« 『義民が駆ける』 | トップページ | 今日の鳥海、昨日のライブ、そして驚き! »

2007.11.04

文化の日の週末

昨日11/3(土)は文化の日で国民の祝日でした。
大学を離れ、土曜日も仕事をする体制にしているため、土曜の朝に出かけずに家にいるのはちょっと拍子抜けでした(大学病院は土日休みですが、考えてみれば自主的に、当然の事として土日も行っていましたね、ただ「何時出勤」という決まりがないだけでした)。お天気は今ひとつでしたが、酒田市平田地区(旧平田町)で開かれている「めんたま祭り」に行ってみました。
「赤葱」が有名らしいです。いろいろなイベントが行われており、11/3にあわせて街ぐるみの「文化祭」もやっていました。
食いしん坊の私は食のテントに注目。平田町に嫁いで来られたのでしょうか、フィリピン、韓国、タイなどの女性がお国の料理を販売していましたので、早速「フィリピン風春巻き」「チヂミ」「グリーンカレー」「パッタイ」をお買い上げです。「模擬上棟式」では雨にも関わらずたくさんの人が、まかれるお餅(?)を競って取り合っていました。私のクリニックも年内に上棟式の予定なので、その時には餅を捲くのかな〜などと考えながら見ていました。

Photo_2午後からは「酒田市民音楽祭」。
まず午後1時集合で練習。2時から音楽祭。昨日コメントを下さったうちゃまさんも合唱で参加。(写真は、酒田吹奏楽団メンバー中心の金管アンサンブルのロビーコンサート)

Q酒フィルは「トリ」で最後の最後。一昨日、某所で一緒にフルート四重奏をやったHさんは、酒フィル関係のヴィルトゥオーソばかりを集めた五重奏(Pf., Vn.,Va.,Vc., Cb)で素晴らしいシューベルトの五重奏曲を披露されていました(写真)(五重奏の録音はありません。フルート四重奏の録音は『音ブログ』にそのうちアップする予定アップしました。)
ハイドン作曲「セレナーデ」音ブログをどうぞ!
「モーツァルト・フルート四重奏ハ長調1楽章」をアップしました(11/6)。
「同フルート四重奏2楽章」もアップしました(11/7)。


Photo(写真は残念ながらピンボケです)
酒フィルの演奏曲は、エルガー作曲『威風堂々第1番』。10分ちょっとなのであっという間に終わり。
はっきり言ってあまりいい出来ではありませんでした。12/2の定期演奏会、3/16のオペラ「ラ・ボエーム」の練習がけっこうきつくて、「威風堂々」はそれらの練習の最後にちょっとだけ2回程合わせた程度で、演奏者全員が初めて揃ったのが本番当日という有様。お聴きになった皆さんには大変失礼な話です。まあ「お祭り」ということでお目こぼしを。
さあ、それでお疲れさまということになればいいのですが、定期演奏会まで1ヶ月を切りましたので、その後午後5時から7時まで練習がありました。ベートーベンの「エグモント序曲」とチャイコフスキーの「悲愴」です。時間も少なかったので、練習したというよりは「通した」と言う感じ。平日仕事をしている人の集まりですから、連休の週末は家族サービスとなったり、地元の地区の催しに義理があったり、いろいろな人がいる訳です。徳島の国民文化祭にはるばる参戦しているメンバーもいます。そのせいで、オーボエとファゴットとクラとホルンのトップがお休み。チャイコの「悲愴」では特にこの4本は大変重要な役割を担っているので、歯抜けの演奏でした。私は内心(本番まで1ヶ月切ってこのレベルかよ〜)と思いながら演奏していました。しかし、毎度の事、酒フィルは残り数週間でぐぐっとレベルアップするのです。極端なことを言うと、本番3日前の練習で「え?!これがあの音を出していたオケなの?」と目を丸くし耳を疑う位良くなります。今年もそうなる事を信じたいです。

ということで、「文化の日」らしい過ごし方でしたが、ひとつ残念だったのは仙台に行く時間がなかった事です。
その代わり、今日出かけます。
以前、このブログでも書いた、私が中学生の時にフルートで出た「東北なんだかコンクール」仙台地区予選(ダッタと思う)でピアノ伴奏をしてくれたK.I. さん。国立音大を出て、今は素敵なジャズピアニストです。これも前に書いたと思いますが、私が個人的に世界一(?)カッコいいと思う職業、ジャズ・ピアニスト。
だって、ビル・エヴァンスとかオスカー・ピーターソンとか憧れます。日本でも現役で山下洋輔さんとか小曽根真さんとか、素晴らしい方がたくさんいます。岩崎佳子(あ、名前出しちゃった、いいか宣伝だし)は、そういったビッグネームではないです。世間的に名前の知られていない素晴らしい音楽家はたくさんいる訳で、彼女も園一人です。自主レーベル(いわゆるインディーズ)でこれまでCDを3枚出しています。その中には、友人の「小野りさ」さんが「友情出演」されているものもあります。
300706(写真は、ちょっと小さいですが、彼女の3枚目のアルバム『My Ship』です。私も音ブログに録音をアップしていたのですが、JASRACに指摘されて消去しました)
その岩崎さんがこの度4枚目のアルバム『Heart to Heart』を出すことになりました。
東京、横浜を中心に活動している彼女が、このアルバムを記念して生まれ故郷の仙台で「初ライブ」を開くことになり、それが11/3と4日なのです。昨日は、私は行けなかった訳ですが、同級生もたくさん集まったらしいです。

今日、夜7時から。場所は『カフェ・モーツアルト・アトリエ』、 tel 022-266-5333。
演奏は、ピアノ岩崎佳子、ベース稲葉國光、ギター田附靖です。今晩ならまだチケットあるかもしれません。

仙台まで高速道路を使っても2時間半はかかります。往復5時間で大変ではありますが、同級生のアルバム発売を祝したいですし、何より彼女のライブ(昨年5月に横浜馬車道で聴いて以来)が楽しみです。
まあ、牛タンを食べるという当然!の目的もある訳で、、、(笑)

Q_2Photo_3今日のおまけ。
11/2の夜、某所で演奏したフルート四重奏。知人のお願いで、ある会の始めに3曲演奏しました。「音ブログ」に載せる予定です(まずは1曲目ハイドン作曲「セレナーデ」です)。
おまけのおまけ。チェロ奏者で楽団指揮者でもある「タビの親父」さんのイチゴです。
素晴らしい色、形、そして味(!)でした〜。御馳走様。

|

« 『義民が駆ける』 | トップページ | 今日の鳥海、昨日のライブ、そして驚き! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/16968480

この記事へのトラックバック一覧です: 文化の日の週末:

« 『義民が駆ける』 | トップページ | 今日の鳥海、昨日のライブ、そして驚き! »