« 明後日は県知事選 | トップページ | 大雪です!!! »

2009.01.24

酒田寒ダラ祭りと塞道の幕絵展

この時期の庄内地方の食と言えば「寒ダラ」の『どんがら汁』。
週末は庄内地方で週代わりにどこかここかで「寒ダラ祭り」が開催されています。

1/24、25は酒田市の寒ダラ祭り。
昨年は「海鮮丼や とびしま」のあるさかた海鮮市場に行ったので、今年は市中心部の「中通り商店街」へ行って来ました。
今日明日の開催ではありますが、寒ダラ汁は「売り切れ御免」。診療を終えて「ちゃっちゃと」お出かけしましたが、酒田市役所は県知事選の事前投票者優先で入れてもらえず、清水屋の駐車場へ。
中通り商店街についた時には13:40位になっておりちょっと心配。

Photoえ!もう売り切れ?!
人気のある店はすでに店じまいに入っています。

Photo_2よかった!!!
まだやっているところがありました。「寒ダラ祭り」にピッタリの天気。雪が横から降って来ます。
寒い中並んで待つももどかしくゲット!

Photo_3余りに寒いのですぐにがっついてしまい、1/3位食べた所で「しまった!写真撮ってなかった!」と慌てて写真。
肝、白子に岩のりも入って500円。
美味しい!

Photo_4清水屋デパートの横では、時間で「酒田北前太鼓」の勇壮な演技が始まりました!
寒さを吹き飛ばす、若い男女の元気なバチさばきにしばらく見とれます。
でもさぶい!


Photo_5「酒田まち中キャンパス」で明日まで開催している「塞道の幕絵展」を観に行きました。
「塞道の幕絵」とは酒田市の小正月の行事で、昔は街の方々に幕絵を飾って市民はこれを眺めるのを楽しみにしていたそうです。
上の幕絵は巨大なもので、江戸時代天保年間に描かれたもの。
題材は、「三方領地替え」が沙汰止みになって酒井家が庄内にとどまることになった「御座り」を酒田市民が祝っている図です。酒田は庄内藩酒井家の枝城「亀ケ崎城」があり、「御座り」の強力な後押しをした本間家のお膝元。この絵の中にも本間家が描かれており、現在もその場所には「本間家旧本邸」があります。
本日、どんがら汁を味わった中町商店街など、昔の酒田の通りが多少デフォルメされながら美しく描かれています。
歴史上の事件や物語を染め抜いた布幕「塞道絵幕」は板塀などに飾られたもので酒田の小正月を知る上で貴重な資料です
Photo_6Photo_7Photo_8



現在の飯森山(土門拳記念館や南洲神社のあるところ)から日本海そして鳥海山まで描かれています。
この絵の説明写真も同時に展示されていて感動すら覚えます。

Photo_9昔はこういった「塞道の幕絵」が小正月に町内会ごとに飾られたそうです。この写真は、あいおい工藤美術館のある現在の相生町で、「赤穂浪士四十七士討入りの図」が飾られたのを食い入る様に観ている町の子供達を捉えています。
娯楽の少ない昔では子供にも興味を惹くものだったのでしょう。
とても貴重な写真だと思います。

|

« 明後日は県知事選 | トップページ | 大雪です!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/43841184

この記事へのトラックバック一覧です: 酒田寒ダラ祭りと塞道の幕絵展:

« 明後日は県知事選 | トップページ | 大雪です!!! »