« しつこく、告知る | トップページ | さらば!鉄腕! »

2007.11.13

「のだめカンタービレ」

本日、単行本第19巻発売だそうです。
今まで、あえてあまり触れて来なかった人気漫画。天の邪鬼の私としては「人気がある」と聞くとちょっと恥ずかしい気持ちもあり、好きだ、愛読している、とは言いがたく。。。(笑)

以前、本ブログでも書いた事あると思いますが、3年前の酒フィルの定期の練習で「ベト7」をやっていたとき、たまたま本屋で見かけた単行本。確か既に11巻まで出ていたので、1〜11巻「大人買い」してしまったのでした。
主人公のだめがおもしろいのはもちろん、出身が福岡で、脇役のオーボエ奏者通称「クロキン」の名前、そして学生たちのオケが「Sオケ」と言う名前で「ベト7」を練習していた、というあまりにも符合する、はまる要素が多くて一気にはまってしまいました。
以来、女性漫画週刊誌「Kiss」は購読できないけれど、単行本の発刊を楽しみにして買い続けていますが、連載開始からもう8年経っているらしいですね。山形では、アニメの「のだめ」の放映が無くて、どうして?!との思いがありましたが、約1年前フジ系でやっていたテレビドラマが思いの外良く、主役のだめ演じる上野樹里(山形を舞台にした映画『スィング・ガールズ』でサックスを吹いた主役)や王子千秋真一を演じる玉木宏(近頃はTV-CFなどでも引っ張りだこ)のコミカルな演技は、「実写は無理だろう」と言われた漫画のぶっ飛んだキャラクターを見事に演じ切っていました。
オケのシーンでは、漫画だと、本物のオケの演奏に合わせて漫画のオケ団員が動くようなアニメは難しいらしく、静止画でごまかされている所もおおかったようです。第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが違う弓の動きをしたり、強弱で弓のスピードや使う長さが変わったりするのはアニメでは難しいでしょう。テレビドラマ版では、音大生やプロを集めた「のだめオケ」というのを作り、本物の演奏を演じたのですからばっちりだった訳で、そういう点でも実写版は高く評価されました。私もつい毎回録画して観てしまいましたね。

その『のだめカンタービレ』ドラマ版が来春に2日連続のスペシャル番組で帰って来るそうです。今度は、舞台をパリやプラハに移して、ヨーロッパでの活躍を演じるようです。漫画の方は、パリに行ってから、すでに単行本だけで6,7巻進んでいるのですが、テレビドラマでそれは難しく、ファンの要望に応えて「スペシャル番組」として放映されるのだそうです。「孤高のオーボエ奏者クロキン」もパリ留学中ですから、また出演するでしょう。
「クロキン」を演じていたのは、NHKで毎週木曜日に放送している藤沢周平原作の『風の果て』で、主人公桑山隼太の若い頃を演じていた福士誠治という俳優です。私は結構テレビを観る方ですが、福士さんという俳優さんは他に何に出ているかは知らなかったので、「のだめ」のクロキン役が強烈に印象に残ってしまいました。ですから、『風の果て』を観ても「クロキンの人だ」となってしまうのです。
山響音楽監督の飯森範親さんのブログによると、今回のヨーロッパロケでは、プラハのスメタナホールでプラハ放送響を使って、飯森さんが玉木宏さん(千秋真一)に指揮の指導をして音楽をまとめて作り上げたのだそうです。観ていないのでわかりませんが、今年発売された「のだめカンタービレ」ドラマのDVDボックスでは、その演奏の音源を飯森さんがプラハのルドルフィヌムのドヴォジャーク・ホールでチェコフィルを振って録音したのだそうです。
チェコフィルのロマンやオンジェに会った時に、少しだけそんな話もしました。
来年の「スペシャル番組」には、ですから、昨日のブログ記事でも写真を出した「スメタナホール」が出るのだと想像しています。楽しみです。
プラハには、チェコフィル、プラハ響、プラハ放送響、プラハ室内管弦楽団、チェコ・ナショナルフィルなどなど、プロオケだけでもたくさんあるのですが、チェコフィルには、ロマン、オンジェィ、ヤナの3人、プラハ響にはピッコロのスタンダ、プラハ室内管にはクラのボイターと知己の友がいます。ドラマに出て来ると想像される「プラハ放送響」には残念ながら知り合いがいません。アフラートゥス五重奏団は、来年(平成20年)にまた来日するので、日本のテレビドラマに出るなら録画してDVDで見せて上げたいと思ったのですけど。

と言う訳で、来週の、オンジェィのリサイタル、プラハとのだめの話が繋がった(無理矢理繋げた?笑)のでした。
ちっとぉもしぇのぉ。

|

« しつこく、告知る | トップページ | さらば!鉄腕! »

コメント

福士誠治さんは、「スウィング・ガールズ」にも出演してます。あと、去年のNHKの朝ドラ「純情きらり」これで全国的に認知されたのでは?と思います。
のだめのオーケストラ(吹き替え)には、昨年の酒フィルのソリスト、fgの武井さんも吹いていらっしゃるとご本人が言っていました。

投稿: librarian | 2007.11.16 18:45

librarianさん、ありがとうございます。
そうでしたね。野球部員でしたね。
今後ともどうぞ覗きにいらしてくださいね。

投稿: balaine | 2007.11.18 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/17062639

この記事へのトラックバック一覧です: 「のだめカンタービレ」:

« しつこく、告知る | トップページ | さらば!鉄腕! »