« アマオケ管分奏、とおまけ | トップページ | 七夕様 »

2008.07.06

「クライマーズ・ハイ」を観る

映画は大衆娯楽の一つでしょう。
しかし、この映画は「娯楽」と呼ぶには内容が重く、とても真面目に丹念に作られ撮影された作品で、大変堪能出来ました。

三川町のIシネマには、学校の試験週間が明けたばかりだからなのか、子供連れの家族や中学、高校の同級生同士が大勢。「クライマーズ・ハイ」は昨日公開されたばかりですが、子供向けの映画ではないので、きっと他の典型的「娯楽作品」に集まっていたのでしょう。

内容はご存知の方も多いでしょうが、23年前の夏のあの大事件を題材にした物です。
昭和60年8月12日、日航ジャンボ機墜落事故。520名もの命が奪われた航空機の単独事故として史上最悪の出来事でした。私は医師になって2年目。(世の中を知らないという事は)恐い物なし、で夜中の急患の呼び出しに病院に駆けつけて、今の世に言う「初期研修医」の身で単独で脳血管撮影などガンガンやっていました(まだ世の中にMRIというものがありませんでした)。以前にもこのブログで記事にしましたが、山形県代表のT高校が桑田、清原率いるPL学園に歴史に残る大敗を喫したあの夏。そんな出来事など吹っ飛んでしまう様な大事件が起きたのでした。
病院でそのニュースを聞いた私の最初の感想は、「そんな馬鹿な!」「まさか!」でした。しかし、断片的にいろいろなニュースソースが耳に入り、「歌手の坂本九さんが乗っていた」「4名の奇跡の生存者がいた」「恐怖と混乱の中で書いた搭乗者の遺書が見つかった」などの事実は23年経った今でも鮮明に残っています。当事者ではないからこそ、頭の中から消し去りたいという感情もなく、「他人事」として記憶しているのでしょう。亡くなられた方のご家族や関係者にとっては、消し去りたくても消せず、思い出したくなくても忘れる事の出来ない、辛い悲しい出来事だと思います。

映画『クライマーズ・ハイ』公式サイトは←こちらから。

事実を元に書かれた架空の地方新聞社の記者を主人公に、よい意味での「新聞屋」の生き様、仕事に命を懸ける男達(女性記者もいますが)の熱い想い、携帯電話やインターネットのない時代の情報伝達、など興味深い内容であり、最悪の事故に巻き込まれた被害者やそのご家族に十分敬意を払われた丁寧な作りには好感が持てました。映画の始まりから、ストーリーの組み立ても映像も大変に考え尽くされ丁寧に作られていてグッと引込まれます。最後の終わり方には異論のある方もいるでしょうが、私は良かったのではないかと思います。
これ以上は「ネタバレ」になるので避けます。
興味のある方は映画館でご覧下さい。たくさん考えさせられる事のある映画です。決して「娯楽作品」ではないことを再度書いておきます。

ーーーーー
という訳で、予告を観た時から観たかった映画を観て満足。
映画館に行く前に昼食に、また鶴岡の「緑のイスキア」に行って来ました。
Photo鶴岡市の大宝寺から国道345号線を東へ、赤川を渡ってすぐの旧羽黒町にあります。
お店を立ち上げた方(女性)を紹介したサイト、チャレンジ応援サイト やまがた
をご覧下さい。

Photo_2お店自慢の石釜で焼かれたピッツァ。「今週のピッツァ」は、二種類のチーズにアスパラガスとグリーンピース。とても香ばしく美味しい。ここの「売り」はナポリピッツァなのですが今日のピッツァはトマトはまったく使用しないビアンコです。

Photo_3ピッツァのランチとパスタのランチを頼んでシェアして楽しみました。パスタは、具材はピッツァとほぼ同じ。ペンネのショートパスタにピッタリ。

2Photo_4お店のど真ん中に位置するご自慢の石釜。
元は『穂並街道』という名前の気軽なイタリアンレストランでしたが、息子さんが地中海に浮かぶイタリアのイスキア島で修行をして来たため「ヴェルディ・イスキア」という店名に変え、内装もガラッと変えたようです。
薪を焚いて高温でパリっと焼き上げる石釜の上には、天使がピッツァの出来を見守る様に座っています。熱い熱い窯の中を注意深く覗き込んでいるのがイタリアで修行して来たピッツァ職人でオーナーの息子さん(お名前は存じ上げません)。


最後におまけ。
Photo_2微妙な写真ですが、さくらんぼの写真。
実は左側が「ナポレオン」。右が「佐藤錦」。いずれも寒河江の知り合い直さんが丹誠込めたサクランボです。ナポレオンは佐藤錦に比べて、色はやや黄色みが多く味は酸味の強めなサクランボなのですが、直さんのナポレオンは真っ赤でとても甘い。よく知らない人は食べただけではわからないと思います。右の佐藤錦はややぼてっと丸みを帯びて粒が大きめ。対して左のナポレオンは、お尻がややシュッとすぼまってややハート型に近く見えるかも知れません。写真の取り方が悪くて違いがわかりにくいかも知れません。ちょっと傷んだ部分も写ってしまいました。
もうそろそろサクランボの「旬」も終わり。スイカとメロンの旬が近づいて来ましたね。
(結局、食べ物の事ばかりかい!)(^^;;;;

おまけのおまけ。
日付変わって今日の事、7/7(月)の朝!6時半から15分間、YBCのラヂオ番組『朝だ!元気だ!6時半!!!』に出演します。今日の朝から7/11(金)の朝まで5日間に渡って、「心配な脳の病気について〜特に頭痛ともの忘れ〜」と題して、医学の事と趣味の事を半々くらいでお喋り致します。
朝起きの方、酒田も山形もAMの918kHzですよ〜!

|

« アマオケ管分奏、とおまけ | トップページ | 七夕様 »

コメント

今朝は4時半!
今日もムダに早起きですがsun、残念ながらラジオは聴けません。
音ブログでの録音分を待つことにしましょうpc

「クライマーズ・ハイ」は見に行くつもりでいる映画です。
あれはすごい事故でした。
やっぱり飛行機は落ちるんだ!と、ひしひしと初めて身近に思った記憶があります。

投稿: リスペクト | 2008.07.07 05:17

リスペクトさん、本ブログにリンクを貼って「院長ブログ」の方で放送を聞ける様に致しました。
今年の夏は、高松行き(JAO参加)、宮崎行き(10数年振りの墓参り)と合計で6回は飛行機に乗ることになりそうです。ちょっと恐いですけど、、、
映画では飛行機事故の悲惨さはあまり前面に出さない様に配慮されていた様に感じました。

投稿: balaine | 2008.07.08 02:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/41758270

この記事へのトラックバック一覧です: 「クライマーズ・ハイ」を観る:

« アマオケ管分奏、とおまけ | トップページ | 七夕様 »