« 冬突入の、その前に | トップページ | ありがとう!オンジェィ! »

2007.11.20

チェコフィルとオンジェィ・ロスコヴェッツさん

チェコの誇るオーケストラの一つ、チェコフィルが来日した。

Rudolfinum(写真は今年5月に撮った、チェコフィルの本拠地ルドルフィヌム(=芸術家の家))
そのスケジュールは、来日日と離日日の2日を除いた10日間で8公演という強行軍である。演奏するのが「仕事」だから仕方ない。
フルートのロマン・ノヴォトニーからメールで知らせてもらったチェコフィル日本ツアーの日程は以下の通り。
11/14:プラハ出発、11/15~18:中国、上海で公演。
11/19:上海から日本へ。
11/20:新幹線で名古屋経由福井へ。「ハーモニーホール福井」にてチェロ堤剛でドヴォジャークのチェロコンやムソルグスキー「展覧会の絵」など演奏し、その日は名古屋泊。
11/21:新幹線で盛岡へ。「岩手県民会館」にてピアノ吉田裕子でラフマニノフのPコン2番と「新世界から」。盛岡泊
11/22:東京へ。墨田トリフォニーで「我が祖国」全曲演奏。
11/23:オフ日
11/24:新幹線で京都へ。「京都コンサートホール」でマーラーの3番。
11/25:新幹線で横浜へ。「みなとみらいホール」(マチネ)で「ヴルタヴァ(モルダウ)」、ドボ8と展覧会の絵。
11/26:「サントリーホール」でマーラー3番。
11/27:「サントリーホール」でチェロコンと「新世界から」など。
11/28:札幌へ、移動のみでオフ
11/29:「札幌コンサートホール キタラ」で、「我が祖国」全曲。
11/30:札幌から空路台北へ。

 Castlenight(写真はモルダウ(ヴルタヴァ)対岸から臨む夜のプラハ城)
ほんの18年前までは社会主義国であったチェコ(当時はチェコスロヴァキア)なので、美しいプラハの街中にもその陰や歴史はくっきりと残っているものの、社会主義から資本主義の荒波に乗り出して、その中で揉まれて変わらざるを得ないところがあるだろう。チェコフィルにとってアジアツアーは稼ぎ時のようである。昔のチェコフィルの事をわかっている訳ではないが、その弦の緩やかに押し寄せる波のような柔らかさと重厚さ、管の輝かしさと美しさは多くの人を魅了した。最近のチェコフィルは変わったという人もいる。魅力的なオケである事は変わりないのだが、昔のような「いぶし銀」的な響きが影を潜めて、西欧諸国のオケとあまり変わりなくなったという印象を受ける人もいるらしい。
Czphilall(写真は、今年の『プラハの春 音楽祭』でのチェコフィルinスメタナホール)
伝統あるオーケストラには、その「色」というものが確かにあって、観客はそれを期待して、または過去の幻想を追い求めて行くのかもしれない。しかし、時代とともに団員は若返り、楽団貸与のものでない限りは楽器も変わり、指揮者、音楽監督が変わればその特色も変化するのは避けられない。
Dvorakstatue1(ルドルフィヌムを見守るように建つ、ドヴォジャークの銅像)
更に、チェコフィルのように社会主義国の中で保護され、ある意味型にはめられていたオケが、西洋諸国の資本主義の世界に乗り出せば、変わらざるを得ない所もあるだろう。上記日程を見ても、「チェコフィル」に期待される演奏は、毎年のように代わり映え無く『我が祖国』であり、『新世界から』であり、『ドボ8』なのである。この方が、高くても(S席18000円とか)人が集まるからである。

たまたまオケ団員に友人がいるわけであるが、彼らは「チェコフィル団員」であることを誇りに思っている。日本ツアーは楽しみだし、大切な演奏旅行と考えているようである。その大切な公演を2つ「降り番」にしてまでも、ファゴットのオンジェィ・ロスコヴェッツは酒田・遊佐に来てくれた。
昨日、成田に着いて、一旦都内のホテルに荷物をおろし、羽田から庄内空港最終便で、雪のちらつく寒い酒田に入った。3年前のアフラートゥスの「響」公演、昨年1月のプラハ訪問、昨年9月のアフラートゥス「響」公演と(私の場合はこれに本年5月のプラハ訪問が加わる)、度々の交流で親しくなった酒フィル団員と遊佐の音楽協会関係者とともに再開を喜び合い、『ル・ポット・フー』で夜遅い(10時過ぎの)おいしい食事を共にした。
不覚な事に、デジカメ持参しながら写真を撮るのを忘れました!残念!
Photo今日から、ピアニストの藤井亜紀さんとのリハーサル。今日の夜も、明日のリサイタル後もパーティの予定なので、そこでは写真を撮り忘れないようにしよう。

|

« 冬突入の、その前に | トップページ | ありがとう!オンジェィ! »

コメント

旧姓うちゃまです。こんばんは。いつもありがとうございます。

もうすぐ定期演奏会ですね♪チェコフィルのマーラー3番を聴きたくなりました。

話は変わりますが、同僚が偏頭痛が再発した様だと言っていた。来春、く○き脳神経クリニックが開業するから!と教えたておきましたが、春までは待てない・・・らしい。地域医療向上のために、○木先生の早期開業を応援いたします♪

投稿: けんちゃん | 2007.11.20 22:04

うちゃま、改めけんちゃんさん、ありがとうございます。伏せ字にする内容ではありませんが、このブログ、特に初期の方は医療関係の事に付いて想いの丈綴ったというか、言い過ぎの部分もあるので、「実名」描写は避けております。
ご了解ください。
ちなみに「偏頭痛」は10分と待てない頭痛に襲われます。適切な医療機関で適切な診断と治療を受ける事が克服への第一歩です。わたしがお役に立てるならうれしい事ですが、あと3ヶ月ちょっとお待ちいただきます。
ごめんなさい。m(_)m

投稿: balaine | 2007.11.21 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/17127080

この記事へのトラックバック一覧です: チェコフィルとオンジェィ・ロスコヴェッツさん:

« 冬突入の、その前に | トップページ | ありがとう!オンジェィ! »