« お花見 | トップページ | 音楽ホールとしてのリハビリ室 »

2008.04.16

音楽会告知第2弾(多数)

新しいシーズンを迎えて、またいろいろ楽しいコンサートが目白押しです。

これから酒田で開催されるコンサートを書き並べてみましょう。
・4月19日(土):仙台フィルハーモニー管弦楽団酒田公演
・5月9日(金):山形交響楽団庄内定期(指揮:飯森範親、Pf:仲道郁代)
 当然、仲道さんのピアノとメインのラフマニノフの交響曲第2番が楽しみです。
・5月12日(月):小澤征爾&新日本フィルハーモニー交響楽団酒田公演
 オーボエの古部さん(先日新潟で聴いた「もぎぎオケ」にも出演)によるオーボエ協奏曲(「のだめ」で有名になりましたが、ニ長調のフルート協奏曲と同じです)とメインのチャイコの6番「悲愴」(酒フィルの昨年の定期のメイン、私がフルートトップを吹かせてもらいました、荒川さんがトップです)が楽しみ。小澤さんで「悲愴」というと、先日BS-HiVでみたベルフィルの「カラヤン生誕100周年記念コンサート」で小澤さんが選ばれて「悲愴」を振った、あの熱演が思い出されます。
・12月20日(土):山形交響楽団庄内定期(指揮:工藤俊幸、二胡:チェン・ミン)
 5月以降、ちょっと間があいて先の話になりますが、劉文金 二胡協奏曲「長城随想」とメインのブラームス 交響曲第3番が楽しみです。

6月〜11月の間では、希望ホールで大きなプロオケのコンサートはありませんが、11/16(日)には酒田フィルの定期演奏会があります。今回の目玉は、山形市出身のピアニスト石井理恵さんを迎えてのチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番とシベリウスの交響曲第2番です。
庄内地区に目を拡げると、上記以外には8月1日(金)に鶴岡市文化会館で山形交響楽団庄内定期演奏会があります。これは第4回モーツァルト定期と同プログラムです。ただし、私は8/1〜8/3、香川県高松市で開催されるJAO全国大会(昨年は酒田で開催)に参加する予定。
ずっと先、来年の話になりますが、3月14日(土)に鶴岡市文化会館で山響の庄内定期演奏会があります。

山形市で開催されるコンサートまで目を拡げると、当然たくさんあります。
まずは山響の定期演奏会とモーツァルト定期です。
・7月13日(日):山響第190回定期(指揮:飯森範親、Vn:川久保賜紀)
 これの目玉は、川久保さんによるバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番と「またも!」チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」です。酒フィル、新日フィル、山響の「悲愴」、どう違うでしょう?(酒フィルを比較の対象に入れるんですか?>おれ)
・8月23日(土):山響第191回定期、目玉は山響客演指揮の阪哲朗さんによるオールフランス物。実は、8/1〜8/3のJAO高松大会で阪さんとはお会いすることになる予定です。楽しみ!
・10月10日(金):山響第5回モーツァルト定期
 これの最大の目玉はなんといっても、フルート首席足達祥治さんによるモーツァルトのフルートとハープのための協奏曲。平日の夜7時開演となると、午後の診療を5時には切り上げて駆けつけざるを得ません。でもそれだけの価値がある演奏会です。
・11月22日(土):山響第192回定期(指揮:飯森範親、Vn:神尾真由子)
 これの目玉は当然昨年のチャイコフスキー国際コンクールバイオリン部門において諏訪内晶子さん以来、日本人二人目の優勝者となった神尾さんによるベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲ですね。
・12月25日(木):山響「第九」演奏会(指揮:飯森範親、合唱:県民有志)
 「第九」です。何も説明の必要ありません。

オケ以外のクラシック音楽関係となると、山Q(山形弦楽四重奏団)の定期公演などたくさんあります。
・7月9日(水):山Q第28回定期
 幸松肇の「弦楽四重奏のための4つの日本民謡第2番」というのが楽しみですが、平日の夜なので酒田から聴きに行くのはちょっと厳しいですね〜。
第29回、第30回定期は10〜11月と来年の1〜2月頃の予定だそうです。

そして、そしてソロリサイタルは、、、
・4月29日(火・休):足達祥司フルートリサイタル2008、文翔館議場ホール
 フルートの師匠の一人(師匠って言っても、足達さん主催のフルート夏合宿に参加しただけですが)、足達先生の2年振りのソロリサイタル。休日ですし、これは聞き逃す訳には行きません!
・5月5日(月・休):木島由美子作品発表会Vol.2、山形テルサ3階アプローズ
 作曲家木島さん(HNうにさん)の作品を山響メンバーや歌手達が演奏する楽しみな会です。うにさんのHPは、UNI'S WORLDヘようこそ!作曲家 木島由美子へどうぞ。
・6月29日(日):ジョイントリサイタル〜ブラームスに浸る!〜、文翔館議場ホール
 ソロではありませんが、山響Vnの城香菜子さん、チェロの渡邊研多郎さんにピアノとビオラを加えて、ブラームスの世界です。なかなかオールブラームスというのも興味深いです。「ブラームスはお好き?」です。はい。

上記の日程をみてみると、9月だけぽっかり空いています。
9月、、、何かなかったっけ、、、
あ!大切な事を忘れていました!
私も開催の実行委員に名を連ねている「ラデク・バボラックと仲間達庄内公演」。あの天才ホルン奏者バボちゃんのコンサートを「希望ホール」大ホールでやるのでした。
9月25日(木)夜です。

そして、ここまでは言わば前振りで(は?)、ようやく告知第2弾の話。
5月11日(日):酒田市富士見町の某医院(笑)のリハビリ室「バレーヌ・ホール」(仮称)において、「荒川洋フルート・ミニリサイタル&クリニック」開催します。
現在、鋭意、チラシ作成中ですので、完成したら「告知第3弾」でここに掲載します。

6月28日(土):酒田市富士見町の某医院(笑、笑)のリハビリ室「バレーヌ・ホール」(くじらのホール)(仮称、笑)において、『フルートを楽しもう!Vol.1 in 酒田』をフルート奏者にしてフルート・クライス主宰者の上坂学さんをお迎えして行います。
 上坂先生のフルートリサイタルとフルート奏法の講習会(すごくためになる事を請け合います!)がメインですが、非公式ながらムラマツフルートの試奏(14KとかPTPなど)とムラマツのフルート修理室の専門家による無料フルート調整会(楽器メーカー問わず)を予定しています。

やるぞ〜!

|

« お花見 | トップページ | 音楽ホールとしてのリハビリ室 »

コメント

balaine さん、
>やるぞ〜!
意欲的ですね〜!
いい季節になりました。海ではクジラが潮を吹く季節になったのでしょうか。わが家のアホネコたちは、畑の野ネズミの穴の前で、じっと待っている季節です。私の単身赴任で妻が一番困るのは、始末してくれる人の不在かもしれません(^o^)/

投稿: narkejp | 2008.04.17 06:40

narkejpさん、コメントありがとうございます。
そうですね、ザトウは回遊しながら北の海へ向かい始める頃でしょうか。
私はフルートソロ、アンサンブル、オケと活動を広げて来ましたが、さらに音楽会の開催、プロの音楽家の招聘、それを地域住民に還元する事(できれば無料か非常に安価な料金で)、さらに「あんな事」や「こんな事」、さらに「あれも」「これも」と、やってみたいことがまだまだたくさんあるのです。
実現に向けて進むのみです。
やるぞ〜!!!

投稿: balaine | 2008.04.17 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/40893269

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽会告知第2弾(多数):

« お花見 | トップページ | 音楽ホールとしてのリハビリ室 »