« JAO酒田大会最終日 | トップページ | ファルカシュ・ガーボル氏 »

2007.08.21

JAOその後

(中心スタッフではなかった)私でさえも疲れが残っている感じです(単なる呑み疲れかも)。
2001年に、全国的な脳神経外科の大きな学会を主催した事務局を担当した経験があります。あの時は、全国から3日間で延べ2500名を超える脳外科医が山形に集まりました。会長招宴や会員懇親会といった、学会そのものではない、アトラクション的な部分でかなり気を使い大変でした。終了後はしばらく「燃え尽き症候群」的になってしまい、自分の専門の一つの神経内視鏡学会(その年の開催は確か11月で、演題募集締め切りは7月だったはず)の演題募集もうっかり忘れていて、第1回から参加していたその学会を初めて欠席してしまうことになりました。ボディブローのように後から効いて来た事を覚えています。

Photo(写真は、『街かど音楽祭』で、「山茶花」提供の手風琴を演奏(?)する、タビの親父。ブログは?)
中心になったスタッフはどうでしょうね。これから3ヶ月くらいの間、なんとなく疲れが残るのではないかと思います。
私はそんな事も言っておられず、今週末は地元高校音楽部の定期演奏会の賛助出演で、ブラームスの交響曲第2番でフルートを吹きます。しばらく練習していなかったので、昨日は短時間ながら苦手な部分をさらいました。

Photo_2(手風琴だば、どげなってんだかの?と覗き込む観客)
今日の夜は、遊佐町公民館でファルカシュ・ガーボールのピアノリサイタルです。
ショパンの幻想即興曲(彼はコンサートで初めて弾くと言っていました)など聴き応えのある曲ばかりです。
そして、明日彼は東京に向かい、東京音楽大学でのちょっとした会合、演奏があり、銀座のヤ○ハでピアノを見たり、いろいろ観光(?)もして24日離日帰国します。
そうそう、彼から聞いた話し。
まあ、国際コンクールといえども、その順位の判定はいろいろな思惑があったり微妙なところがあったりすることは有名ですが、彼がフランツ・リスト国際コンクールで3位になった2001年は、1位なしで点数では同点2位だったそうですが、大会規定で彼より1才若い人が2位でガーボールが3位になったそうなのです。つまりその年のコンクール決勝の最高得点者だった訳です。もちろんコンクールを否定する訳ではありません。コンクールの上位入賞者は皆実力があり素晴らしい演奏家だと思います。
ただ、優勝者が凄くて他が劣るのかというとそうではない事が難しいというか面白いわけです。
オリンピックでマラソンで優勝した人は凄いと思います。走り幅跳びで金メダルを獲る人は凄いと思います。
同じように、国際コンクールで優勝する人は凄いと思います。
ただ、音楽の場合は、「これが正解」とか「正しい演奏」というのが決してある訳ではないので、1位や2位の区別というのは必ずしも音楽的なものや芸術的な事ではない場合が多いと言えます。
更に、一時のブーニンの様に、ショパンコンクールで優勝したばっかりに、どこに行ってもショパンの演奏を求められ苦しむ事にもなります。彼はバッハが好きで、バッハの演奏もしたいと思うのに、プロモーターはそれじゃ客が喜ばない、ショパンコンクール優勝者!と宣伝し高い金を獲って客を集める以上は、ショパンのノクターンを弾いてもらわなければ、ワルツを弾いてもらわなければ困るということになりがちなのです。
でも、音楽家、芸術家としては、もちろんショパンも好きではあっても、自分をより高めるためにはバッハを弾きたい、スカルラッティを弾きたい、シューマンを弾きたい、という欲や希望が出て来るのでしょうがその自我が抑制されてしまい、ストレスを感じてピアニストとして駄目になりかかった事があると聞きました。
諏訪内晶子さんも、チャイコフスキー国際コンクールで優勝して、どこに行ってもチャイコのコンチェルトを期待され、コンクール優勝者として注目をされる事に嫌気がさした時期もあったように聞きます。二人共、その後、努力され苦しい時期を乗り越えて、円熟した素晴らしい演奏家になられたようですけれど、そうならない、なれない人も中にはいるようで、そこが人間の難しいところです。トップを極めた人にしかわからない、プレッシャーとか苦しみがあるのだと思います。

Photo_3(上の写真と同じく、『街かど音楽祭』でオカリナ演奏をする、酒フィルフルートパートのMS氏。)
最後にもう一つ、思い出しました。
8/19のフェスティバルコンサートで心配していた事が一つあったのですが、それは杞憂に過ぎなかったのです。
Bオケの演奏したマーラーの9番。長い、長い演奏が終わる終楽章の最後の最後、音が消えて行って終わった時に、すぐに拍手をする人がいるのではないか、と心配していました。
「マラク」なんて酒田で聴いた事がある人はそんなにいないはずです。演奏が終わったら、ハイ、拍手、と言う事は往々にしてあります。指揮者の本名さんが、音が消えてなくなった後に、タクトを停めたまま降ろさず、じっとしている間、つまり無音の演奏を続けている間、観客は身じろぎもせず、咳もせずじっとしていて、約20秒ほどでしょうか、その状態が続き、本名さんがタクトを降ろしてから、パラパラと、そして次第に大きなうねりのように拍手が会場に広がって行きました。
私は、曲そのものにも感動しましたが、その観客の反応に感動して、「おお!酒田ってすげえじゃん!」と思ったものでした。

|

« JAO酒田大会最終日 | トップページ | ファルカシュ・ガーボル氏 »

コメント

「JAO酒田大会」で大分お疲れのようですけど、どうぞご自愛下さい。
「瑳蔵」でコンサート・・良いですねぇ~。蔵は音響の事など無視して作っているのに響きが悪くないのが不思議です。リハ室の蔵のイメージ良いと思います。むき出しになる既存の鉄骨梁を合板などで包んで、蔵の黒く太い梁に見せた空間も面白いと思います。いずれ提案させていただきたいと思います。

投稿: 青木達也 | 2007.08.21 17:18

JAO酒田大会のご様子、ブログにて拝見して、ものすごく残念;;;
スタッフの方々の準備段階から終了後の後片付け等・・・見えない部分でのご活躍は猛暑も重なり大変お疲れかと思います。
お疲れ様でした。そして酒田がウィーンに・・・拍手のタイミングでウィーンな酒田の瞬間を感じます。
そういえば、大雨の被害、富士見町の地名も・・・大丈夫でしょうか?
大会と重ならなかったのが・・・

投稿: ボリジ | 2007.08.22 20:55

はじめまして。
今日は酒田が大雨で大変だったようですね。
私は静岡市清水区(旧清水市)に住んでおります。連日の先生のブログの写真や挿入された他のブログに酒フィルメンバーの息子とその妻君を発見し、Mail致した次第です。
今年はJAO酒田の裏方で、準備が忙しいから帰らないと言ってきましたので、どんな様子なのかと思っていましたところ、先生の記事でその一端を知ることが出来嬉しく思っております。
清水は、酒田の眺海の丘?と似た標高300mの丘陵日本平から富士山、三保の松原、海、港と最上川ほどではありませんが市内を流れる川を眺められる、酒田と裏表のような景色の土地柄であります。また、鶴岡出身の高山樗牛の立派な墓が富士山と駿河湾を望む高台にあります。
サッカーが盛んです。17日~21日は第21回全国少年少女草サッカー大会が行われ、国内外から288チーム5000人(保護者も入れて?)が、小学校からプロのスタジアムまでを使って区内(旧市内)20会場で熱戦を繰り広げました。この大会は、県予選などなく男女の小学生チームなら希望すれば参加できるようで、清水の夏の大イベントになっています。
高円宮が名誉会長か何かで、必ずご出席いただいておりましたが、その後を妃殿下が継いで、最終日には日本平スタジアムでの決勝戦と閉会式にお出でになられました。
Jリーグのスタジアムやサッカーの全日本チームが冬季に使うトレーニングセンターや野球場はありますが
、希望ホールのような立派な文化施設は有りません。
アマチュアオケもありますが、今回は何人が酒田へ出かけたでしょうか?。
当然、私は「音が苦」でありまして
、JAO酒田での中身は判りませんが、今年も行きました酒田の町での様子や雰囲気など想像することは出来ました。
大変有り難うございました。これからも楽しいブログ期待しております。

投稿: nihondaira | 2007.08.22 21:45

青木さん、明日よろしくお願いします。
ボリジさん、こちら、朝方凄い雷雨で話し声も聴こえない位降ってましたが、他にやる事もないので平然と外来していました。
nihondairaさん、コメント書き込みありがとうございました。私も年老いた両親が横浜に住んでおりますが、仕事柄この30年間に盆や正月で帰省したのは1回か2回でした。

投稿: balaine | 2007.08.23 09:15

はじめまして。JAOのAオケに2番ホルンで出演したCozyです。Balaineさん始め、坂田フィルの皆様方を中心に地元の方々には大変お世話になり感謝するとともに、ご盛会をお祝い申し上げます。このBlogを拝見し、改めて裏方に徹しられた方々のご尽力の賜物と思います。酒フィルホルンのO川さんにも大変お世話になりました。この場を借りましてよろしくお伝えください。

投稿: Cozy | 2007.09.02 14:25

Cozyさん、コメントありがとうございます。
酒フィルは、来週の酒田市民芸術祭開会式典演奏のため、たった2回の練習と1回の合唱合わせそしてGPで本番に臨もうとしております。
O川さん、「JAO酒田大会3日目」の記事中の写真(グランパルティータの奴)に写っていますね。伝えておきます。
またどこかでお会いできるといいですね!

投稿: balaine | 2007.09.02 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/16188776

この記事へのトラックバック一覧です: JAOその後:

« JAO酒田大会最終日 | トップページ | ファルカシュ・ガーボル氏 »