« 音楽会告知第2弾(多数) | トップページ | この週末は、、、 »

2008.04.17

音楽ホールとしてのリハビリ室

音楽会の告知の記事に書いた「某医院のリハビリ室」(笑)のことです。

PhotoPhoto_2リハビリ室の外観です。緑色の建物がリハビリ室で、横の大きな窓のあるオレンジ色の壁の建物が医院のメイン部分になります。
リハビリ室には医院の玄関とは別に入れる様に南面にドアを3つ設け、ここを入り口にすることができますが、この「前庭」はまだ未完成です。現在、お庭の設計段階です。ここに草木、花、そしてハーブを栽培するのも楽しみです。

Photo_5リハビリ室には、診察治療用ベッド、マッサージ用ウォーターベッド、机、パソコン、車いすが置いてありますが、それは医院からの入り口側に寄せてあります。今後、赤外線治療器、牽引装置などが入る予定です。
面積の3/4を占める部分には、医療の講演会、勉強会を行う為に使う椅子が並べてあり、リハビリ室の一つの大きな目的である『サロンコンサート』用のグランドピアノ(Y社のG7というもの)とチェンバロが置いてあります。入り口のドアのカーテンを開け、部屋の電気を点けるとこのような雰囲気ですが、、、

Photo_3Photo_4カーテンを閉めて、部屋の電灯を調節(蛍光灯を消し、黄色い白熱灯だけで薄暗く)すると、この写真の様にまるでどこかの蔵の中か、地下にある小コンサートホールの佇まいになります。
これが私が思い描いていた「音楽室としてのリハビリホール」です。

まだ名称、愛称が決まっていません。
Photo_6鯨をロゴマークにした上は、やはり「鯨のホール」=『Balaine Hall』でしょうか。
演奏がお上手に出来る、上手だね〜、の庄内弁「じょんだのぉ」をもじって『ジョンダーノ・ホール』とイタリア語っぽいのは駄目でしょうか。
(名前よりも中身、そこで何をするかが大切なのは当然ですが、「名は体を現す」といいますから、、、笑)

ここがチェンバロに書いてある言葉を実現する部屋なのです。
"Musica Laetitia Comes Medicina Dorolum"
「音楽は 喜びの友 悲しみの薬」

|

« 音楽会告知第2弾(多数) | トップページ | この週末は、、、 »

コメント

ジョンダーノ・ホールに1票!(笑)
クジラも捨てがたいけど、地域の方々に愛されて、弾く人も上手になれるならそれがいいなぁ♪

投稿: かおる亭 | 2008.04.17 23:09

大変お世話になりありがとうございました。
7号線から右折したらラーメン屋さんもゴルフ練習場も素敵なクリニックもあるある。。。ブログで拝見していたせいもあり何度かお邪魔したことのあるような気分でした。お近くの方がとっても羨ましいかぎりです。でもって、一つ忘れ物pouch頭痛。そして発見、素敵な奥様のブログ。

投稿: ボリジ | 2008.04.18 02:12

はじめまして。
この日の日記とは関係の無い投稿で大変恐縮なのですが、アドバイス頂きたく書き込みします。失礼をお許しください^^;

義父が今年2月中旬に正常圧水頭症と診断を受け、内視鏡による手術を受けました。第3脳室と第4脳室の間が閉塞していたそうです。
術前出ていた3大兆候の症状は、術後は劇的に改善していたのですが、1週間ほど前からまた尿失禁など症状が出始め、本日病院で慢性硬膜下出血(片側性)と診断され手術を受けました。

術前にはよく転んでいたので頭を打ったかもしれないんですが、術後は覚えが無いようで家族もそういう記憶は無い状態です。
本日担当医の説明では、「シャント手術だと合併症として硬膜下出血が起こることもあるが、その場合は両側性になるはず。今回は本人も気付かず頭を打たれたのでは?そうでないなら要因は不明です。」と、因果関係は無いような説明を受けたのですが・・・。

ネットで色々調べてみると、髄液の過剰な流れによって硬膜下出血が起こると出ており、2月の手術によるものなのかなと、気になっています。

ド素人なので何も分かりませんが、その場合病院側に責任問題を追及するのが妥当なのでしょうか?それとも、誰が執刀しようと起こりうることなのでしょうか?

病院側はよくしてくれているし、責任をなすりつけたいという気持ちは無いんです。
ただ、素人でよく分からないので、医療関係の方から見た場合もし病院側に責任があるのだとすれば、このまま放っておくのもなんだか・・・という思いがありまして。

初書き込みでいきなりの相談で申し訳ないですが、ご見解をお聞かせ頂けたら幸いです。

投稿: ひめ | 2008.04.18 04:47

サージェントの「カーネーション ユリ ユリ バラ」のような庭も・・・
ホールから見える中庭
夕暮れ時、柔らかな光に浮かびあがる花、花の香り
フルート、チェンバロ、ピアノ・・・・・
ゆったりと音楽を楽しむ
人々の談笑、
植物の茂みにも、さまざまな生き物。

カーネーション、ユリ、バラ・・もチェンバロに描かれている花々。
庭の片隅に「チェンバロの庭」なんてつくってみませんか?

音楽ホールなリハビリ室が
「ジョンダーノ・ホール」
お庭が
「Balaine Garden」
では?(^^;)ゞ

投稿: ふなゆすり | 2008.04.18 08:15

かおる亭さん、「かおる亭別邸」にしましょうか?!(笑)
ピアノ、演奏にいらしてください。象牙鍵盤でっせ!!!

ボリジさん、おつかれさま!そうでした、頭痛の事。。。
これはメールで相談しましょうか。。。ごめんしてね。

ふなゆすりさん、それ、乗るかも。
Balaine Garden、いい響きです。
ジョンダーノはイタリア語で、ホールが英語なのが気に食わんのですが、hallのイタリア語はcorridoioというらしく、「Corridoio Giondano」ではイタめし屋と間違われそうなんですよ。。。
Balaine Gardenも仏+英ですけどね。(^^)

投稿: balaine | 2008.04.18 08:27

ひめさん、はじめまして。
お困りのご様子、お察し申し上げます。
事が重大なことと、プライベートな内容ですので直接メールでご回答申し上げます。
なお、このような内容はコメントに書き込むよりも、ページの左の方にある「メールを送信」を選んでいただいて直接ご連絡ください。
また個人的な質問の場合(メールに書き込む場合)、ご自分の氏素性を明かすのが礼儀かと心得ます(コメント欄ではその必要はありませんよ)。

投稿: balaine | 2008.04.18 08:47

あら・・・おひめさまのブログがあるんですか?
あらあらあら?

読みたいですからー
教えてくださいーーー

物忘れ外来というのもあるんですね。
忘れたい過去を持つ女ですが、忘れたくない音符とか大事な約束など、すっかり忘れてしまいます。
センセ、どうしましょう(爆)

投稿: かおる亭 | 2008.04.18 14:06

かおる亭様、下記になります。
http://plaza.rakuten.co.jp/cembalo

忘れたい過去、誰にもあります。
忘れたくない事は忘れるのに、忘れたい事は忘れられない。これは記憶のメカニズムから考えて当然ですね。
「忘れたい」「忘れたい」と思えば思うほど、鮮明に記憶中枢に定着します。人間とは、そんな生き物です。

投稿: balaine | 2008.04.18 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/40909448

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽ホールとしてのリハビリ室:

« 音楽会告知第2弾(多数) | トップページ | この週末は、、、 »