« 夏休み | トップページ | これです。。。 »

2006.09.22

神の息吹

タイトルは、8.1の記事「告知」に書いた、アフラートゥス・クインテットの、『アフラートゥス』の意味です。

いや〜、一ヶ月以上のご無沙汰です。
平日はもちろん、土日もいろんなイベントがあり、ブログ書く暇(=心の余裕)、まったくありません。
しかも、もう2週間以上前ですが、愛車が全損となる交通事故に遭ってしまいました。
フルートのミッシェル・デボスト先生を乗せ、ピアニストの上原彩子さんを乗せ、アフラートゥスのメンバー(フルートのロマン、オーボエのヤナ、クラのボイチェ)を乗せた、あの車はもう使えません。。。(;;)
雨の夜、帰宅中の夜21時過ぎ。
私は、青信号の直進車だったのですが、対向車線から無理して右折して来た(右折専用信号のある右折用レーンから曲がって来た)車を、急ブレーキとともに左にハンドル切ったのですが避けきれず、私の車の右側前方(丁度前輪当たり)とその車の正面が衝突し、私の車は交差点左奥の歩道にガードレールを倒して停まりました。
生まれて初めてエアバッグが開きました。あれ、白い粉が飛ぶんですね。。。

などと暢気なことを言ってはいられないのですが。
幸い、相手も私も軽傷で、更に歩行者も巻き込まず、それだけは神様に感謝しなければなりません。
両手の打撲、特に右の薬指の捻挫で数日は腫れと痛みがありましたが、事故の2日後には2件の手術を執刀しましたし、今はちょっとした腫れがありますが、まったく問題ありません。
まあ、起きてしまったことはもう仕方のないことですが、気をつけなくてはなりません。
自分が正しいと思っていても事故は起きます。
一時停止無視の車や赤信号無視の相手と交差点で衝突しても、過失割合で8:2とか9:1になるそうで、今回の事故も常識的には、相手が7〜8、私が3~2なのだそうです。
「(右折専用信号があるのだし、このタイミングでは)まさか右折して来ないだろう、、、」
という考えがあったことは事実です。
(心配すると行けないので親にも報告してなかったのですが、すみません、、、、)

さて、タイトルに戻ります。
今日から、東京で、ついに彼らのコンサートが始まります。
http://www.kajimotomusic.com/artist_jap/afflatus_quintet_2006_sch
来週の木曜には庄内でまた再会できます。
平成16年6月の庄内町(当時余目町)、同年11月の東京、横浜(サントリーホールとみなとみらい、そして西麻布の夜)、今年1月のプラハ(『芸術家の家』のスークホール)、そして今回と、彼らと親しく交わるのは4回目になります。
なにより、その演奏が凄いのですが、皆、本当に素朴で暖かく素晴らしい人達です。
先日、ベルフィルの「サマーコンサート」がTVで放映されていました。ダニエル・バレンボイム指揮、ピアノで素晴らしい演奏でした。モーツァルトのホルン協奏曲は、アフラートゥスのメンバーの一人である、天才ホルン奏者バボちゃん(ラデーク・バボラック)でした。
あんな凄い世界で活躍している人が、隣りでにこやかに、どちらかというと「ヘラヘラ」と言う感じで笑って一緒にビールを飲んでいたりすると、「あれ?なんで俺はここにいるんだろう?」なんて思ったりもします。
ベルフィル首席のバボちゃんだけでなく他の4人とも、全てチェコフィルなどで活躍している、クラシック音楽、オーケストラの世界では『雲の上の人』たちなんですが、チェコ人だからなのか、気取りがなくてとてもいい人達です。音楽家として尊敬し、友人として大切に思っています。
『敬愛』という、わたしの好きな言葉がぴったりの関係です。

お近くにコンサートがあって、時間のとれる方は、是非行って見て下さい。
「こんな世界があるんだ?!」と感動されると思います。

|

« 夏休み | トップページ | これです。。。 »

コメント

「もうブログ、閉じられるのかなあ…やっぱり…」
と、思ったりしていました。
ホッ①!
ほ~んと、お久しぶりですね。
事故、大事に至らなくて、本当に何よりでした。
ホッ②!
とりあえず、ホッ!2つ書き込ませて頂きました。
さあ、ちゃんと記事読みますか!

投稿: リスペクト | 2006.09.22 18:27

今日も覗いてみて良かった(笑)。
よほど忙しく過ごされているのだろうと、勝手に納得しておりました。

いろいろな思い出の詰った車、とても残念でしたね。
接触だけでも気持ちが凹むのに、全損とはトホホですね。
でも双方が軽傷で何より、何より。
先生の手は患者さんにとっても大切ですし...

またコンサートのお話など聞かせてくださいね。

投稿: ムンテラ | 2006.09.22 19:04

怪我も軽くですんで本当に良かったですね。
今まで、いろんな方を乗せてきたベンツ殿。
Balaineさんを守って、最後の大役をはたしたのでしょう。

投稿: ふなゆすり | 2006.09.23 07:54

お見舞い申し上げます。
本当に何時何が起こるか分かりませんね。
右手の捻挫・・・お大事に!

投稿: kokutan | 2006.09.23 11:00

まあ。交通事故ですか。。
こういうときベンツはしっかりと持ち主を守ってくれるのでしょうね。

お大事にしてください。

それにしても、すごい方とたくさんお知り合いなのですね。。。びっくりです。
パユサンとかには、お会いになったりしないのですか。。。最近は、ちょっとおでこが広くなってきたけれど、かっこいいですよね。

投稿: fuefue | 2006.09.23 12:50

リスペクトさん、ムンテラさん、ふなゆすりさん、kokutanさん、fuefueさん、
コメントありがとうございました。
怪我はしましたが、もう笛も普通に吹いております。しかし、私の車がメルセデスだって、どこかに書きましたっけ?衝撃写真、乗せちゃいましょうか。。。
右前方はグッチャリなのに、客室に歪みはなく、ドアは4つともまったく問題なくあきました。
大都会と違い、田舎ではいらっしゃった音楽家のお世話をしたりして親しくなるチャンスがあります。パユ氏とはお話をしたことはありますが、それだけです。アフラートゥスのフルート、ロマン・ノヴォトニーもハンサムということではパユといい勝負だと思いますよ。チェコフィルでだいたいフルートのセカンド吹いていますから、テレビで見ることもあるかもしれません。
日本公演の時には、楽屋口に熱心な女性ファンが来たりもするようです。

投稿: balaine | 2006.09.24 02:29

驚きました。
さっぱり更新されないので、相当にお忙しいのかなとばかり思っていました。
交通事故とは・・・・
怪我も酷くはないようで、何よりでしたね。手に怪我!? 指は!? つい、そう思ってしまいました。
不幸中の幸い、良かったですね。

数日前に山形(寒河江)から帰ってきたばかり、来週にまた往復します。
balaineさん、どの辺にお住まいなのかな・・・そんなこと考えながら走っていました。
わき見運転、ぼんやり運転、気をつけないといけないですね。

怪我、お大事に! 

投稿: ♪ふえ♪ | 2006.09.24 17:52

私は、ふなゆすりさんが、ベンツ殿と書いておられたので、わかりました(笑)
特に、実は知り合い、というわけではありませんので、ご安心ください。

チェコフィル、セカンド、今度確認いたします。

投稿: fuefue | 2006.09.24 20:08

交通事故とブログで読んで、すぐに手は?と思ったのも皆さんと一緒。blaine先生の手は我々患者には大事な神の手、そしてフルートにも・・・。そうそう、過去に車のお写真載せてましたよ。雪で覆われた黒いお車。雪でロゴが取れたんでしたっけ?今度のお車もメルセデスですか?やはり、黒?

投稿: ボリジ | 2006.09.24 23:53

衝撃写真ちょっと見てみたい気もします。自分も交通事故には気を付けなければと改めて思いました。免許取りたての頃、自分もメルセデスといってもA160、事故から身を守ってくれるのはメルセデス、しかも運転の下手なお前にはピッタリと親が言っていたもので。お陰で門柱を倒しても、慣れないハンドルさばきで岩に衝突しても車も人間もなんともなかったのは車のお陰。今はドイツ車といっても大衆車を乗っていますが・・・。

投稿: ボリジ | 2006.09.25 00:10

♪ふえ♪さん、ご心配頂きありがとうございます。寒河江のチェリーランドでかの有名なアイスクリーム、トライされましたか?私は、先々週、河北町の『林家舞楽』(日本三大舞楽らしい)を見に行った後、食べました。美味しいですよ!
お会い出来るといいんですけど。そうそう、9/28庄内でアフラートゥスですよ!

fuefueさん、ドボルザーク生誕160周年記念チェコフィルコンサートがDVDになっています。N響に来る前のアシュケナージが音楽監督の時です。メインがドボ8です。2年前のサントリーホール、コバケン指揮での「我が祖国」全曲演奏が今も蘇ります。

ポリジさん、では衝撃写真、お楽しみに(?ん?)。

投稿: balaine | 2006.09.26 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74618/11992744

この記事へのトラックバック一覧です: 神の息吹:

« 夏休み | トップページ | これです。。。 »