« 庄内に暮らす喜び | トップページ | チェンバロの世界 »

2008.10.26

今日は蔵王へ

昨日土曜日はお昼を過ぎてから新患が2名来られ、外来が終わって片付けが済んだのは午後2時。それからお昼を食べ、ちょっと「スワンパーク」へ行ってみました。
先日の記事にも書いたように、今年は「鳥インフルエンザ」を懸念して最上川に飛来する白鳥への餌付けが禁止され、毎年「スワンパーク」に設置する観察小屋もなく、川面に近づけないように柵が置いてありました。
Photo一羽もいない白鳥に(だいたい日中は皆落ち穂狩りに行っていていないのがふつうなのですが)ちょっとがっかりしてパークをあとにしようとしていたら、一羽の白鳥が飛んできました。ぐる〜っと一周してまたどこかに飛んで行きました。群れからはぐれたのでしょうか。
「あれ〜?誰もいないよ〜。みんな、どこ行ったの〜?ウェ〜ン」という感じで飛んで行きました。

Photo_2みんなは、こういうところにいるのです。
もっとたくさんの群れは道路から離れた田んぼにいました。

医院に戻ったら午後3時半頃。先週の脳ドック患者さんのデータ整理などをしていたらあっという間に夕方。家に帰って軽い夕食後、19時からはオケの練習です。
定期演奏会まであと3週となってしまいました。
しかし、11/3(月・祝)の『第51回酒田市民音楽祭』で演奏するワーグナーの『タンホイザー』から「大行進曲」(合唱付き)の練習もあり、なかなか定期演奏会の練習の時間が減少。この「大行進曲」の練習は、あと2回のみで本番。なかなか大変です。

さて、今日は山形の蔵王ではなく宮城県側の蔵王に行きます。
曽根麻矢子さんという超有名なチェンバロ奏者による公開レッスンがあり、家内がこれを受けるためです。この様子や、上記白鳥さんの写真などは後ほど(明日?)アップする予定です。

|

« 庄内に暮らす喜び | トップページ | チェンバロの世界 »

コメント

はぐれちゃった白鳥さん。
どうしちゃったんですかね。朝寝坊だったのか、よそ見している間に仲間はさっさと飛んでいってしまったのか。よんどころない事情があったのか・・・。
一人ぽっちは寂しいですね。

この夏?、山形側の蔵王にある自家産羊のジンギスカン屋さん「白樺」に行ってきました。ラム肉としか思えない思えない柔らかさと臭みのないお肉(実はマトン)。たっぷり野菜のジンギスカンを堪能しました。

投稿: ふなゆすり | 2008.10.27 07:44

ふなゆすりさん、白鳥さんは飛んでいるときはたいてい集団です。最低でもペアか家族で飛んでいるイメージがあり、1羽だけで飛んでいると「どうしたの?」と心配になります。
「コヮ〜、クォ〜」という物悲しげな鳴き声で仲間と交信しながら飛んで行きます。あの素晴らしく美しい編隊は今年はまだ一度しか見ていませんが、落ち穂拾いは集団でしていますので、あの1羽だけ何かの事情ではぐれたのでしょう。
今頃は仲間の集団に戻っているはず。。。

「白樺」、一度だけ行った事ありました。そんなに有名とは。。。

投稿: balaine | 2008.10.28 08:37

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は蔵王へ:

« 庄内に暮らす喜び | トップページ | チェンバロの世界 »