« 「にっぽん!ははは!!」と医院引渡し | トップページ | 山響「鳥海春待ちコンサート」 »

2008.02.10

第3回モーツァルト定期 in 山形

山響が今シーズンから8年かけて演奏して行く、『モーツァルト・シンフォニー・サイクル』、いわゆる「モーツァルト定期」の第3回コンサートが、平成20年2月9日(土)、山形テルサで行われました。
クリニックへの電子カルテ用コンピュータ類やその他の搬入、内装の残りの部分を3時前までに終わりにして頂いて、出かけました。
モーツァルト定期会員ですが、シートは当日夕方5時から会場で引き換えなければならないので、それに間に合う様に酒田を出かけました。昨日のコンサートも人気で前売りチケットほぼ完売という事で、当日券を求めて20名近い方が並んでいらっしゃいましたが、皆さん入れたのでしょうか?

今回のコンサートのプログラム、曲の解説、その他詳しい事はnarkejpさんのブログに詳細に的確に書かれているので、私が書くべき事はほとんどありません。どうぞ電網郊外散歩道「アマデウスへの旅」第3回をご覧下さい。

Photo音楽監督飯森さんによるプレトークは、いつもにもまして熱が入ったようでした。2日間、ナイタースキーに行って来たせいでしょうか、滑らかなトーク。今回は、ピリオド奏法、楽器の復習という事で、写真のようにフルートの足達さん、トランペットの井上さん、ホルンの八木さんを迎えて、現代楽器と当時の楽器の説明がありました。フルートの場合、古楽器というのはフラウト・トラベルソと言って、穴が開いた横笛にキーが1つか2つしか付かないもので、奏法も指使いも現代楽器とは全く違います。モーツァルト定期では、パウエルという会社のグラナディラという材質の黒い木管を使っています。吹き比べて頂き、確かに音の違い、一方は輝かしく他方は渋くどことなく素朴な感じでした。
トランペットはピストンが無いので、唇の調節で倍音を出しながら音程を変えます。右手で長い管の途中にある孔を抑えたり開いたりしています。これは、音程の調性のためもあり、またここから余分な息を逃がすことによって音がよりクリアで安定します。ホルンもナチュラル管の出せる音に制限がある所を触らせていただきました。


さて、今回の目玉は何と言っても、山響ファゴット奏者である高橋あけみさんによるファゴット協奏曲でした。実は、一昨年の酒フィルの定期演奏会で、チェコフィルのファゴット奏者オンジェ・ロスコヴェッツ氏を招聘していて(アフラートゥス五重奏団と遊佐、酒田の交流の関係から)、大変楽しみにしていたのですが急に来日できなくなりとてもがっかりした事がありました。定期演奏会そのものは、練習で代吹きをお願いした読響の武井さんが、本番前日の無理なお願いにも快く酒田まで来て下さって、素晴らしい協奏曲を演奏して下さり、ホッと胸を撫で下ろしたものでした。そのリベンジもあって、オンジェは昨年11月のチェコフィル日本公演に合わせて、遊佐でファゴットリサイタルを開いてくれたのでした。(「ありがとう!オンジェイ!」をご覧下さい)
Photo_2そう言う意味で、ファゴット協奏曲は大変思い出深いものでした。
高橋あけみさんは、ラベンダー色というのでしょうか、素敵なロングドレスで、ちょっと緊張して演奏されていましたが、終わった途端、とてもうれしい!楽しかった!というようなお顔をされたのが印象的でした。
演奏会後の交流会で、飯森さんへのインタビューの後、高橋あけみさんへのインタビューがありました。ラベンダー色の服に合わせる為、友人が共布で世界に一つだけのストラップを作って下さったそうです。素敵でした。

コンサートが終わった時には結構な雪が振り始めていました。次の日(つまり今日)の10時から医院にPACS(Picture Archiving & Communication System)の設置準備があるため、どうしても夜中に帰らなくてはなりませんでした。夜の、雪の、月山道はかなり厳しいものがありましたが、1時間50分くらいで何とか家に辿り着きました。

今日(2/10)は、遊佐町中央公民館で『遊佐春待ちコンサート』と題して、まったく同じ演目をやって頂くことになっており、このコンさートの事はまた明日書きたいと思います。

|

« 「にっぽん!ははは!!」と医院引渡し | トップページ | 山響「鳥海春待ちコンサート」 »

コメント

トラックバック、御紹介、ありがとうございます。出張前に急いでコメントします。さすが、楽器解説のところ、正確かつ明快ですね。グラナディラって、木の材質かと思っておりました(^o^;)>poripori
冬の月山道、大変ですね。途中の安全をお祈りいたします。早く春が来るといいですね〜。

投稿: narkejp | 2008.02.11 05:58

narkejpさん、どうもっす!
グラナディラ、確かに樹木の一種なので「木の材質」で間違いないと思います。他に、黒檀とか紫檀とかがあります。私のピッコロ(フィンダ)は2本とも木です。黒と茶(ローズウッドの仲間のパリサンダー)を使っています。

投稿: balaine | 2008.02.11 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/40079104

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回モーツァルト定期 in 山形 :

« 「にっぽん!ははは!!」と医院引渡し | トップページ | 山響「鳥海春待ちコンサート」 »