« ピアノ、来る! | トップページ | 今日(昨日)のニュースから »

2008.02.20

オペラの鑑賞法

まず初めに、『魅惑のオペラ』DVD & bookというものをご紹介します。
別に小学館の回し者ではありません。

第1巻の『フィガロの結婚』が出版されたのは、確か一昨年暮れ。それから1年強、心待ちにしていたのですが、先日、ついに『ラ・ボエーム』が発売になったようです。
オペラ『ラ・ボエーム』の名演は多く、CDもDVDも結構出ています。そのうち3つは既に持っていますので、今更という感じではあるのですが、この小学館のシリーズは名演のDVDに本がついているのが特徴です。オペラの全幕の日本語対訳付きで、ストーリーや背景の解説があり、A5版でオペラの鑑賞に携帯可能という設定になっています。

オペラは総合芸術の一つ。舞台装置が場を作り、オーケストラの音楽が雰囲気を作り、歌手が歌い演技します。しかし、多くはイタリア語かドイツ語で、日本人で原語上演を素で理解できる人はよほどのオペラ通か両原語に長けた人に限られるのではないでしょうか。
歌の意味が解らなくても、旋律の美しさやオケの演奏と衣装、舞台、照明などで感動は出来ると思います。しかし、やはり「言葉」の意味が解らなくては感動も半分くらいになるのではないでしょうか。クラシック好きの私ですが、2度経験したブダペストの国立オペラ劇場での公演(最初は『ニーベルンゲンの指輪』、2回目は『タンホイザー』)では、ドイツ語上演のマジャール語字幕(電光掲示)で爆睡してしまいました。

できれば公演を鑑賞する前に、ある程度の予備知識は持っていた方がいいでしょう。折角の総合芸術、これをより深く理解し感動も大きくなるものと思います。今回の3/16の酒田公演は、全4幕原語(イタリア語)公演です。舞台両袖に電光掲示(プラズマ?)で日本語対訳が表示されるそうですが、外国映画で日本語字幕ばかり追っていては折角の俳優の演技やスペクタクルなシーンに没入できない事が少なくないと思います。

昔から、私は、海外の楽曲を愛する多くの日本人、特にポップス系好きの若者に強い疑問を持っていました。それは、確かに米国を中心とする海外のアーチストは格好良く、素敵な楽曲を提供してくれます。アーチストそのものに夢中になる気持ちはわかります。しかし、彼ら、彼女達の歌を理解して熱狂しているのかどうかを疑問に思って来たのです。つまり、多くは英語で歌われている音楽の、その英語を耳で聞いて理解して熱狂しているのかどうか、ということです。
音楽が素晴らしいのはわかります。でも、歌詞の意味を理解できなければ、アーチストが発信しているメッセージを真に理解するというにはほど遠いと思います。しかしながら、英語はよく分からないけれどなんかカッコいいから聴いている、という人が多いのではないかと思っているのです。
私は、高校生から大学に入るまではビートルズはほとんど聴きませんでした。同級生で熱中している友人がいましたが、その歌詞をすべて本当に理解はしていないようでした。サイモン&ガーファンクルも大学に入って、英語の歌詞の意味が理解でき、自分でも一部は歌える様になる位になって初めてそのメッセージが理解でき、音楽を理解しました。

ちょっと理屈っぽいかもしれないとは思います。「音楽が素敵ならいいじゃないか」「かっこ良ければいいじゃないか」と言われれば、それは否定はしません。ただ、あるアーティストに夢中になるなら、その発信しているメッセージを自分の心で受け止めるには、「何を歌っているのか」がわからなければ駄目なんじゃないかな?ということです。
オペラの鑑賞においても同様で、その音楽、衣装、演技、舞台などで感動は出来ます。
しかし、やはり言葉、歌詞の意味が大切な事は当然でしょう。原語を全て理解できないまでも、少なくとも「今、何を言っているのか」がある程度わかる事は大事ですし、オペラの内容をより理解する為には不可欠な事だ思います。
横浜からオペラを観に来てくれる両親にも、冒頭のDVD & bookは薦めたいと思っています。

|

« ピアノ、来る! | トップページ | 今日(昨日)のニュースから »

コメント

初めまして、ハイクオリティーな存在集めてます、よろしければ投稿お願いします。http://hiquality.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: ももさんさん | 2008.02.20 06:00

昨日○文字屋で このDVD手に取って見て来ました。 欲しいな~と見ただけ ^^

本当は当日演奏を聴くことが一番なのですが今回は何ともなりません。先生のブログで毎日練習状況などを感じ取り我慢いたします♪

現在=193864です。 

投稿: けんちゃん | 2008.02.20 14:04

けんちゃんさん、やはり3/16は駄目なのですか〜(;;)
もし都合が付けば、3/1の午後にクリニックの内輪の(?)内覧会をやりますのでおいで下さい。私がフルートを演奏する、かも?です。(笑)

投稿: balaine | 2008.02.20 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/40190588

この記事へのトラックバック一覧です: オペラの鑑賞法:

« ピアノ、来る! | トップページ | 今日(昨日)のニュースから »