« フルート四重奏 | トップページ | ブログの行方 »

2007.04.03

お雛様

「桃の節句」は3月3日で、とっくに過ぎ去っているのですが、旧暦では3月末から4月中旬くらいになります。
桃の花が咲く季節でなければ、本来は合わないものです。

山形県内には、昔の「西廻り航路」で京都をはじめとする西の諸国(昔は日本の中心地)と交易をした名残が各地にありますが、その代表的なものが旧家に代々伝わる古いお雛様達です。
『雛の路』という企画が県内のあちこちで開かれています。

先日、行ったのはその一つで、天童市にある「郡役所資料館」。
Kokinbina_1Kyohobina_1古今雛や享保雛といった由緒正しき保存状態の素晴らしい古いお雛様が展示されていました。
天童は将棋の駒で有名ですね。全国の将棋の駒の生産量の95%が天童で作られているそうです。
ここは「天童織田藩」といって、あの織田信長の次男の末裔が納めていた土地柄です(ちなみに、スケートで有名な織田信成選手は織田信長の6男の末裔だそうです)。

天童には、「出羽櫻」という酒造メーカーがあります。日本酒通には有名な蔵です。
旧郡役所は、「人間将棋」で有名な舞鶴山の西側麓にありますが、そこから徒歩圏内に「出羽櫻酒造」もあります。その出羽櫻の吟醸酒だけを使って、水を一滴も使わないで作るということで有名なお饅頭屋さんである、『腰掛庵』に両親も伴って行ってきました。
今や有名になって、東京の高島屋でも売っている『醸まん』を始め、美味しそうな和菓子ばかり。
お店の中で注文して、抹茶や番茶とともに頂けます。
Kosikakean写真は、「わらび餅」、「ゆず醸まん」と季節限定「イチゴ醸まん」です。
アンコのかわりに、イチゴが丸々一個入ったもので絶品です。隣の席にいた若い女性達は、運ばれて来た瞬間に歓声をあげていました。

この後、上山の「在」にある『原口そば屋』に行ってきました。
Haraguchiメニューは「そば」と「そばかき」しかありません。私は、写真の「大盛り」をぺろり。そばがきは「ごま」(写真の左側にある小さな器に黒ごまを擂った胡麻ダレが入っていて、そばがきは箸でちぎってこれをつけて食べる訳です。「納豆」もありますが、「ごま」はおやつ感覚で食べられます。箸休めは当然「青菜(せいさい)漬け」です。
しかしここ、初めて行く方は何所にあるのかお店を探すにも苦労される事でしょう。


更に、先日は用事があったので、酒田にも行ってきました。
「西廻り航路」の起点となった街で、あの『おしん』の舞台にもなった「山居倉庫」をはじめとする貿易の名残が今も色濃く残っています。井原西鶴の「日本永代蔵」に登場する『鐙屋』は、昭和51年の酒田大火にもめげずに残っていますし、「本間様には及びもせねど、、、」の本間家旧邸などにもお雛様は飾られます。
今回は、「山王倶楽部」という建物に飾られている『傘福』を見に行きました。
Kasafukuご存じない方にはどのように説明すればいいのでしょうか。
大きな傘の下に、福を呼ぶとされる縁起物がぶら下げてある飾りです。「桃の節句」に合わせて、これを飾るのは、日本全国でも福岡県の「柳川さげもん」と静岡県の「伊豆稲取雛のつるし飾り」の3カ所で、三大つるし飾りと称されています。
元々は、18世紀の中頃に始まったらしいのですが、最近大きなものを作成して全国テレビ中継され、にわかに有名になったようでした。結構な人出で驚きました。

|

« フルート四重奏 | トップページ | ブログの行方 »

コメント

う~ん、いいコースを堪能されて。。。腰掛庵の和菓子は美味しいですよねぇ。出羽桜のお酒も・・・いいですねぇ。ウチの親戚は酒造もワイナリーも。。。ついでに医師も。。。お酒は身近すぎて、それなのに1年半禁酒しています。桜咲いたら飲もう!大石田蕎麦三昧+団子でしたが、原口そばやもつい最近話題になっていました。balaine先生のブログに載ったからには行かにゃ~。でもって急に思うところがあって、balaine先生のアドバイスも効いて最近、リハにも通いダイエット頑張っていますv(^^)

投稿: ボリジ | 2007.04.06 21:10

ボリジさん、私も最近昼食は「春雨系」で一食200Cal以下にしています。まだまだ標準体重よりもずっと多いのですが、最近1.2kg減少しました。
あとは運動しないといけないのだけど、走るのはどうかな?自転車か、ゴルフかな~。
春です。お散歩しましょう!

投稿: balaine | 2007.04.07 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/14577313

この記事へのトラックバック一覧です: お雛様:

« フルート四重奏 | トップページ | ブログの行方 »