« 新たな生活を迎えて | トップページ | 人生の王道、そして笛の道? »

2008.02.06

残響の評価2

Reverb「残響」について少し勉強してみました。
残響を知る前に、それを極限まで減らした「無響室」anechoic chamberを考えてみると理解が速いかもしれない。
「無響室」とは、実験的に作られた残響のほとんどない部屋である。この部屋では、周囲の音の反射具合に影響されずに被測定物の発生または検出する音だけを忠実に測定できるため、スピーカーの周波数特性や、マイクロホンの指向性などを調べる事に適している。非常に吸音性の高いグラスウールと布で作った壁を楔形にして部屋の中心に向けて隙間無く配置したものである。これにより、部屋の中で発生された音は、グラスウールに吸収されながら隣り合う楔面の壁に無限に反射しながら減衰するため、音源に対して跳ね返って来る音がほとんど0になる訳である。

また、残響を計る上で使用する「残響時間」は、定義上はある音源が発音を止めてから残響音が60dB減衰するまでの時間のことである。60dB減衰するとはある強度の音が10の6乗分の1、つまり1,000,000分の1まで小さくなるということである。残響の豊かな空間では、ある音が鳴り終わってからその音のエネルギーが壁などに反射しながら100万分の1に減衰するまで吸収される事無くその空間に残って響いているわけである。体育館のような天井の高い大きな空間で、音を吸収したり乱反射する構造が少なく固い壁が単純に「対向」している場所では残響が豊かになる傾向にある。日本間の和室の様に、天井が比較的低く、音を吸収するような障子、和紙、畳、土壁など比較的柔らかい構造で狭い部屋においては、残響が少なくなる傾向にある。残響が非常に少ない場所では、自ら発する声も小さく聴こえ、他人の出す音もほとんど気にならず(着物の衣擦れ)、空間的に3次元的位置の感覚が鈍くなると思われる。「茶の湯」の世界は、なるべく無音に近い、残響の無い空間での静寂さと、下俗から離れた一種浮遊感のような超越した雰囲気が和室によって醸し出されると思われる。
一方、西洋のキリスト教会などのように、石造りで非常に天井の高い広い空間は、たとえば石の洞窟のような空間と似ており、残響の豊富な環境は天上、死後の世界、天国を想像する空間となり、その中で奏でられるオルガンの音楽や聖歌などはまるで天使や神の声のように聴こえるものである。

古典的西洋音楽であるクラシック音楽は、宗教、特にキリスト教と密接に結びついて発展して来たものであり、現代音楽より以前のものは特に残響の豊富なホールで演奏される事が好ましい音楽である。
上記の図に現されている緑色の三角形の部分は「後期残響」と呼ばれるものであるが、ある音源から出た音が壁や天井などから最初に跳ね返ってくる「初期反射」を過ぎて、いろいろな場所に複雑に反射しながらもはやその発生源を特定できないくらい乱反射されて返って来るものである。この部分が長い事が音響学的に「残響が豊か」という事になるが、あまり長過ぎても一つの音に続く次の音が不鮮明になったり混ざりあって響きとして美しくなくなる恐れもある。この「後期残響」が適度に長い事が「音楽ホール」として重要なのであるが、どのように「適度」であるかは演奏される楽器、演奏曲目などによっても違うため、理想的に唯一の「正しい残響」はないということになる。

楽器を演奏する立場として考えても、またプロの音楽家と交流を持つ機会に恵まれている立場としても、これまでの経験からたとえば「合唱に適したホール」、「ピアノ独奏に適したホール」、「弦楽四重奏に適したホール」、「管楽器、吹奏楽に適したホール」、「オーケストラに適したホール」という違いを感じる事がある。今回出来上がったリハビリ室がどのような環境に適しているか、現時点ではまだ判然としないが、フルートを吹いて録音を聞いてみた感じとしては、少人数の合唱、管楽器独奏、チェンバロなどの音量の小さな楽器の演奏、弦楽合奏でも四重奏から八重奏などに適している様に感じている。
今回録音した2曲目(1曲目は昨日のブログ記事でリンク済み)は、「CPE Bachのフルートソナタ」から第一楽章です。

上記、残響時間、後期残響のことなどを考えながら聴くのもまた一興かと。v(^^

|

« 新たな生活を迎えて | トップページ | 人生の王道、そして笛の道? »

コメント

ご開院準備お疲れ様です。

リハビリ室(コンサートホール)の演奏良かったです♪ 今度生演奏をお聴かせ下さい。改めてフルートの音色にうっとりして寝る時間も忘れてしまいました。

松原ハミングバーズも ここで歌ってみたいな。でも私は音外しの問題児(爺)だから迷惑をかけますね・・・・。


投稿: けんちゃん | 2008.02.06 02:01

けんちゃんさん、どもっす!
今考えているプランとして、Kクリニックで「脳ドック」を受けて頂いた方にはその後1年間リハビリ室を無料でお貸しする(もちろん予約制ですが)というものがあります。
「松原HB」の練習会場として使って頂いて一向に構いません。グランドピアノも入りますしね!

投稿: balaine | 2008.02.06 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/40010105

この記事へのトラックバック一覧です: 残響の評価2:

« 新たな生活を迎えて | トップページ | 人生の王道、そして笛の道? »