« 「ウィーンの冬」読了! | トップページ | お雛様 »

2007.04.02

フルート四重奏

2月の事です。
医学部のキャンパス内に昨年竣工した「同窓会館」の、同窓会員へのお披露目式を同窓会主催で行いました。
同窓会役員にもなっている私も、準備の会議に出席し、その中で医学部室内合奏団の学生さんに演奏して盛り上げてもらおう、という企画が出ました。

Flq210これ幸いと、自分も出しゃばる事にして、モーツァルトのフルート四重奏曲ニ長調K.285の第1楽章だけ演奏しました。練習準備の時間も少なく、Vn., Va., Vc.の学生さんと合わせたのも本番数日前の1回と会直前のあわせて2回だけ。
いい加減なもんです。音楽としては問題あり過ぎです。
でも、まあ、楽しみました。
またやりたい、という欲が出ました。
この演奏をお聴きになりたい方は、
http://www.voiceblog.jp/balaine/314448.html
へどうぞ。

|

« 「ウィーンの冬」読了! | トップページ | お雛様 »

コメント

おっ、四重奏つながりだ・・・(笑)
ちょうど、昨日発売の雑誌で
フルート四重奏による、モーツァルト「フィガロの結婚」
ヴォルフガング・シュルツ、ウィーン・フィルハーモニア弦楽三重奏団
が、お薦めのCDとして紹介されていました。

良い企画、機会を逃さないのがbalaine先生(笑)
欲というか、楽しむ・わくわく・する事。
大切ですね。

投稿: ふなゆすり | 2007.04.06 17:33

音ブログの方では、何度も何度も拝聴しましたv(^^)だいぶ前にHPで同窓会メンバーの先生方のお写真見つけましたが、balaine先生はピカイチでしたよ。もちろんお医者様としての品格はもちろん、芸術家の香りも。。。やっぱり、拍手がなりやまなかったのでは?

投稿: ボリジ | 2007.04.06 20:43

ふなゆすりさん、おお~!シュルツさんですか。
あの黄色っぽい黄金のフルートから奏でられる音は美しいです。ウィーンで生で聴けるのかどうか(その日、乗り番であれば)、楽しみです。

ボリジさん、いくらなんでも持ち上げすぎですよ。(^^
私は自分の「品格」が低いことを常に意識しています。香りもありませんです。でもまだまだ音楽を通して人格を良くしたいとは思っています。

投稿: balaine | 2007.04.07 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/14576459

この記事へのトラックバック一覧です: フルート四重奏:

« 「ウィーンの冬」読了! | トップページ | お雛様 »