« 小沢征爾指揮新日本フィルを聴く | トップページ | 鶴岡カトリック教会とオルガンコンサート »

2008.05.15

サロンコンサート第2弾の予告

先日、第1弾が無事終了したばかりですが、すでに第2弾「サロンコンサート第2回」の企画準備が始まっています。
今度お呼びする音楽家もプロのフルート奏者です。
国立市在住で東京を中心に活躍されている上坂学さん。知っている人は知っている(笑)「フルート・クライス」というインターネット上最大と言われるフルートサイトをもう10年以上やっていらっしゃいます。
「フルート・クライス」のホームページは←こちら。
この中では、「フルートなんでも質問箱」が凄いのです。日本中のいろんな年齢、立場のあらゆるレベルの笛吹きからの、質問、疑問にていねいに答えてその質疑応答の書き込みがもうすぐ4000件に到達しようと言う凄いものです。

そもそも私と上坂先生との出会いは、今から5年程前になります。大学病院から市中病院に出向してから再燃したフルート熱。長い、なが〜い、なが〜〜〜いブランクのため、演奏技術の衰え(というか元々技術は低かった)はもちろん、フルートの情報に疎く(当時は、まだエマニュエル・パユも高木綾子もよく知らなかったんです)この「フルート・クライス」のHPを見て、BBSなどに出没しながら情報を収集していました。その中で、クライス上坂門下集合の年末の「大発表会」の告知があり、いわゆる「殴り込み」という感じで出演させて頂きました。H15年の12月に初めてお会いした事になります。

その後、学会などで上京した折りに、「クライス・フルート・ソロイスツ」と銘打ってすでに140回近く続けているリサイタルにお邪魔したり、品川や新大久保で個人レッスンを受けたりして来ました。
H16年の春だったと思いますが、「フルートを楽しもう!in東京」に参加し、フルート奏法の考え方でまさに「目から鱗」の思いをしました。フルートの音の出し方、構えなど、それまで自分が自己流で考え来たものとは大きく違うもので、最初は戸惑いもありましたが実際にやってみるとあまりにも驚く程簡単にいい音が出るのです。
いつかこの「上坂流フルート講習会」を山形でもやりたいとその時から思っていました。

昨年、金沢の笛吹きドクターI氏とそのお仲間が上坂先生を呼んで「フルートを楽しもう!in金沢vol.1」を実現させました。日程が折り合った私は、酒田から車で金沢まではるばる参加しました。そして、また「これを是非、山形で、、、」という気持ちを強くしたのです。

その後、開業準備に入り様々な縁もあって広さ100平米のリハビリ室は、音楽ホールとして十分使用出来る音響の良い雰囲気の良いものに仕上がりました。これを演奏会に使いたいという気持ちはついに先日現実のものになりました。
夢は叶うものではなく叶えるものだ、という人がいます。
私の場合は、うまくいくかどうかということより、「こうなるといいな」「こうしたいな」という夢や企画を持って、とにかくそれを「考え続ける事」を大切に思っています。「考える」「考え続ける」と何故かいつの間にか周りの状況が整って来るものなのです。無理をしなくても段々準備が整って来るものなのです。待っていると転がり込んで来るのではなく、転がり込む様に準備をしていると言い換えた方がいいでしょうか。

そしてついに実現させることになりました。
「フルートを楽しもう!in 酒田 vol.1」
です。平成20年6月28日(日)(土)です。
東京から上坂先生と、ムラマツフルート新宿店で修理室長をしている伊藤さん(なんと!酒田出身で、ゴールウェイ始め世界中のフルーティストが厚い信頼を寄せている職人です)にお出でいただきます。
1)上坂先生のフルートリサイタル、2)フルート無料調整会、3)ムラマツフルート試奏会、4)フルートQ & Aの4本立て!の豪華版です。

リサイタルの内容やQ & Aなどについては、「フルートを楽しもう!in 酒田 vol.1」に逐一報告されて行くと思いますので、そちらをご覧頂ければと思います。こちらのブログでも私なりに少しずつ告知して行く予定です。とにかく、フルート吹きにはたまらない、楽しくためになる会になる事をお約束致します!

---
音ブログにもアップしました。ドビュッシーの「シランクス」です。いかがでしょうか?

|

« 小沢征爾指揮新日本フィルを聴く | トップページ | 鶴岡カトリック教会とオルガンコンサート »

コメント

いつもおせわになっております♪

今朝の〇形新聞の2面にJS先生の「日曜随筆」が出ておりました。

朝から爽やかな雰囲気になりました。

投稿: けんちゃん | 2008.05.18 08:05

けんちゃんさん、読みましたよ。
音楽に限りませんが、結局は「人」なんですよね。人との交流が豊かな人は様々な活躍をするのだと思います。
私も読んで爽やかな気分になりました。山新読者以外にお知らせ出来ないのが残念ですね。

投稿: balaine | 2008.05.19 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/41220745

この記事へのトラックバック一覧です: サロンコンサート第2弾の予告:

« 小沢征爾指揮新日本フィルを聴く | トップページ | 鶴岡カトリック教会とオルガンコンサート »