« 新型インフルエンザのこと(やや長文) | トップページ | 久しぶりのCD購入〜その2〜 »

2008.12.05

久しぶりのCD購入〜その1〜

と言っても、先日の山響定期(11/23)の際に、山響のモーツァルト交響曲全曲演奏チクルスの第1弾を買ったばかりでしたので、そんなに久しぶりではありません。
街にレコード屋さんもありませんし、クラシックのCDをたくさん扱っている店は山形市まで行かないとありませんので、どうしてもAmazonでの購入になります。

今回購入したのは、次の3つ。
1)エマニュエル・パユの「BACH complete flute sonatas」
2)ヴィルヘルム・バックハウス「モーツァルト・ピアノソナタ」
3)ヴィルヘルム・バックハウス「ベートーベン・ピアノソナタ全集」

1)は要するに「バッハ・フルートソナタ全集」。
51mlgcym2fl_ss500_ベルフィル首席にして、現在活躍するフルート奏者の中でも第1人者であるエマニュエル・パユ氏が、久しぶりにバッハに帰ってきました。
これまで彼が出した数多くのディスクの中でも、「初」となるチェンバロとの演奏。
そのチェンバロは、これまた大家トレヴァー・ピノック氏。
「オブリガート・チェンバロのためのソナタ」はパユとピノックですが、「通奏低音のためのソナタ」にはチェロのジョナサン・マンソン氏が加わります。
2枚組のCDに1曲だけ入れられた「2本のフルートと通奏低音のためのソナタ」にはこの3人に、シルヴィア・カレッドゥという女性フルーティストが加わります。

12/7(日)、「ジョンダーノ・ホール」でのVn.&Vc.発表会に飛び入りで参加しますが、私のフルート、家内のチェンバロで、ロ短調ソナタBWV1030の第一楽章だけですが演奏します。
音楽の世界におけるJS Bachは、ただ宗教音楽とか崇高な音楽という言葉だけでは片付けられない、なかなか近づけないもののように感じます。殊にフルートの世界において、JS Bachのフルートソナタはキリスト教における「旧約聖書」のような感じさえ受けます。

それほどの超絶技工は要求されず(バッハの時代の横笛は現代のフルートとは全く違う物(トラヴェルソ)なので)、現代のフルートである程度の技術が有れば演奏する事は困難では有りません。しかし、その音楽に真剣に向き合ってバッハの極みに到達しようと試みると、冷たく跳ね返される気持ちにすらなります。「まあ、固い事言わないで、、、」というような気持ちでないと、人前で演奏なんておこがましくて出来ません。
その「おこがましい」演奏をやる上で、グラーフ、ニコレなどの巨匠やブリュッヘン、有田などのフラウト・トラヴェルソの演奏を鑑賞し学んで来たつもりでしたが、楽譜とにらめっこしながら演奏を聴いたのは実は今回のパユが初めてでした。ライナーノートにも、ベーレンライターの新バッハ全集版、ブライトコプフ版、ヘンレ版などこれまで出版されている楽譜を研究し尽くして、さらにチェンバロの大家ピノックとの協議検討を加えて演奏ということであるので、その解釈はやはり現代のフルート吹きにとっては一つの「教科書」になるものだと思います。

パユとピノックのバッハのフルートソナタは、今年の秋〜初冬の日本のコンサートシーンで観られるはずでした。たくさんの人が二人の演奏を心待ちにしていたはずです。私も日程と演奏会場さえ都合が付くなら聴きに行きたかった。東京の演奏会のうちどれか行こうかと思っていたくらい。
ところが「中止」になりました。
なんと、ピノック氏が体調を崩し来日出来なくなってしまったのです。

急遽、パユ一人による「ソロ・リサイタル」に変更されたようです。
ただ、東京の王子ホールでは既にパユ氏の無伴奏ソロリサイタルをやったばかりだったので、同じプログラムは出来ないという事でしょうか、コンサートそのものがキャンセルとなりました。
ピノック氏の体調が心配されます。

2)3)のバックハウスについては、明日でも続きを書きましょう。
一つだけ。私がベートーベンのピアノソナタの素晴らしさに目覚めたのは、21才頃、当時LPレコードでこの全集を持っていた友人に借りて聴いてからです。
30年前の感動、感激が蘇ります。

|

« 新型インフルエンザのこと(やや長文) | トップページ | 久しぶりのCD購入〜その2〜 »

コメント

ロ短調ソナタBWV1030の第一楽章 ですか。
ご研究やレッスンを繰り返されての演奏。

きっと素晴らしい共演になる事と・・想像しております (^-^)

やはりプロの演奏を聴いてみると、色々な発見がありますね。
私の場合聴いているだけで、なかなかお近づきになれませんが・・ (>_<) 

投稿: kokutan | 2008.12.05 15:07

kokutanさん、ありがとうございます。
一生懸命やっているとそれなりに変化はあります。満足は全然出来ないのですが、2年前よりは進歩?はあるんじゃないかな〜と感じます。
でも道のりは遠いのです。
プロコやフランクのソナタも吹けるようになりたいし、あと9年のうちに何とかしなくては、、、(笑)

投稿: balaine | 2008.12.06 08:56

>あと9年のうちに ・・ですか~ (^-^)

ウーン・・お若くて 羨ましいです~ <(_ _)>

投稿: kokutan | 2008.12.06 20:53

kokutanさん、いえいえ、入れ歯になる前には吹けるようになりたいという希望で、その頃には脳と指が着いて行かなくなったりして。。。(苦笑)

投稿: balaine | 2008.12.07 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/43323655

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのCD購入〜その1〜:

« 新型インフルエンザのこと(やや長文) | トップページ | 久しぶりのCD購入〜その2〜 »