« 医療事務などの面接 | トップページ | 「1月は、いぬ、、、」 »

2008.01.20

新春街かどコンサート第1弾

本日も午前中に面接試験を行いました。
雪の中を集まって頂いた方にはご苦労様でした。

午後1時から、中町の『酒田市交流ひろば』で「街かどコンサート」がありました。
昨夏のJAOの時の「街かどコンサート」でピアノのGaborが公開レッスン(JAO酒田大会2日目)を行ったり、全国から集まったアマオケプレーヤーが演奏した場所(JAO酒田大会3日目、高円宮妃殿下がお出でになった)です。JAOのプレコンサートで私がフルートで出演(「ミニコン」、MozartのFl四重奏曲など)もしました。
3/16(日)のオペラ『ラ・ボエーム』の宣伝を兼ねた催しです。昨年のJAOの時の街角での演奏の評判が良く、「またやってほしい」「時々でいいから街角で気軽にクラシックが聴ければ、、、」と言う要望があったそうです。今日の「街かどコンサート」には、「どこぞで小耳に挟んだ」ということで衆議院議員の加藤紘一さん(鶴岡出身)も観客として見えていました。酒田市でちょうど何かの会合があったということで、酒田に来ている時にちょうどこの催しがある事を聞いたということでした。

実は、これから酒田フィルの年次総会と新年会で出かけるため、記事の続きと写真は帰って来てからやります。
せば!
ーーーー
ということで、帰って参りました。昼間の「街かどコンサート」の追加です。
120a120bまずは酒フィルが誇るヴィルトゥオーソの面々による弦楽四重奏。
オペラ「ラ・ボエーム」の有名なアリアから『私の名はミミ』と『わたしが街を歩けば』の2曲をアレンジして美しく演奏しました。ミミのアリアは、1幕目の最初、この劇の主人公となるミミとルドルフォが知り合って自己紹介をする最初のソロ。観客はこの歌でまずぐっと劇に引き寄せられる事でしょう。次は、2幕目にもう一人の女性登場人物であるムゼッタの有名なアリア。「私が街を歩けばみんなが振り向くのよ。。。でも、何故、貴方は振り向かないの?」という昔の恋人への当て付けであり未練たらたらの歌ですが、大変魅力的な旋律で私はこのアリアが一番好きです。

120c120b_2120a_2後半は、酒田中央高校音楽部の弦楽5部演奏。(管弦楽団の管・打楽器抜きです)
演奏曲目は、まず、シベリウスの「アンダンテ・フェスティーヴォ」。
次はモーツァルトのディヴェルティメント ニ長調からアンダンテ。
続いて、2007年のポピュラー音楽のヒットメドレーで、「おしりかじり虫」、「NAO」、「千の風になって」。指揮をしたM先生(酒フィルのCb奏者)が編曲して弦だけで楽しく演奏してくれました。特に、「おしり、、、」では、演奏しながらパートごとに「♪おしりかじりむし〜♪」「かじってなんぼの商売だ!」などと歌を歌っていました。面白かった。
最後に、J.シュトラウスJr.の「ピチカート・ポルカ」。全員が弓をおいて、指で弾くピチカートで演奏するものですが、なかなか合っていて美しかった!
相当練習したようで、昨年の夏の定期演奏会の時から比べると弦5部の各パートがなかなかよくまとまっていて、音程も安定していました。もちろんいろいろ問題点はあるでしょうが、高校に入ってから始めた人ばかりで、高1と2年生による構成ですから、短い人では9ヶ月たつかどうかのキャリアーな訳です。素晴らしいと思います。
きっとみんなかなりの緊張だったのでしょう。もっと楽しそうに(真剣な表情の中に少しは微笑みを)、元気に弾いたらもっと良かったでしょう。「おしりかじり虫」での歌はさらに恥ずかしそうに小さな消え入りそうな歌声でしたので、誰かリードする人がいてもっと元気に歌った方がより楽しい演奏になったと思います。でも、とても楽しい、いい演奏でした!Bravo!です。
加藤紘一代議士も興味深く最後まで聴いておられました。上記写真の中で、加藤さんはどこにいるでしょう?(笑)

次の「街かどコンサート」は、2/10に弦楽カルテット、2/24に弦楽カルテット/チェロ独奏/中央高校音楽部PartIIの3本立てです。お楽しみに!

|

« 医療事務などの面接 | トップページ | 「1月は、いぬ、、、」 »

コメント

ありがとうございました(´∀`)
私はチューニングの時から手が震えて恥ずかしかったです笑
あんまり弾けませんでしたし..

奥様に宜しくお伝え下さい(ノ∀`*)

是非また来て下さい!!!
次は緊張しないぐらい練習しますから☆*.゜

投稿: ハチ | 2008.01.20 16:03

ハチさん、お疲れ!
緊張するのが当たり前で普通。緊張に打ち克とうとしても普通は負けてしまうので、「緊張を楽しむ」位になるといいですね。かく言う私もコンサートなどは緊張でかなり上がりますよ。上がっても普段の力が出せるようなイメージトレーニングと集中力を練習で養う必要がありますね。
簡単には出来ませんが。
私も昔は人前で吹こうとすると唇が震えて、「緊張ビブラート」がかかってしまいました。最近は「慣れ」でこの変な震えは減って目立たなくなりましたが、まだまだです。
「緊張しない位練習する」ではなくて、「緊張しても震えない位集中できる様に普段から集中して練習する」(=本番の会場、お客さんをイメージして練習する)ということが大事なのだと思います。頑張ってね!コンミス!

投稿: balaine | 2008.01.20 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/17761682

この記事へのトラックバック一覧です: 新春街かどコンサート第1弾:

« 医療事務などの面接 | トップページ | 「1月は、いぬ、、、」 »