

コメント

あらま~休刊なのですか!私は今迄のSPOONをほとんどコレクションしているので、ショックです。内容も最高ですしね・・・・。

今日2泊3日の海老名宿泊出張から帰ってきました。今回で約1年に及ぶ作業も終わり(?)かな・・・・。朝は雪がちらついていました。三月も終わりなのに~

投稿: KEN | 2009.03.26 22:25

KENさん、もっけです〜。
SPOONには確か飯森山響音楽監督のインタビュー記事もありましたね。
「おくりびと」特集でもあるかな〜?と思っていたのですが、4月号で一応廃刊のようですの。

投稿: balaine | 2009.03.27 15:57

残念ですがしかだねーの。


おくりびとといえば、28,29日と希望ホールで上映会を行うそうですが、すでにチケットは両日共に完売ということです。

DVDも発売になっていますが、やはり大きなスクリーンで観る迫力がいいですからね。私は残念ながら行きませんので、自宅鑑賞です。^^

投稿: KEN | 2009.03.27 21:17

KENさん、うちは「夫婦50割」というので映画館でも二人で2,000円で観れますので、封切り日の9/13以来でまたいこうと思っていたのですが、「ロケ地」である希望ホールでの上映会ということでチケット買いました。
モックンと滝田監督のヴィデオメッセージもあるとのことで楽しみにしています。

投稿: balaine | 2009.03.28 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/44463222

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊「SPOON」休刊(廃刊?)へ:

« 「アンダンテとロンド」(サロンコンサート準備) | トップページ | 石井理恵ピアノリサイタル in 鶴岡を聴く »