« カウンター注目 | トップページ | 連休続き(秋分の日) »

2007.09.22

秋の真夏日(秋色の鳥海とグルメ番外編)

919c919a9月も下旬、秋分の日を間近に控え、秋色濃くなる「はず」ですが、ここ数日猛烈な暑さです。ここ酒田でも30℃を超える真夏日が3日続いています。
でも、季節は確実に秋。
愛する鳥海山も秋色濃くなってきました。田んぼも黄金色(こがねいろ)です。
一枚目は、Uクリニックへの通勤途中。自宅から数分の所で山形自動車道の現在最も北の部分、「酒田みなとインター」に向かう部分が写っています。9/19撮影。
二枚目は、国道7号線から本館方面に入ったあたりで、本日(9/21)撮影。撮影時間も違いますが、空の色が微妙に違います。真夏のように暑かったのですが、空は高く、秋そのものですね。

D919b三枚目は、黄金色の田んぼを大きく入れて、遊佐町近くの羽越線陸橋の上から。9/19撮影。
四枚目は、鳥海山のアップ。7,8月に撮影した写真では頂上近くに残雪が見えたのに、9月になってほとんど消えています。そして、上の方から色が変わり始めています。紅葉はわかりませんが近くに行けばそろそろ色付き始めた広葉樹木も見えるはずです。

PhotoPhoto_2以前、住んでいた期間も含めて酒田には2年以上いるのですが、始めて行ってきました。
7号線沿い、こがね町にある「銀華飯店」。
暖簾もかかっていなくて、一瞬「休み?」と思ったのですが、お世辞にも綺麗と言えないお店はお客さんで一杯でした。仕事中の昼食に来たとおぼしき男性たち以外に、主婦、母と娘さん、若いカップルなど多彩な客層です。ほとんどの人が「あんかけチャーハン」650円を注文しています。私は久しぶりに食堂風中華のレバニラ炒めがたべたかったので、それと「小」ライス。小、で普通の量ですね(右の写真)。
あんかけチャーハンは熱々で、時間が経っても冷めないので、冬にはぴったり。真夏日の今日食べるのもオツなものでした。美味しい。
期待したニラレバ炒めは、山形市の『竜馬』の味を知っているだけに私的には合格点は出せません。皿からこぼれ落ちんと言うくらいのニラどっさりに、レバーもたくさん入っていて530円はリーズナブルでしたが、シャキシャキ感の残ったニラはちょっとシャキシャキ過ぎな上、ちょっと焦げ臭い。要するに火加減が絶妙ではないのでしょう。でも身体には良いので、残らず頂きました。その他のメニュー(焼きそば、あんかけ焼きそば)なども美味そうだったのでまた挑戦したいと思います。

グルメレポートではないので、美味しかったお店、気に入ったお店は積極的に載せていますが、「ん?」というお店や今一と感じた所は、お店の経営や風評に問題が起こると行けないのでこれまで載せてきませんでした。
今回、ちょっと「番外編」という形で少し載せてみます。

ABまずは、酒田市と庄内町の境近く、国道47号線に面したところにある『とよ作』。富士宮焼きそばという聞き慣れない焼きそばが名物のお店です。
「富士宮やきそば学会HP」はこちら。「学会?」
B級グルメの世界ではかなり有名なものだったらしい。
麺を茹でずに、鉄板で蒸した後焼くため、かなり水分の少ない堅い、硬い麺が特徴。味付けも少し変わっているけれど取り立てて「すげぇうめぇ!」とは思わず。同時に、「横手風」やきそばもあったので注文。こちらも、本家の「横手焼きそば」とはちょっと違う。味というのは好みの問題だから、こういうのに「はまる」人もいるのであろう。
基本は駄菓子屋で出していたオヤツ風のパリパリの堅い焼きそばなのだと思う。
Photo_3Photo_4先日、宮城県の大崎市に行った時に昼食をとった「食の蔵 醸室(かむろ)」。そこでたまたま見つけて「麦」というお店で注文した、左が牡蛎入りペペンロンチーニ、右は黒米リゾット。
パスタにはうるさい私ですが、麺の固さ、味付けなどとても満足。にんにくがごろごろ入っているのも私好みでありました。リゾットも旨かった。
「醸室」のサイトはこちら。

Photo_5Photo_6酒田市大宮町、県立日本海病院近くにあるカレー専門店『ナーランダー』。ここは地元では有名なカレー屋さん。日本人のご夫婦で仲良く、飄々と店を切り盛りされている。
お店にはこの象の人形を始めインド風なものが飾ってあります。一番のお勧めは右写真の「ティーンカレー」。マハラジャ、マトン、ベジタブルと3種のカレーが少量ずつ楽しめます。
Photo_7Photo_8インド料理と言えば「ナン」。イタリアのピザの原型になったもの。『ナーランダー』には専用の窯があって、御主人が注文を受けて一枚一枚焼いていらっしゃいます。このナンをどけると、下にプレートが現れます。カレーとタンドリーチキンにサラダが載っています。味は抜群です。
酒田には、ここ以外にインド人ご夫婦がやられているインド料理のお店『シタ』とか、最近できたインド人家族経営の『スパイスマジック』。どちらもインド人が経営し料理も担当しているので本格的です。

グルメ番外編。
実は、もっともっとあるのですが、今日はこの辺にしておきましょう。。。(苦笑)
Photo_9写真は、おまけ。開業に関する打ち合わせ会議の帰り際、ちょうど日没の時間でした。5時40分頃。
日の入りも早くなりましたね。

|

« カウンター注目 | トップページ | 連休続き(秋分の日) »

コメント

銀華飯店 先生も行って来ましたか。実は私も昨日まで夕方からの仕事だったので 休みのワイフを誘って昼に向かおうとしました。が 混んでいるだろうな・・ということで 数年ぶりにナーランダに行こうとしたのでした。結果的には なぜか日本海病院前の悟空というラーメン屋で マーボーラーメンを食べて終わってしまいました。銀華飯店の「うま煮そば」の方が良かったかな・・・。

私もあんかけ焼きソバが 氣になっております。「とよ作」も注目ですね♪ メタボまっしぐらのうちゃまでした。 ありがとうございました!

投稿: うちゃま | 2007.09.22 12:14

・車が走ってない!
・田んぼの色がとってもキレイ
・あんかけチャーハン、私、こぼさずに食べられるだろうか。。。
・レバーの食わず嫌いの苦手なのでパスで…
・日付け変わって、小腹が空いた今…
 あっ、ナンがのったカレーがいいな♪

ああ、真剣、お腹が空いてきた。。。(笑)

こちらはもっと暑いですよぉ。秋、どーしちゃった?ふ~…って、体にも堪えます。

投稿: リスペクト | 2007.09.23 00:29

うちゃまさん、庄内は美味しいものが多くていけませんね。まず、空気と水がおいしい。これはずっと住んでいる人にはよくわからない事でしょうね。

リスペクトさん、車、裏道ですしたまたまいなかっただけで、庄内ナンバーという車がたくさん走っております。(^^
この美しい田んぼから「庄内米はえぬき」が獲れるのです。あの漫画『美味しんぼ』でも、寿司米として最適と絶賛された最上川、鳥海山流域の「ささにしき」です。
少しずつ「新米出荷」が始まっています。
それでも先日の台風は山形の農産物に大打撃(特にラフランスとか)を与えています。

投稿: balaine | 2007.09.23 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/16528793

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の真夏日(秋色の鳥海とグルメ番外編):

« カウンター注目 | トップページ | 連休続き(秋分の日) »