« お正月のテレビ番組 | トップページ | 酒田のお正月 »

2008.01.04

ついに『のだめ』新春スペシャル

今夜です。
今、「メーキング」やってます。
ちょっと「フジ」の思う壷にはまっているようですが、楽しい。
なにせ、昨年5月に訪れたプラハ。
Romanrise1RudolfinumDvorakcastle「プラハの春 音楽祭」でチェコフィルによる『我が祖国』全曲演奏を聴いた「スメタナホール」(写真は終演後、フルートパートがたって聴衆の拍手に応えているところ、指揮者はドラマでヴィエラ先生役を演じているマーカルさん)。一昨年のプラハ訪問時に訪れたルドルフィヌム(のだめと真一がプラハに着いて真っ先にヴィエラ先生指揮のコンサートを聴きに来た)、そしてヴルタヴァ河越しに臨むフラチャニの丘とプラハ城(ドヴォジャークの立像がルドルフィヌム正面で見守っている)。
懐かしい気持ちとなんとなく自分がそこにいるような高ぶる気持ちが自分でも変です。

先ほど、山響音楽監督飯森さんもでていましたね。千秋真一演じる玉木宏さん始め指揮の指導のためにプラハに短期往復して来た事はご自身のブログでも書かれていました。

この番組は原作が漫画ですし、笑いを取るためとはいえ「無理」なところがたくさんありますし、変な人のオンパレードなんですが、音大とか音楽家には確かにちょっと普通の常識では通じない人がたくさんいるのです。「つっこみ」どころは満載です。
まず、千秋真一の指揮。「天才」とか「貴公子」というタイトルのつく若手指揮者の指揮があれでは、「ぷっ!」と言う感じです。小学生でももっといい指揮をする人がいると思いますよ。ピアノ協奏曲の時はとても素敵でしたが、指揮姿ははっきり言って戴けません。今やっている「メーキング」では、ちらっと見ただけですが、飯森さんの指導とその指揮ぶりのDVDで勉強した御陰か、大変決まっていました。まだまだリズム感というか、切れというか、う〜〜ンというところです。音楽について行ってる感じで、要するにオケをリードしている様には見えません。指揮がそう簡単にできるなら、「指揮者」というプロの職業も必要ないでしょうし、「指揮者コンクール」などというものも要らないでしょうね。そんなに言うなら、お前がやってみろ!と言われたら、、、指揮ってしてみたいですねぇ〜。
千秋真一は漫画ではカッコいいのですから、かっこいい役者である玉木宏さんもかっこいい指揮を披露して頂ければとおもいますが、、、まあ、ドラマですから目を瞑りましょう。
チラッとみたところでは、「アリtoキリギリス」の石井さんが片平という日本人で指揮者コンクールに参加している役なのですが、ピョ〜〜ンと飛び跳ねるあの指揮がとても素晴らしかったと思います。

のだめがお城で演奏をした時にお世話をした執事役に、「山形弁研究家」のダニエル・カールさんが出ていました。「かみかみ」の日本語、あれは「しゃまがたべん(山形弁)」の台詞ならスラスラだったのでしょう。(笑)

Dvorakstatue1「ぶらぼ〜」、bravo、演奏会でよく聞かれる言葉ですが、ほとんど日本語ですね。
本当のbravoは、「ぶるらぁ〜ゔぉ」と発音するものだと思います。まあ、こういうことに楽しく突っ込みをいれながら楽しみましょう。
(今日は私仕事初めで、これからM病院で宿直なんですよね、新年早々のお泊まりです)


P.S.
お仕事(宿直)しながら「のだめ」見てます。
「プラティニ指揮者コンクール」のオケは、プラハ放送響だとのことですが、クラリネットにはアフラートゥス五重奏団のクラリネット奏者ボイチェフ・ニードゥルがいます。
Kanpai2この写真の左端、ちょっともじゃもじゃ頭の愛嬌のある顔がボイター(ボイチェフの愛称)です。
ドラマでは、千秋真一がR.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」でクラに駄目出しをした時にちょっとアップであのもじゃもじゃが映りました。彼のクラリネットの音は、本当に柔らかく、まる〜〜い、ほわ〜んとした音で美しいのです。
そして、千秋真一演じる玉木宏さん、本当に素敵な指揮をする様になりました。タクトの扱いや雰囲気も素敵ですし、国際指揮者コンクールを受けるにふさわしい姿ですね。ご本人の努力はもちろんですが指導に当たった飯森さんの力も大きいのでしょう。楽しいドラマです。

|

« お正月のテレビ番組 | トップページ | 酒田のお正月 »

コメント

千秋先輩の指揮はなんとなく見ているこちらがハラハラする気がします..

ハチもメイキング見ました(`∀´)ノ
飯森さんはさすがですね(*´艸`)
カッコいいです←

のだめは全部話 再放送されました?
最後の2話くらい撮られてなかったんですよ(o´∀`;o)a
清良のカルメン..(艸д+。)

お仕事頑張って下さい(`・ω・´)

投稿: ハチ | 2008.01.04 17:48

ハチさん、コメントありがとう。
清良のカルメン、うん、かっこ良かったっすよ〜。ただ、次に演奏したブラ1の時、「コンミス、服着替えろよ!」みたいな真っ赤なドレスのままでしたね(笑)。
それはそうと、今晩NHK教育で海野義雄、堤剛、中村紘子の豪華なトリオやりますよ。C高コンミスとしてはそっちを観るべきじゃないかな〜(苦笑)。どちらか録画、ということで。

投稿: balaine | 2008.01.04 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/17574503

この記事へのトラックバック一覧です: ついに『のだめ』新春スペシャル:

« お正月のテレビ番組 | トップページ | 酒田のお正月 »