« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007.03.27

「ウィーンの冬」読了!

ハードボイルドの小説でした。
ハードボイルドって、ほとんど手に取らないのです。多分、大藪晴彦の『野獣死すべし』か『蘇る金狼』以来です。
この2作は、故松田優作さんを主演に、村川透監督が映画化しています。
山形交響楽団創立名誉指揮者である村川千秋先生の弟さんです。
実は、大学生時代、日比谷公会堂で行われた『野獣死すべし』の映画ロケに、私は映画監督村川透、山響指揮者村川千秋の知人の知人の知人として、エキストラで参加しています。映画を見る限りは、ショパンのピアノコンサートを聴きに来た主演松田優作&小林麻美の二人を舞台側からズームイン!して行く過程で、多分私の頭の上の方だけちょっと映っています。
それは置いておいて。

「ウィーンの冬」。
なかなか読み進まないのは、登場人物が多く、関係が複雑で、当然ですがオーストリア、ドイツ、その他の多国籍の人々が登場し、国際テロやいかがわしい宗教団体や国際社会のルールに反した行動を取る国家や当局の戦いを描いているという内容で、読んで頭にスーッと入ってくるものではないからなんです。
ウィーン、カイゼリン・エリーザベト、聖シュテファン教会、国立オペラ劇場などという言葉が踊るので、なんとなく、美しい、ロマンチックな、音楽に深い繋がりのあるストーリーかと早合点していましたが、コチコチのハードボイルドでどちらかというとドロドロした内容でした。
でも主人公が歩く、ウィーンの街並みを、その映像を思い浮かべながら本の最初に掲載されているウィーン市街図などを眺めて、もう少しでその辺りを歩く自分を想像したりしていました。
春江一也というこの人の小説に、「中欧3部作」と言われるもので、『プラハの春』と『ベルリンの秋』というのがあります。実は、既に買ってあるのですがまだ読み始めていません。
まあ、そのうちに。。。

2月の全国学会主催2つも何とか終了し、3月、4月の春の学会シーズンを迎えています。
毎週のように、何らかの学会、研究会があり、今週末は京都に行きます。しかし、美しい櫻を愛でる時間が取れるのかどうか。
前にも書いた事がありますが、この「学会出張」。会社員に例えれば、会社の仕事で出張する訳ですから、当然出張旅費や宿泊などは会社持ちですね。公務員でもそうでしょう。
ところが、大学病院勤務医の場合、大学すなわち国からは一銭も出ません。出張旅費はすべて「自腹」なんです。ですから、大学勤務医は、ただでさえ少ない給与の上に、高い高い医学書、多い全国学会出張をすべて自費で賄わなくてはならなくなります。
研究費として、文部科学省や厚生労働省から「申請が当たれば」もらえるお金の中に、きちんとして名目をつければ、「学術研究のための出張旅費」というのは使う事ができますが、自由ではありません。前もって計画していなければなりません。
先日、タミフルの問題で研究班長が某企業からもらっていたと報道された研究費。
あれは、「委任経理金」というものです。「奨学寄付金」とも言われますが、企業を含む「民間」から教育研究を奨励する目的で寄せられた寄付金で、一旦国庫に入った後、文部科学大臣の名で大学の長あてに交付され、「経理」が「委任」されるのです。そして、各大学において研究目的に各部門、部署に分配されます。国が潤沢な研究資金や人件費を出せない代わりに、企業が公益的な行動として行っている、後ろめたい事のないお金なのです。
そのお金の中から、学会出張の旅費などは出す事ができます。ですから、力(腕力ではありません)のある教授や施設長は、それらのお金を多く持って来る事ができ、そのお金を使って我々は出張旅費を賄ってもらう事ができます。
ただし、全額ではありません。部門、部署にまかされているはずですが、だいたい、東京都内なら1泊1万円以下、往復25,000弱というような限度を設け、学会参加費(数千円から高いものでは3万円くらい)は自腹が原則です。
本の話からずれてしまいましたが、我々勤務医、特に大学病院医師が、その仕事量と責任と技術知識の特殊性から考えれば決して多いとは言えない給与の中で、学会出張や研究旅費まで自腹を切っている事を知って頂きたいと思って書きました。
そんな生活もあと1ヶ月となってしまいました。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.14

「ウィーンの冬」

タイトルは、春江一也という作家の小説の題名です。
今、読んでいるのです。
私は、ものによって遅読(ちどく)なので、やっと3分の1が過ぎたところ(医学文献なんかは速読ですけど)。

この小説の中に、ウィーン市街中心部にあるホテル、『ホテル・カイゼリンエリザベート』という実在の名前で出てきます。モーツァルトがコンスタンツェと結婚式をし、お葬式もされた(はず)の聖シュテファン大聖堂という有名な教会がありますが、そこから歩いてすぐのところにあります。
「カイゼリンエリーザベト」とは、ハプスブルグ家の皇帝、フランツ・ヨーゼフ1世のお妃で、オーストリア・ハンガリー帝国において、なぜかハンガリー国民に愛されて『シシィ』という愛称で親しまれた人です。
この二人の間の長男、ルードルフ皇太子が自殺したため、皇位継承者となった甥っ子のフェルディナントがサラエボで暗殺されたことが第一次世界大戦のきっかけになっている事は有名な史実ですね。

実は、昨年公開された日本映画『バルトの楽園』。
あれは、第一次世界大戦の際に、中国進出に躍起だった日本軍が日英同盟を盾に中国の青島のドイツ軍を攻めて降伏させ、捉えた俘虜を日本の俘虜収容所に送ったことから始まった話です。
徳島の俘虜収容所長であった会津武士出身の松江所長が、明治維新という名の薩長による革命(反乱)で敗戦側に回った誇り高き会津人として、敗者である誇り高いドイツ人を尊敬し友情が生まれ、最後にベートーベンの『第九』日本初演を行ったという逸話を映画化したものでした。
実は、日本とオーストリアは一度だけ戦争をした事があります(オーストリアは現在永世中立国です)。

オーストリアハンガリー帝国海軍の戦艦、その名も『カイゼリンエリーザベト』。
これが日本を表敬訪問し帰路に中国に寄港している最中に第一次世界大戦が勃発してしまい(上記のようにその原因はオーストリアですが)、青島のドイツ軍を攻撃していた日本と戦うことになります。
スイスで暗殺された、ハプスブルグ家最後のオーストリア王妃、エリーザベトとの名を冠した悲劇の軍艦は、青島沖で自爆沈没します。その乗組員の多くはオーストリア人、ハンガリー人で、日本の俘虜収容所に送られることになります。

ウェスト50cmという噂の美人であった、エリーザベトの名を冠した、ウィーン中心部のホテル。
5月の旅行ではここに泊まる予定になっています。
聖シュテファン大聖堂の目と鼻の先で、小沢征爾氏が音楽監督を務める、ウィーンのオペラ座やウィーンフィルのニューイヤーコンサートで有名な、「楽友協会ホール」は歩いて5〜10分の所にあります。
このホテルは、フルーティストKMさんのブログにも出てきますが、彼が薦める本の題名が、「ウィーンの冬」でした。彼のブログに、美しいウィーンの櫻の写真が載っていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kitagawamorio/47093137.html
私が行く頃には残念ながら櫻花は散っているでしょうけど、市立公園は春の匂いに満ちている事でしょう!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.03.05

ファミリーコンサート終了!

昨日、朝9時半集合でゲネプロのため、一昨日の夜23時過ぎに帰宅したにもかかわらず、7時前に起きて7時40分頃出発。
珍しく、「朝マック」(私はジャンクフードは滅多に食べないので)。
マックグリドルとマフィンを食べながら「響ホール」へ向かいました。
予定通り9時20分頃到着。
10時から12時10分まで、休憩を挟みながらMC入りでゲネプロ。
なんか調子悪い。
片道120kmくらいの距離があるのを、2日間往復になるのだから疲れて当たり前ですね。
どうもピッコロが気持ちよく鳴ってくれない。

「響ホール」は残響1.9秒と、名前の通り響きのよいホール。
練習時に、楽団指揮者で今回のコンサート第2部の指揮をするY氏も、「天井に何億円という『楽器』がありますから、それを使ってください」と言っていた。
弱小アマチュアオケ。
専用の練習場などあるはずもなく、いろいろな会場をジプシーにように使っている。
たいていは、狭くて音響の悪い部屋。
そういうところで練習していると、こういう響きの良いホールで演奏するテクニックなどは身に付きにくい。

ピッコロも、小さな音でも、ホール全体に飛んで行くような感じで、音がとても気持ちいい。
吹いていて「快感!」と言いたくなる(古いですね〜)。
しかし、なんか音が出ない。出ないと思うと「出そう」と力みが入ってしまい、アムブシュアがますますだめになる。指も回らなくなる。
あれ〜?という状態で、ゲネプロを終わってしまった。

午後1時半開場なのだけど、1時前から既に並んでいる方も見えた。
満席500強の小型ホールに、なんと前売り600枚超だったらしく、さらに当日券を求める方もいらっしゃった。
少し早めに開場したが、「当日券販売開始」にゴーサインが出るまでお待ちいただく事になってしまった。
並んで待って頂いた方には申し訳ないことでした。
前売りの8割来ればいい方だろう、と考えていたのですが、結局満席になり、立ち見もたくさん出る始末。
我々レベルの演奏会に、数十名もの方々に立って頂くなんて本当に申し訳なかった。
冗談で、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートのように、ステージ場に椅子並べてそこにも座ってもらったら?なんて話も出ていたが、あいにくステージもギュウギュウでどこにも隙間はなかった。

開演前には弦楽四重奏のロビーコンサート。
午後2時開演。
美しいB嬢のMCでスムーズに始まった。
第1部の指揮は、楽団指揮者で本業トランペットのS氏。
まず、メンデルスゾーンの『結婚行進曲』から。
トランペット隊も頑張った。Tuttiでフルートは埋もれがちになるけれど、大きな音、というよりは、開場に響くような「輝く音」を目指して吹いた。
2曲め、エルガーの『愛の挨拶』。
これもフルートは目立たないけれど、柔らかく響く音を目指した。
3曲目は、カルメン組曲第一、第二から抜粋で、短い物も入れて全9曲。
私はセカンドフルートのピッコロパート担当。
普段あまり吹いていなかったのに、昨日のリハ、午前中のGPで唇も疲れていたのか、ピシっとしない感じだった。
「子供の兵隊の行進」も可愛らしいピッコロ二重奏のはずが、ちょっとよれよれな年寄りの行進みたいな感じになりかけながら、なんとか持ちこたえた、という印象。
とにかく、曲数が多い。カルメンの組曲の数を入れて、前半だけで12曲演奏した。

休憩時間には、1/8〜4/4までの数種類の大きさのバイオリンを用意して、受付時に申し込んだ方の中から抽選で8名の方に「バイオリン演奏体験コーナー」を設けた。小さなお子さんから大きな方までが、あっという間の10分間ではあったけれど、バイオリン初体験を楽しそうにされていた。

後半。
まずは、モーツァルトの『フィガロの結婚』序曲でスタート。
まあまあののり。いい演奏だったんじゃないかな?ファゴット、お疲れ!
2曲目。ピアノ原曲ウェーバー作曲、ベルリオーズによるオケ用編曲の『舞踏への勧誘』。
チェロが奏でる、男性から女性への踊りのお誘いのアプローチ(ナンパ、ともいう)。(^^)
応えるクラ。「え?遠慮しておきます」と一応断る女性。
もう一度、懲りずにお誘いする(やはりナンパか?!)チェロ。
今度は、クラとフルートで「ええ。そんなに言ってくださるなら、お受けしますわ」と女性。
そして、会話をしながらホールに歩み出て、さあ!舞踏会の始まり!
華やかな、飛び跳ねるような、リズムと音の跳躍。
一番緊張したのは、最初のクラと一緒に応える女性役になるフルートの旋律でした。
もったいつけすぎず、でもサラッと流さず、恥じらいながら嬉しい気持ちを隠しながらダンスの誘いを受ける女性の心を表現したかったのですが、できたかどうか。。。
そして、3曲目はチャイコフスキーのバレエ音楽『眠りの森の美女』から5曲。
今度はまたピッコロ。
ハイBがあるんです。
つまり、フルートで普通に出せるシのフラットの一番高い音。一番高いド(だい4レジスター)の2つ下の音。
ピッコロは、イタリア語でオッタヴィーノと呼ぶように、一オクターブ高いので、通常のだい4レジスターのB(シのフラット)ということになります。
練習でこんな音を出していると、難聴になってしまいます。
ですから、自宅ではほとんどこの音は出していません。
本番、とにかく、どんどん盛り上がって高くなってくる、伸ばす音。
第3レジスターのE。そしてG。そして、ついにB。しかも12/8拍子の3拍分。付点2分音符2つと付点4分音符一個分の長さをキープするのは大変。ここに気合いを込めました。
あとは、なんかもぬけの殻のような演奏になってしまいました。

アンコールは、『誰も寝てはならぬ』。
来年、トヨタ後援でフルオペラをやります。
プッチーニの『ラ・ボエーム』。
そのプッチーニ作曲『ツーランドット』からです。
そのままピッコロ席の私は、ほとんどずーっとお休みで、最後の4小節くらいしかありませんんが、これがまた最後にハイAの全音符伸ばしがあります。
さっき吹いたばかりの第4レジスターのBの半音下の音。つまり、これもと〜っても高い音。
最後はめまいがしそうになって、全音符伸ばしきらずに終わってしまいました。
不完全燃焼で燃え尽きました〜!

その後は、片付けと楽しいはずの懇親会も、車で帰ってくるためウーロン茶で乾杯。
N響在籍35年で現在退職されてフリーの鶴岡出身W先生と楽しく音楽談義。
N響は、ご存知、日本を代表する世界的オケではあるけれど、今回酒フィルがやったような、小品とかバレエ音楽とかダンスの音楽とかが苦手らしい。
すごい名手ぞろいなのだけど、よく言えば「真面目」。悪く言えば「無骨」な人が多いらしく、オケピットなどを経験した人は少ないので、どうもダンス音楽など駄目らしい。
ある指揮者が、N響でバレエ音楽をやった時に、練習中「しっかし、下手くそだな〜」と嘆いたらしい。
あの、天下の、世界のN響を、である。
でも、それはある意味、理解できる気がする。
以前、N響のサマーコンサートか何かで、管楽器セクションが「ブラバン」とか「ビッグバンド」の様な事をやっていた放送を見たけれど、なんと言うのだろう、もちろん下手じゃないのだけど、もっと上手い楽団がいるよな〜、という感じだった。
一人一人奏者のレベルは非常に高く、テクニックも音色も文句なしなのに、アマチュアブラスバンドの演奏に負けるようなところが感じられた。いわゆる、「ノリ」とか「スィング」という面である。
バレエ音楽は、踊り手が主役。彼/彼女が踊っている、そのステップや衣装の翻りや、ジャンプ後の着地といった、そういう人間の体の動きを表現し盛り上げなければならない音楽なのだが、楽譜通り「きちんと」演奏すると面白みのない、踊れない音楽になってしまう。
それは、『カルメン』でも同じ。
今回の我々の音楽も、「おどれない」音楽だったかもしれないが、演奏中は男女が手に手を取って、舞っている姿をイメージしながら吹いてみた。
聴かれた方にはどういう風に聞こえたのだろうか。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.03.03

庄内町響ホール

昨日オペの患者さん、何も問題なし。
病棟の平穏を確認してこれから庄内町へ向かう。
午後1時半から、最後のリハ。
明日は朝からゲネプロ。9時半集合なので7時半過ぎには出て行かなければならない。

あっと、本番は何時だっけ?
明日、午後1時半開場、2時開演でした。
MC付きで楽しく音楽の解説やナレーションの入るコンサートです。
休憩時間には、バイオリンなどに触れる機会の少ない観客の方に楽器に触れる時間を設けます。
私の、「諏訪内晶子さんサイン入りケースに入った1/8バイオリン」も供出します。

大人1000円、学生500円です。
お近くの方、どうぞお誘い合わせの上、おいで下さい。
あ、そうそう。
「響ホール」は500名で満席ですが、先週の段階で450枚チケットが売れているので、お早めに!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »